大阪市住吉区・お菓子教室ミモザ
本格フランス菓子・中級コースの案内


簡単で、時間もあまりかからないお菓子作りも好きだけど、、、
ちょっと物足りなりなあ

大好きなパティスリーに並んでいるような
本格的なケーキを自分の手で作れるようになってみたい。

そう思ってプロ向けの本を見たけど、
自宅のキッチンで作れそうな気がしない。

そんな方にお伝えしたい!
自宅のキッチンで少量からでも作れる
本格的なフランス菓子を学べる中級コース
本格的なフランス菓子にチャレンジしてみたいって思ったけど、、、

家庭のキッチンで、家族が食べる量だけ作るのは難しいとあきらめていませんか?

プロ仕様の道具がなくても、お菓子作りの基本と数値化されたレシピさせあれば、

家庭でもパティスリーに並んでいるのと同じ本格的なケーキが少量からでも作れます!

本格的なフランス菓子を少量で作れるようにレッスンします!

レッスンで習った感動の味わいのお菓子。
家でまた作って食べたい!!

レッスンで作ったのと同じぐらい美味しいお菓子を
自宅のキッチンでも作って、作りたて思う存分食べたい。

食いしん坊の私はそんなことをずっと思っています。
東京・代官山イル・プル―・シュル・ラ・セーヌで習った
パティスリーにも並んでいる本格的なフランス菓子。

この味を家庭のキッチンで再現するには、イル・プルー流の作り方と数値化されたレシピしかないと確信しています。

数値化されたレシピとは

  • ハンドミキサーの高速で〇分混ぜる、という風に混ぜる時間が決まっています。
  • ムースなどを作るときは温度計で温度を計って〇℃まで上げる、下げると決まっています。
  • 厳選材料は時には少数点第1の位までキチンと計って使います。
  • 一番美味しく食べれるお菓子の温度もお伝えします。
  • ムースなどを作るときは温度計で温度を計って〇℃まで上げる、下げると決まっています。
  • 数値化されたレシピがあれば、あなたもご家庭で迷うことなくお菓子作りができ、本格的な味わいを楽しむことができます。

  • ムースなどを作るときは温度計で温度を計って〇℃まで上げる、下げると決まっています。
いつかはパリのパティスリーに並んでいるような本格的なフランス菓子を作ってみたい。

そんな風に思ったことはありませんか?

家庭で作りやすい簡単なお菓子は一通り作れるようになったけど、いかにも手作りという感じ。

売っているようなお菓子を作ってみたいけど、不器用な私には無理ってあきらめていませんか?

数値化されたレシピと厳選材料、そして基礎で学んだことをおぼえていれば大丈夫!

基礎で学んだことを応用すれば作れる本格的なフランス菓子。

手間ひまかけて、お店より美味しいと言われる感動の味わいを中級コースで作ってみませんか?

なぜ家庭のキッチンでも本格的なフランス菓子作れるの?

イル・プルー流のレシピは、パティスリーで並んでいるのと同じお菓子を、家庭のキッチンで少量からでも作れるように計算され作らています。

たくさん作る分量を単純に割ったのではなく、少量でも失敗なく作れるよう工夫されています。

厳選材料を使い、数値化されたレシピ通りに作っていけば、間違いなく美味しいお菓子が作れます!

レッスンでは、講師のデモストレーションを見ていただいた後、すぐにほとんどの工程をひとりで一からするので、頭に入りやすく、身につきやすくなります。

基礎コースで学んだ一生モノの技術と、数値化されたレシピさえあれば、レッスン後もレッスンで習ったのと同じぐらい美味しいお菓子、いえそれ以上に美味しいお菓子を、ご自宅のキッチンでおひとりでも作れるようになっています。

中級コースレッスン10回のメニュー

オペラ(1、2月頃)
・ビスキュイ・ジョコンド
・コーヒー風味のバタークリーム
・ガナッシュ
ケイク・ショコラ・キャラメル・
グリゼット(1,2月)
・ガトーショコラのような生地
・キャラメル味のチョコレート
・ミルクチョコレートのガナッシュ
・アーモンド入りの上掛けチョコレート
やさしくあたたかいフランボワーズとミルクチョコレートのムース
(3月)
・パート・グラニテ
・ビスキュイ・ジョコンド
・ミルクチョコレートのムース
・フランボワーズのムース
フレジェ(4、5月)
・ビスキュイ・オザマンド
・クレーム・ムースリーヌ
スュリー(5、6月)
・ダックワーズ生地
・薄焼きのジェノワーズ
・桃、パイナップル、フレーズ・デ・ボア
・ソーテルヌ(貴腐ワイン)のムース
クラフティ・スリーズ
(6、7月)
パート・ブリゼ
アメリカン・チェリー
フランクリーム
いちじくのパウンドケーキ
(8、9月)
・いちじくのジャム
・共立てのパウンドケーキ
クレオル(9、10月)
・サツマイモ入りのパート・シュクレ
・サツマイモと栗入りのアーモンドクリーム
・ホワイトチョコレートのコーティング
ル・テュラン(11、12月)
・ヘーゼルナッツ入りのダックワーズ生地
・栗のババロア
・マロンクリームとホワイトチョコレートのクリーム
シャルロットポワール
(11、12月)
・ビスキュイ・キュイエール
・洋梨のババロア
ケイク・ショコラ・キャラメル・
グリゼット(1,2月)
・ガトーショコラのような生地
・キャラメル味のチョコレート
・ミルクチョコレートのガナッシュ
・アーモンド入りの上掛けチョコレート

1メニューずつご紹介

オペラ(1、2月)

オペラといえば、パリの老舗パティスリー・ダロワイヨ発祥のお菓子。

私の中でフランス菓子を代表するケーキの1つです。

薄く何層にもなった断面が特徴ですよね。

お菓子作りが好きな方なら一度は作ってみたいと憧れるお菓子ではないでしょうか?

薄く焼いたビスキュイ・ジョコンド、コーヒー味のバタークリーム、ガナシュクリームを作って、組み立てていきましょう。

最後に上掛けのチョコレートを思い切って流しましょう!

ケイク・ショコラ・キャラメル・グリゼット

パリのパティスリー・ジャン・ミエの元オーナーパティシエでイル・プルー顧問でもあるドゥニ・リュッフェル氏の講習会で学んでチョコレートのケイクです。

5種類ものクーベルチュールチョコレートを使っています。

生地には溶かしたチョコレートを混ぜ込み、中に挟むガナッシュはキャラメル味。

アーモンドダイズを混ぜたチョコレートで上掛けしています。

チョコレート好きのためのチョコレートづくしのケイク♡

自分へのご褒美バレンタインにピッタリですよ。

やさしくあたたかいフランボワーズとミルクチョコレートのムース(2、3月頃)

とっても長い名前のケーキですが、一口食べた瞬間、名前通りのケーキだと思わずにはいられません。

クランブルを散らして焼いたビスキュイ生地はほんのりヘーゼルナッツが香り。

やさしい甘さのミルクチョコレートとフランボワーズの酸味がたまりません。

このケーキを食べて、やさしくあたたかい気分になっていただけたらと思っています。

フレジェ(4、5月頃)

フランス版ショートケーキとよく言われているフレジェ。

生地もクリームも日本のショートケーキとは全然違いますが、日本のショートケーキとはまた違った美味しさがあるかと思います。

ローマジパン入りのビスキュイ・ダマンドにクレーム・ムースリーヌ。

そしてたっぷりの苺。

イル・プルー流のフレジェはクレーム・ムースリームはカスタードにバターを混ぜるだけではなく、もうひと手間加えます。

中に入れる苺もそのまま使うのではなく、特製シロップに漬けて、よりジューシな苺にしてから使います。

濃厚なクレーム・ムースリーヌと苺の酸味と甘みがたまらなく美味しいケーキです。

スュリー(5、6月頃)

初めて食べたとき「こんなに美味しいケーキがこの世にあるんだ!」と感動したケーキ。

習ってから何年たっても本当に大好きで、最後の晩餐は絶対にこれを食べると決めています!

薄焼きのジェノワーズ生地とダックワーズ生地に挟まれているのはソーテルヌという貴腐ワインで作ったムース。

貴腐ワインで作った芳香なムースの中には桃、パイン、フレーズデボアがたっぷり。

乙女心をくすぐる夢見る美味しさです♡

クラフティ・スリーズ(6、7月頃)

パート・ブリゼにアメリカンチェリーをめいいっぱい敷き詰め、その隙間を埋めるようにフラン液を流して、焼いていきます。

パート・ブリゼは甘くない生地で、サクホロのパイのような食感ですが、パイ生地のように何度を折り込みをしなくていいので、気軽に作れます。

中に入れるフルーツなどもアレンジ次第で無限大なのでおぼえておいて損はしない生地です。

中に入れるアメリカンチェリーはフレジェの苺と同様特製シロップに漬けてから使って、チェリーがちょっとジュクジュクするぐらい焼き込みます。

アメリカンチェリーの美味しさを最大限に活かされたクラフティをお楽しみくださいね♪

いちじくのパウンドケーキ(8,9月頃)

基礎コースのはちみつのパウンドケーキを思い出しながらいちじくのパウンドケーキを作っていきましょう。

はちみつのパウンドケーキと同様、共立て法で作っていきます。

失敗しないポイントは、混ぜ方と生地の固さ、特にバターの固さが重要です。

このポイントを押さえることで、ふんわりかつしっとり食感のパウンドケーキに仕上がります。

そしてはちみつのパウンドケーキでも作ったキャラメルを作ります。

単純だけど、固くなったり、焦げすぎたり、、、

けど、2回作ればキャラメル作りも慣れてくるはず!

中に入れるイチジクはドライイチジクをジャムにしてから使いますよ。

共立て法のパウンドケーキを復習しながら、パウンドケーキのバリエーションを増やしていきましょう♪

クレオル 
(9、10月頃)

女性が大好きな芋と栗を使った焼き菓子♡

苺のタルトで習ったパート・シュクレとアーモンドクリームの作り方を思いだしながら作っていきましょう。

裏ごししたサツマイモが入ったパート・シュクレで、サツマイモと栗が入ったアーモンドクリームをサンド。

アーモンドクリームは香ばしく焼いてから、ホワイトチョコレートでコーティング。

とっても手間ひまかかりますが、秋になるとやらずにはいられない手仕事です。

ル・テュラン
(10、11月頃)


香ばしく焼いたヘーゼルナッツを混ぜたダックワーズ生地に、イタリアンメレンゲ入りのマロンのババロア。

もちろんババロアにはたっぷりの栗が入っています。

仕上げはホワイトチョコレートとマロンクリームが入った生クリーム。

モンブラン好きだった私が、このお菓子を習ってからはモンブランを作らなくなったほどお気に入りのマロンのケーキです。

シャルロットポワール
(11、12月頃)

基礎コースで習った苺のシャルロットを思い出しながら、ビスキュイ・キュイエールを作っていきましょう。

洋梨はフレッシュな洋梨をコンポートにしてから使います。(フレッシュな洋梨が手に入らない場合缶詰で代用)

コンポートでできたシロップでババロワを作って、たっぷり洋梨を挟みます。

サクふわのビスキュイ生地と甘くとろける洋梨を楽しんでくださいね♪

生徒さまのお声

  • ミモザに通うようになって、自分でもびっくりするくらい美味しいケーキが作れるようになりました。
    ケーキ屋さんで買うようも絶対美味しいケーキが作れるようになって、めっちゃ嬉しいです!
  • レッスンに通っているうちに、材料が良いと本当に美味しいお菓子ができることをわかってきました。
    特にフランス・ペック社のチョコレートを初めて食べたときは、チョコレートってこんなに美味しいのか!と感動しました。
    ナッツやリキュールはそのまま食べても美味しいので、材料が余っても困ることがありません。
  • 数値化されたレシピは、誰でも同じようにお店のような美味しいケーキが作れます。
    混ぜる回数、時間、ボウルのサイズなども指定されているので、家でも不安なく作ることができます。
  • レッスンで習ったお菓子は家族にも大好評です。
    家族と一緒に「これ美味しいね~」と言いながら食べるのが家族団らんの幸せなひとときです♡
  • レッスンは少人数制なので、しっかりと学べて充実しているし、合間に先生とスイーツについて色々お話するのも、とにかく楽しいです♪
    月一回の楽しい癒しの時間です。
  • レッスンに通っているうちに、材料が良いと本当に美味しいお菓子ができることをわかってきました。
    特にフランス・ペック社のチョコレートを初めて食べたときは、チョコレートってこんなに美味しいのか!と感動しました。
    ナッツやリキュールはそのまま食べても美味しいので、材料が余っても困ることがありません。

【募集要項】

中級コースレッスンの概要

●時間 

10:00~14:00 
※終了時間は、作るお菓子によって変動しますので、余裕をもってお越しください。
※平日中心。土日をご希望の方は、事前にご相談ください。

●定員 

1クラス2名様までの少人数制


●コースご受講特典

・復習動画を無期限、無制限でご覧いただけます。 
※レッスン中の写真、動画の撮影はご遠慮ください。

・お菓子作りについてのお悩み、質問をいつでもしていただけます。
※単発のみでのご受講は、レッスン時間内に質問をお願いします。

・コース受講生のみのFACEBOOKグループページまたは公式ラインアカウントへご招待。
受講生同士の交流、講師がイル・プルーで習ってきたお菓子のご試食優先予約などをお楽しみいただけます。

●持ち物 

エプロン、ハンドタオル、筆記用具、お菓子の箱を入れる保冷バック、保冷剤

●料金(全10回の基礎コースレッスン) 98000円(税別)  

・レシピ、材料費、お持ち帰り用の箱を含む 

・講師作のお菓子の試食、お茶を含む・ご自身で作られたお菓子はそのままお持ち帰りいただきます

※単発ご希望の場合は1レッスン12800円(税別)でご受講いただけます。
(復習用動画は閲覧できません)

●お支払い方法 

・前納でお願いします
        
・一括と分割払いが選べます
    
◎銀行振り込みの場合
 一括払いのみ・振込手数料は生徒様ご負担でお願いします。

◎クレジットカード払いの場合
 レッスン料金の3.6%のクレジットカード決済手数料をご負担お願いします。
 (2~10回の分割払いも可能です)
   
               
☆一括払い特典☆ 
・イル・プルーオリジナル!レッスンでも使用しているメレンゲの泡を潰さずに混ぜれるエキュモワールをプレゼント!
     

●キャンセルと振替について
 
・レッスン料金は、いかなる理由があっても返金いたしまねますが、日程の振替えができます。

・レッスン日は、同じメニューの他のクラスに空きがある場合に変更可能です。空きがない場合は翌年度に振替可能です。

・レッスン日3日前以降の振替希望またはキャンセルのご連絡の場合、レッスン料とは別に材料費として3000円(税別、1レッスンあたり)いただきます。

・なるべくキャンセルではなく、振替していただきますよう、日程調整お願いいたします。やむを得ず、キャンセルする場合には、レシピのみお渡しいたします。


中級コースなんて難しそう?

基礎コースで習うようなお菓子は一通り作れるけど、中級コースに通うのは不安、、、

本当に家でも作れるようになるのかな?

習ってみたいけど、いきなりコースを申し込のはちょっと不安ですよね。

ご安心ください!!

そんな方のためには中級コースもお試しの体験レッスンをご用意しています。

一度体験レッスンに来て、あなたの不安をすべて解消してくださいね。

体験レッスンのご案内

体験レッスンではコースでは学べないお菓子をご用意しています。

パリ・ブレストというシュー生地を使ったお菓子を作ります。

シュー生地をリング状に焼いて、中にはプラリネ・ノワゼットを使ったクリームをたっぷりと絞り入れます。

基本のシュー生地とカスタードクリームを作ったら、あとは応用で作れます。

基礎コースより少し行程が多くなりますが、決して難しくなるわけではありません。

すこしの手間ひまで、本格的なフランス菓子を

ご自身の手で作れることを実感してください。