ローカルSIB調査・研究普及プロジェクト TEL. 075-257-7845
ソーシャル・インパクト・ボンド自治体職員向けセミナー
世界では地域が抱える社会的課題の解決のために民間資金を活用する投資手法としてソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)が注目されています
このたび、龍谷大学・日本財団・公益財団法人京都地域創造基金が中心となりまして、ローカルSIB普及のためのプロジェクトを立ち上げ、自治体職員向けセミナーの開催と、SIBに関するアンケート調査を実施することとなりました。
 いま、世界では地域が抱える社会的課題の解決のために民間資金を活用する投資手法としてソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)が注目されています。国内においては、「日本再興戦略2015」、「まち・ひと・しごと創生基本方針2015」、「経済財政運営と改革の基本方針2016」においてSIBの導入が検討されています。

 

日本国内の先進事例(福岡市・尼崎市・東近江市等)と全国アンケート調査結果から学ぶSIBセミナーを全国10カ所で開催

そこで今回、自治体職員の皆様方を対象に、SIBの基本を学び、各自治体でどのように活かすことができるかを日本国内の先進事例(福岡市・尼崎市・東近江市等)と全国アンケート調査結果から学ぶセミナーを全国10カ所で開催いたします。セミナーにご参加の皆様には、「自治体向けSIB読本」を差し上げます。 ぜひ、この機会にご参加頂けますと幸いです。

 セミナーのお申し込みは、ページ下部にあるお申し込みページよりお願いいたします。

日本国内の先進事例(福岡市・尼崎市・東近江市等)と全国アンケート調査結果から学ぶSIBセミナーを全国10カ所で開催

そこで今回、自治体職員の皆様方を対象に、SIBの基本を学び、各自治体でどのように活かすことができるかを日本国内の先進事例(福岡市・尼崎市・東近江市等)と全国アンケート調査結果から学ぶセミナーを全国10カ所で開催いたします。セミナーにご参加の皆様には、「自治体向けSIB読本」を差し上げます。 ぜひ、この機会にご参加頂けますと幸いです。

 セミナーのお申し込みは、ページ下部にあるお申し込みページよりお願いいたします。

■セミナー内容
(1)SIBの概要について
・ SIBの基礎知識
・全国自治体調査から見えてきた調査概要の報告 
・自治体のためのSIB読本について

(2)事例紹介
【国内で実施されたSIBについて】
認知症学習者の介護度を良化することで、介護・医療費等の削減を目指した福岡市の取組みと、就労可能な若者に対する早期の介入を行うことにより、若者の自立とともに、将来的な生活保護費の抑制を目指した兵庫県尼崎市の取組みについてご紹介します。

【東近江市のSIB取組みについて】
地域課題をビジネスの手法で解決していく「コミュニティビジネス」の立ち上げにかかる経費において私募債を発行し、市民からの出資を募集することで、地域の課題解決と共に、地域の活動に関心を持つ市民を増やすことを目指した東近江市の取組みについてご紹介します。

(3)グループディスカッション 

(4)質疑応答

■講師
深尾昌峰氏(龍谷大学政策学部准教授・公益財団法人京都地域創造基金理事長)
福井健次氏(東近江市役所)
工藤七子氏(日本財団)
野池雅人氏(プラスソーシャル投信株式会社代表取締役)

※講座にご参加の方には講座会場でSIB読本を配布いたします。

■お問合わせ先
事務局:ローカルSIB調査研究・普及プロジェクト (担当:北神・山崎)
TEL:075-257-7845  FAX:075-257-7884  E-mail:lsib@plus-social.jp


■構成団体
ローカルSIB調査研究・普及プロジェクト
龍谷大学 地域公共人材・政策開発リサーチセンター(LORC)
日本財団・プラスソーシャル投信株式会社・京都地域創造基金

事務局:龍谷大学LORC・公益財団法人京都地域創造基金

開催日 時間14:00〜16:30(各回共通)
参加費 無料

大阪 2/15(水) 新大阪丸ビル別館
金沢 2/16(木) 金沢勤労者プラザ
岡山 2/21(火) 岡山コンベンションセンター
福岡 2/22(水) リファレンス駅東貸会議室
北海道 2/27(月) 札幌国際ビル
名古屋 2/28(火) 貸会議室名古屋(名駅南オルバース)
香川 3/2(木) レクザムホール(香川県県民ホール)
沖縄 3/6(月) 沖縄青年会館
仙台 3/9(木) PARM-CITY131貸会議室
東京 3/10(金) あすか会議室(東京駅前八重洲口)
セミナーお申し込みページ
https://goo.gl/igJzqt
※セキュリティの関係でアクセスできない場合は、メールやFAXでも申し込みを受け付けております。