コロナの影響でファクタリングがおすすめの理由

コロナの影響で資金繰りが厳しくなる事業者が多い中、オンライン型のファクタリングサービスの利用が急増しています。

私も資金難を脱出する目的で、ファクタリングで現金化をしました。

なぜコロナの影響でファクタリングがおすすめなのか、いくつかの理由を挙げていきます。

  • 経営状況が悪化して銀行からの融資を受けられない事業者でも利用できる
  • 数ヵ月先の売掛金を素早く現金化して資金調達できる
  • サービスによっては即日審査・即日振込が実施されている

私と同じように、「コロナによる営業自粛で従業員に給料を支払うことができない…」と悩んでいる事業者は多いのではないでしょうか。

もし銀行やビジネスローンによる融資を断られてしまったとしたら成す術がありません。

しかし、ファクタリングは売掛債権さえ持っていれば、最短即日で現金化できます

支払いで追われている事業者にとって、即日現金化サービスのファクタリングはありがたい存在というわけですね。

ファクタリング会社の選び方で迷っている方には、日本中小企業金融サポート機構をおすすめします。

なぜ数多くの業者の中でも日本中小企業金融サポート機構が良いのか、簡単にまとめてみました。

  • 信頼できる業者の一般社団法人日本中小企業金融サポート機構から提供されている
  • 弁護士監修のクラウドサインの導入で時間を削減して最短当日に振り込んでくれる
  • 2社間ファクタリングと3社間ファクタリングから契約方法を選べる
  • 手数料が1.5%~10%と非常に安く設定されている

コロナの影響で苦しんでいる方は、ぜひ一度ファクタリングで資金調達をしてみてください。

給与ファクタリングには要注意

合法的な商取引のファクタリングとは違い、新型ヤミ金の給与ファクタリングには注意しないといけません。

コロナの影響で給与が減って困窮する会社員が多い中、法外な手数料で給与の前借りを促す給与ファクタリングが横行しています。

「現金が素早く手に入る」と聞き、悪質な業者が提供する給与ファクタリングを利用してしまう方は少なくありません。

しかし、利息制限法の上限金利(年15%~20%)を大きく超える法外な金利の手数料を取られてしまいます。

業者によって違いがありますが、その手数料は何と数百~数千%です。

裁判所は給与ファクタリングを貸金業法・出資法に違反する違法な貸し付けだと判断していますので、間違っても悪質な業者と契約しないように注意してください。