あの人気の
フィンジアについて
調査してみました。

大人気のスカルプローションのフィンジアは本当に髪に効くのか?
薄毛にキャピシルやピディオキシジルは効果あるのか?
詳しく調べてみました。
人気のある製品だから
本当の事を知りたい

コチラが噂の
フィンジアになります。

フィンジア
髪は毎日、気になるものです。
フィンジアは育毛に効果あるのか?

今いろいろな育毛業界で話題のフィンジア。

育毛剤とは違うスカルプエッセンスという形で出てきて育毛業界を賑わせているが、実はこのフィンジアは医薬品でも医薬部外品でもないのです。

医薬部外品でなければ[育毛]と[効果効能]を言う事は出せませんがその中でフィンジアは敢えて育毛剤ではなく、スカルプエッセンスと言う形で新たな成分で髪と頭皮にアプローチをしています。

 

本来の目的の為に新たな成分

育毛業界の現実として

医薬部外品育毛剤は世の中には多数ありますが、実はこの医薬部外品というのは国が育毛に効果があるだろうといった昔に定めた国の指定成分を配合して申請すると医薬部外品育毛剤と認可がおります。

実は育毛剤はこの認可申請を基本に医薬部外品育毛剤は各社製造されています。
医薬部外品育毛剤だから薄毛や抜け毛に効果効能が必ずあるとは限りませんし、多くの医薬部外品育毛剤は髪が発毛するには至らないと思っています。

ただ単に、育毛剤として名乗れる。
育毛と名乗れる。大まかにお伝えするとそんな感じになります。

敢えて医薬部外品育毛剤とは違う形で国の指定成分を配合するだけの医薬部外品育毛剤とは違い、新たな成分で製品化に成功したフィンジアにはこれからの髪や頭皮には期待します。

勿論、日本には医薬部外品育毛剤には優秀な育毛剤はあります。

私が独自に調査し選んだなかでは、育毛製品ではトップクラスでもある

毛髪専門医の開発したカソリズム。

日本でも毛髪専門医として有名な加曾利医師によって開発された製品で、
加曾利医師のクリニックでも販売されている育毛製品になります。

但し、値段が普通の育毛製品より少々高いのが難点ですが、割引販売しないというブランド意識と製品に対するこだわりと育毛に対する自信が見えるカソリズム製品です。

また、医師が監修しているチャップアップは医薬部外品育毛剤の中でも独自の育毛理論と頭皮環境を作る為のこだわりと研究が見えて非常にお互いの医師の育毛、発毛に対する考えが出てる育毛製品になります。

このフィンジアはキャピシルとピディオキシジルといった新しい成分が限界まで濃度を上げて配合されていることから薄毛に悩む人の期待は高いようです。

ピディオキシジル成分は私も数年前にこの成分を知り、育毛プロデュースをして製品プロデュースを計画しましたがほんの少量でも非常に原料が高く、
製品化にするには数mlで販売価格が1万円以上になる位に高価な成分でした。

それだけ高価な成分を使い製品化に成功した育毛メーカーはどんな会社なのだろうか?と私自身非常に興味がありましたが育毛業界では有名企業との事で納得しました。

このフィンジアは今までのスカルプエッセンスにはなかった「ゲートアクセス理論」と言う理論を出しこれが注目を集めています。

「ゲートアクセス理論」とはどんなものでしょう?

「ゲートアクセス理論」とは今まで薄毛に悩む方の多くは頭皮が硬く、弾力がありませんでした。
頭皮が硬く、弾力がなければいくら高価な育毛剤を塗ってマッサージしても頭皮が硬いと育毛剤の毛根への浸透は難しいものでした。
頭皮が硬く、弾力がなければ毛穴は塞がり頭皮下の血管も細く、血流も悪い状態になっています。

張り裂けそうな風船と同じ状態なんです。

よく街中で見かける薄毛の方の頭は風船のように張り裂けそうな状態になっているが方をよく目にしますが、その様な状態になってしまうと髪はなかなか発毛には結びつきません。

頭皮下の血管が細くなっているのです。
ですから、まだ頭皮が少々硬くても今から髪や頭皮の為に柔軟にする必要があります。

それに着目して開発されたフィンジアのスカルプローションのゲート理論は正に理にかなっている理論だと感じます。

カプサイシンの育毛パワー

この「ゲート理論」は頭皮の奥まで成分を
浸透させる目的で開発されていて独自技術のSPEテクノロジーにより、カプサイシン成分が頭皮の硬くなった毛穴を柔らかくして開いて、そこから成分を毛根まで届けるという役割になります。

カプサイシンといえば、血液学で医師の岡嶋研二先生の薄毛の食卓の書籍にも書かれていますが、新育毛理論としてこのカプサイシン成分が書かれています。
カプサイシンは唐辛子に含まれる辛味成分でIGF-1という物質を増やし血管を開く作用の他にも育毛作用があると書籍には書かれています。

この研究によるとカプサイシンは育毛には非常に有効な事が書かれていますのでフィンジアに含まれるカプサイシン成分は育毛には有効なのだと感じます。
新成分のキャピシルとピディオキシジルがこのゲート理論によって毛穴から毛根へと届けられるという形になります。

薄毛、抜け毛には新しい成分が必要だと感じました。

ハミルトンノーウッドの薄毛図の様には
なりたくないですね。

薄毛になるにしたがって正に、自分の頭が左の図の様になってきているのが分かる。
そう感じたら、それはもう薄毛の始まりだと思います。
過去の私もそうでした。
まさか、自分がこのハミルトン図のような薄毛にまんまとなるとは思いもしませんでした。
しかし、
本当に薄毛になると、このいずれかの図の様にハゲてきますね。

これ以上ハゲたくないから新成分を検証

フィンジアの新成分を検証してみました。
本当に髪の育毛にとっては良いのでしょうか?
ウワサの新成分、
ピディオキシジル、キャピシルとは何か?

キャピシルとピディオキシジルとは何か?

まずピディオキシジルは数年前から美容業界に出てきた注目された成分で非常に高価な成分でもあります。
ピディオキシジルは世界で発毛剤として効果が認められているミノキシジルの分子構造と非常によく似た分子構造として話題になりました。

ミノキシジルはケミカル成分ですので使用によっては副作用もないとは言い切れませんがピディオキシジルはミノキシジルに比べて副作用などがないということから安全な成分という認識が多いようです。

ピディオキシジルはミノキシジルと同じように血管拡張する働きぐあり、ミノキシジルの発毛効果はミノキシジルが血管拡張効果がある事から発毛する働きがミノキシジルにあるとされていますが、ピディオキシジルにも同じように血管拡張する働きがあるようです。

キャピシルについて

キャピシルはミノキシジルの約3倍の育毛効果があると言われています。

キャピシルはアカツメクサ花エキスを主成分としていて、このアカツメクサ花エキスは女性ホルモンを増やす効果のあるとされるイソフラボンが含まれていて、このキャピシルにより男性型薄毛の原因である5αリダクターゼを阻害する働きがあると言われています。

またアセチルテトラペプチド-3とアカツメクサ花エキスを合わせたものがキャピシルとなりますが、アセチルテトラペプチド-3には毛包を健康に保つ働きがあるとされています。
植物由来成分ですのでキャピシルは副作用がミノキシジルと比べてないでしょう。

副作用がほとんどないのでミノキシジルで頭皮に痒みや動悸などの副作用が出てしまい使用出来ないと諦めていた方にも、このフィンジアはキャピシル、ピディオキシジル、カプサイシン成分が配合されているので試してみる価値はあります。

またミノキシジルが使用出来なかった女性にも使用が出来るのがいいところです。

  

フィンジアについてまだお悩みの方
こんな方にオススメです!
  • ミノキシジルの副作用が怖いと感じていた
  • 今までのありきたりな成分でなく、新しい成分で育毛を試してみたい。
  • 効果を感じる事ができそうな製品を試してみたい。
ひとつでも当てはまる方は、
ぜひお試しください

フィンジアのご購入、詳細はコチラ

フィンジア