第一人者の使命!アデランスの人工毛「バイタルヘア」は何がスゴいのか!?

薄毛に悩む方たちの救世主とされている、ウィッグやカツラ。

こういったアイテムは人毛が使われていることもありますが、その多くが人工毛で作られています。

近年、そんな人工毛の中で支持を集めているのが、アデランスの「バイタルヘア」です。

なぜ、ここまで注目されるのか。その秘密を探っていきましょう。

第一人者としてのプライド

人工毛を作るメーカーはさまざまあります。しかし、クオリティの高い人工毛を常に研究し続け、結果を出しているメーカーは多くありません。

そんな中、利用者だけでなく業界からも注目を浴びているのが「アデンランス」です。

アデランスは人工毛の第一人者として知られており、今まで数多くの素晴らしい製品を開発し続けてきました。

しかし、冒頭でお伝えした通り人工毛は見ためでそれが分かってしまうほか、機能的にも問題があるなど、利用を避ける方がいたのも事実です。

しかし、アデランスはそういった利用者の厳しい声をあえて救い上げ、何が欠点なのか徹底追求。その結果生まれたのが、今話題の「バイタルヘア」なのです。

 

どのようにして生まれたのか?

アデランスで有名な人工毛と言えば、「サイバーヘア」。一度は耳にしたことがある方もいるでしょう。

同製品はナイロン6(ポリアミド6)を素材として使用していたのですが、どうしても人毛やポリエステル素材に比べてコシ、ハリが不足しボリューム感に欠けました。

それを補うために芯と鞘の二重構造を採用するのですが、使用素材の接着性の無いなど壁にぶつかります。

さまざまな素材を検討した結果、セミアロマテックナイロンと呼ばれる半芳香族ナイロンを発見。

芯部分にセミアロマティック、外側の鞘の部分には、そのままナイロン6を使用することで「バイタルヘア」が生まれたのです。

 

特徴は人毛に近いこと

この「バイタルヘア」。

今までの人工毛とどんなところが違うのでしょうか。まず、大きな違いは人毛に近い挙動が出ることです。

仮に、ポリエステル素材の人工毛だった場合、水に濡れてもカールが崩れずにきちんとキープされます。

ただし、製品としては優れているのでしょうが自然さが求められるウィッグでは逆に不自然。

しかし、「バイタルヘア」の場合、水分を吸うナイロン6と配向性がやや低い半芳香族ナイロンで構成されているため、濡れたり熱を与えた時に人毛のようなナチュラルな挙動が出るのです。

ドライヤーやシャワーにも強い

しかし、「バイタルヘア」の人毛に近い挙動が最初は裏目に出たと言います。

36度ほどの熱で手のカタチがついてしまうなど、色々な問題が発生します。

しかし、アデランスは諦めず改善・開発を続けます。結果、鞘部分の厚みを変更し、ポリエステルを少し芯部分に入れることで、40度くらいのシャンプーでも生活を保持する性質に。

また、高温を使用せずカールをドライヤーで作ることができるようになったり、ますます進化し続けます。ドライヤーでカールをつける、ということはほぼ人工毛では不可能と言われていたため、アデランスは特許を取得。

研究開発を続けてきた結果、どこにも真似できないハイクオリティな人工毛の開発に成功したのです。

まだまだ走り続ける

「バイタルヘア」などは、ウィッグはもちろんピンポイント増毛「バイタルEX スパイダー」や「フリーダム」といったサービスで利用可能です。

人毛に近い挙動や正確を持っているため、残っている自毛との親和性が高くナチュラルなヘアスタイルを「増毛」という手段で楽しむことができます。

しかし、アデランスはまだまだ満足していません。日々チャレンジを続けており、新たな人工毛の開発を続けています。人工毛のその先へ。それが、人工毛の第一人者であるアデランスの使命なのです。