25歳〜45歳限定
自宅でOK!オンライン勉強会
コロナ禍だからこそ学んで差をつける!
老後2,000万円問題を解決

  2020年限定 
映画「えんとつ町のプペル」
50名様 ご招待!!

こんなお悩みありませんか?

  • 自分なりに個人年金はかけてみたけど、これでいいの?
  • 銀行預金では金利がつかないけど、何かいいものはないの?
  • 本やネットを見ているが結局何から始めていいか分からない
  • コロナショックなど経済ショックが来ても心配しなくても良い金融商品はないの?
  • 老後に向けたお金の準備が出来ていない
  • 投資はよく分からない。こわいイメージがある
  • 自分なりに個人年金はかけてみたけど、これでいいの?

緊急事態宣言が解除されても
Beforeコロナのような生活には戻れない

2020年3月から世界を席巻した新型コロナウイルスですが、日本人の多くがここまでの事態になりえたなんて想像もしなかったのではないでしょうか?かくいう私自身、まったく思いもしませんでした。
日本中で自粛要請が始まってはやいもので約9ヶ月。世界は一変したと同時にこんなに生活環境が変わることなんて今までなかったのではないでしょうか?

実際に災害大国ニッポンとは言えども、台風、土砂崩れや地震・津波など、日本中の至る所で毎年災害が起こっています。しかし、被災しなかった国民の大多数は生活環境が変わることはありませんでした。
私もその一人で自分が被災したこともないので、何か事件が起こってもどこか“ヒトゴト”でした。
災害という事件をどこか自分ゴトとして捉えていない側面がありました。その理由は明確です。
「実感」出来ないからです。

しかし、この新型コロナウイルスは日本中どんな場所でも人が介在する場所であれば「実感」をもたらしてくれます。特に感染拡大の数が多い東京を拠点に活動する私自身、日々の感染者数の動向をはじめコロナウイルスを気にしない日はありません。
そして生まれてこの方、これほど人との距離=ソーシャルディスタンスを意識することなんてありませんでした。まさに日本全国民が一変した3月となりました。

コロナ第3波第4波に備えよ

多くの人が懸念している新型コロナウイルスの今後。
すでに第3波と言われ、国内での拡大も収まる気配はなく、全く油断はできません。
実際に100年前の人類に猛威を奮ったスペイン風邪。一説によると、第2波以降感染者数は落ち着いたものの死亡者数としては約4倍の人が亡くなったと言われています。今回の新型コロナは当時のソレとは同じかは別としても、今後の感染予防には十分警戒する必要があるのは誰しもが感じているところでしょう。
そういう状況もあり、実体経済はご存知の通り大きなダメージを受けています。

特に世界中のロックダウンの影響により、観光やビジネス出張などメインにする航空業界やホテル業界のダメージは深刻ですし、大手アパレル会社が倒産したのも記憶に新しいのではないでしょうか?

今年の第2四半期(4月から6月)における日本の国内総生産(GDP)が、前年同期対比で「27.8%(年率)減少」しました。これは1955年の統計作成以降で、史上最大規模の減少幅であり、8月17日付けでロイター通信、日本経済新聞は、「日本の内閣府は第2四半期のGDPが485兆2000億円を記録、去る2012年の第4四半期以降 約7年半ぶりに500兆円を割った」と伝えました。驚くべき減少です。

私の身近なところでもコロナウイルスの影響で売上が激減したお店や廃業する会社も見られます。

世界的なコロナウイルスの影響がこれからどこまで大きくなるかは依然不透明で、余談を許しません。

考えたくはありませんが、さらなる不景気の波がくる可能性を頭に入れておく必要があります。

歴史を見ると時代の転換期に
お金持ちが生まれている

「危機」は、危険の“危”と、機会の“機”から成る。一般的に二種類の危険 があり、一つはコントロールできない危険(デンジャー)、もう一つは管理できる危険(リスク)と言われています。

この2つ目の「管理できる危険」をうまく活用して、歴史的にみても「お金持ちになった人」もたくさんいます。

世界的なウイルスの危機を乗り越える過程で人類は様々な技術革新を行ってきました。
その技術革新の先見性から「株式投資」などで多くのお金持ちが生まれたのも事実です。

以下をあかつき証券のデータを参照

「難しいことはわかりません!」
そんな人のために今まで活動してきました。

そういう観点からモノゴトを見るともしかしたら、すごいチャンスなタイミングになるかもしれないと期待している人も多いかもしれません。

しかし、同時にこういった声が聞こえてきそうです。

「和田さん、私には難しいことは分かりません!」
「株式なんて危ないからとんでもない!」

そう思うのも無理はないですし、私自身も昔は

「こつこつ貯金が一番だ。」

と思っていました。なので、投資は危ないと言う人の気持ちが今でもよく分かります。しかし、私もこの業界に入って15年以上が経ち、多くを学びました。

そして今では、投資は危ないということが「半分正解で半分不正解」であるという事に気がつきました。

子育てに日々慌ただしい主婦や
仕事で忙殺されるサラリーマンでも!

こんな今だからこそ、今までと同じではなく

「資産形成における誤解を解いて人生100年時代の安心を手に入れる仕組みを作る」ということについてお話出来る事に意味があると思っています。

特にこんな方にこそ聞いて欲しいお話です。

・日々子育てで慌ただしく生活されている方
・計画的に貯金ができない方

・日々忙殺されて目の前のことでいっぱいいっぱいで先のことが考えられない方
・共働きなのになかなかお金が貯まらない方
・普段強く意識することはないけど漠然とした将来のお金の不安がずっと抜けない方


ぜひこういう人こそ、受講してもらいたいですし、ご家族やお知り合いやご友人なども興味ある人がいらっしゃればお誘いあわせの上、ご受講下さい。

安心して100歳まで笑顔でいられ続ける方法

これまで多くのマネーセミナーを開催し個別でのご相談に乗ってきて一番相談事項として多かったのが、昨年、老後資金2000万問題でも話題にあったように、「老後資金準備について」です。

「なぜ不安なのですか?」

そこを深堀して聞いていくと、「貯める自信がない。」もしくは「貯めることが出来ても本当に足りるのか不安」そんな答えが返ってきます。

つまり「資金不足の心配」「資金が減る事の恐怖」から将来不安になっている人が多くいるのだと思います。

ズバリ、そのハードルを超えるためには2つの重要事項を知る事が必要です。

1つ目:少しだけお金の知識をつける事
2つ目:投資におけるよくある誤解を解いて「時間」を味方につける資産形成の王道を学ぶ

具体的にはセミナーでもお伝えする予定です。
ちょっとだけお金の知識をつけて時間を味方につける事がはじめの一歩です!
第1部

コロナ時代で再確認する老後2,000万円問題

日本全土・日本人全員がコロナ渦に巻き込まれました。
いざという時の備えるお金でもありますが、所得が減少する、職そのものがなくなったという人もいます。
コレからの時代どういう風にお金と向き合い、所得と向き合うのか?
マネーリテラシーとは、お金とうまく付き合い事です。
大富豪のように資金力のチカラを借りて、不労所得で悠々自適に暮らせる方はいいですが、そんな人は正直なかなかいません。
多くの人たちはコロナ禍において老後の不安は大きくなるばかり。

老後2,000万円問題は対岸の火事ではありません。
しかし、ただ漠然と不安だ不安だと言っていても何も解決することはありません。
老後2,000万円問題を正しく理解して、自分事として考える。
お金の基本を学び、自分自身のお金の問題を可視化・明確化することで確実に安心に近づくことができるはずです。
第2部

90%以上の人たちが勘違いしている!?
投資における大きな誤解

投資はこわい・危険だ・難しい
ご相談を受ける中でこんなお声を数多く聞いてきました。

「なぜそう思うのですか?」
この質問に対しての答えを聞いて発見したこと。それは多くの方が投資について誤解をしているということでした。
投資については、この「よくある誤解」が必要以上に投資を怖いものにしていたり、一歩を踏み出せない原因になっていることがあります。
この誤解を解くことで投資についてのイメージが変わり、投資に対しての心理的ハードルが下がるはずです。
第3部

人生100年時代の安心を手に入れる!
ゲームを活用し、クイズ形式で学ぶ「投資の肝」

どうせ一度きりの人生!毎日ワクワクするような人生であって欲しいですよね。
人生100年時代と言われて早3年が経ちました。ちなみに江戸時代では平均寿命が50歳と言われていたので、それと比べると単純に人生の長さも2倍になっています。
どうせなら、心も晴れやかで健康で自分らしい人生が自由に選択出来る100歳を望みたいですよね?
そういった意味でも、“ほどほどのお金”は必要不可欠です。

このセミナーでは、100歳までお金の心配をせずにワクワクした人生を送るために知っておくべきことは?
何から考えるべきなのか?お伝えするつもりです!もし、興味があれば参加して欲しいですし、楽しみにしておいて下さい!

今回の内容は基本的なことではありますが、とても大事な内容であり、この内容を理解して実践していただければ、数十年後、皆さんの老後に大きなゆとりをもたらせてくれることを確信しています。

仮に実践した結果、
老後使えるお金が百万円単位で増えたとしたらいかがでしょうか?
一千万円単位で増えたとしたらいかがでしょうか?

もちろん資産形成の効果の大きさは、それぞれ状況や取り組み方によって変わります。

しかし、資産形成を正しく行うことはそのくらいインパクトがあるということです。



冒頭で25歳〜45歳限定とありますが、

◎25歳未満の将来のことを真剣に考えているあなた→大歓迎です!若さ(時間)は投資において最強の武器です。

◎45歳超の皆さん→大歓迎です!知識や考え方についてお役に立てると思います。そして、もしもお子様のご年齢が25〜45歳でしたらぜひこのセミナー(勉強会)を教えてあげて下さい。

それでは当日お会いできることを楽しみにしております!

2020年限定 映画「えんとつ町のプペル」
50名様 ご招待!!

コロナウイルスによって私自身も仕事や生活に影響を受けました。
景気後退のニュースが影を落とす中、「生活ができない」「希望が持てない」「将来が心配だ」という声をたくさん聞きました。

何か重苦しい雲がかかったような毎日を過ごす中で、日に日に「このままではいけない」との思いが強くなりました。

これまでの経験を生かして社会に貢献できることはないかと考えて2020年11月「東京多摩子供と家族の明るい未来を考えるお金の教育協会」を立ち上げました。

長い人生を安心して過ごすためにはお金の教育が欠かせません。

「人生100年時代の安心と希望をお届けする」をモットーに活動する中で、このコロナウイルスが猛威をふるう今にあっても子供たちには笑顔でいて欲しい。夢や目標に向かって進んで欲しい。自分自身、一人の親としての正直な気持ちです。

子供の笑顔・希望には大人の力が必要です。

今回のセミナーの内容は間違いなくお役に立てると確信しています。

さらに今回はクリスマス12・25に公開される映画「えんとつ町のプペル」を贈ることでプラスアルファの思いを届けたい。そう考えて人数限定ではありますが映画チケットをプレゼントさせて頂きます。

「黒い煙を突き破り、星空を見つけるまでの希望の物語」であるこの映画の内容は、大人にも子供にも希望を与えてくれる作品です。

私も子供もこの物語の絵本、動画を何度も見ていて、今から映画公開を心待ちにしています。

物語の内容、画像や動画、音楽などはネット上にたくさん出ています。
ぜひご覧頂けたら幸いです。

一人でも多くの方に希望が届きますように。

〜オンラインセミナー概要〜

日時:2020年12月に複数回開催。詳細はラインに登録して頂いた方にお送りさせて頂きます。
(約一時間半の予定)
※全ての回、同じ内容となります。
--------------------------------------------------
方法:zoom(無料会議室アプリにて)
--------------------------------------------------
費用:無料
--------------------------------------------------
ご参加特典
希望者全員に老後2、000万円問題をスッキリ解決
するための「無料個別相談」「ライフプラン表作成」付き

--------------------------------------------------
※各回先着限定5名様のセミナーです
--------------------------------------------------

セミナー講師

1977年11月生まれ。三重県出身。現在は東京都多摩市に在住。
「和田FP事務所」代表 「東京多摩子供と家族の明るい未来を考えるお金の教育協会」代表
業界15年の独立系ファイナンシャルプランナー。
現在、妻と2男、義母の5人家族。趣味は、家事、ダンス、ウオーキング。
自身の病気や事故、祖父の介護、身内の借金問題、相続問題、2回の自宅購入など
「人生何が起こるか分からない」ことを経験する中、お金の大切さをより一層強く感じるようになる。
これまで3,000件を超えるお金のご相談を受ける中で、多くの方が資産形成において誤解をしていることに気づく。

現在は投資未経験、知識ゼロの方にも分かりやすい説明を心がけ
「人生100年時代の安心と希望をお届けする」
ことを使命とし、活動を続ける。
これまで100回を超えるマネーセミナー、勉強会を開催。

コロナウイルス拡大をきっかけにアナログ人間を脱却することを決意し、ネットの活用を勉強。
これまでリアルでのみの開催だったセミナー、勉強会のオンライン開催をスタートする。
日々挑戦、日々前進をモットーに絶賛奮闘中。

ご参加申込はLINEからお願いします!

・セミナーの受講方法など詳細はLINE配信でお知らせ致します。
・映画「えんとつ町のプペル」50名様ご招待につきましても詳細は
LINEにてお知らせ致します。