ロレックスのオーバーホールが必要な理由とは

高級時計の代表格ともいわれるロレックスですが、オーバーホールが必要な理由をご存じでしょうか。ここでは、オーバーホールが必要な理由や、作業にかかる期間、依頼するお店を選ぶときのポイントなどをご紹介します。

オーバーホールが必要な理由

ロレックスの時計にはさまざまな精密部品が使われています。いくつもの細かい部品が機能することで、時計として稼働しており、それぞれの部品には摩耗を防ぐための潤滑油も使用しています。この潤滑油は年月とともに劣化してしまい、次第に本来の役割を果たせなくなってくるのです。

 

オーバーホールをせずに劣化した潤滑油のまま使い続けていると、時計内部に使用された精密部品同士の摩耗がどんどん進んでしまいます。時計の針が遅れるなどのトラブルが生じ始め、最終的には動かくなってしまうことも。こうした事態を回避するためにオーバーホールが必要になります。

 

潤滑油だけでなく、パッキン類も劣化してしまい、防水性を損なう原因になります。定期的なオーバーホールを施すことによってこうしたトラブルを未然に防ぎ、長く時計を愛用できるようになるのです。

オーバーホールは専門店に依頼する

ロレックスのオーバーホールは、専門的な知識と技術が必要です。時計をまず分解し、問題のある部分を見極め、必要に応じて部品の交換やクリーニングなどを行うのです。こうした作業はとても素人ではできず、時計のプロに任せるしかありません。

 

仮に分解まではできたとしても、時計が動く仕組みなどをきちんと理解していないとオーバーホールは無理です。分解したもののもとの状態に戻せなくなった、余計に状態が悪くなってしまった、といったことにもなりかねません。こうした事態を回避するにも、ロレックスのオーバーホールは専門家に任せる必要があります。

技術力と実績のあるお店を選ぶ

オーバーホールを依頼するお店を選ぶときには、技術力の高いところを選ぶのが基本です。ただでさえ時計の修理には高度な専門知識と技術が必要ですが、ロレックスとなるとなおさらです。高度に専門的な知識と技術、経験も求められるため、しっかりとお店を選ばなくてはなりません。

 

ロレックスの時計修理、オーバーホールに長けたスタッフが在籍しているかどうかをまずは確認しましょう。ロレックスの扱いに長けたスタッフが在籍しているのなら、その旨を公式ホームページなどでアピールしているはずです。また、ロレックスなど高級時計のメンテナンスを専門とする業者もいるので、併せてチェックしてみましょう。

 

いつから営業しているかもチェックしてください。やはり、長年にわたり営業を続けているお店だと信頼できます。豊富な経験があることを示しており、技術力も期待できるでしょう。公式ホームページの会社概要のページなどで営業年数や創業年を確認できます。

保証があるかどうか

ロレックスのメンテナンスやオーバーホールを手掛けている専門店だと、ほとんどのケースにおいて保証を設けています。ただ、中には保証がないところもあるので、事前に確認しておきましょう。保証がないお店で依頼してしまうと、何かあったときに対応してもらえません。追加で費用が発生する可能性もあるので注意が必要です。

 

また、保証の有無だけでなく期間も要チェックです。お店によってオーバーホールの保証における期間は異なります。できるだけ長い保証期間を設けているお店を選べば安心です。保証期間は1年ほどが目安ですが、先述したように、お店によって異なるためしっかり確認してください。

 

修理にかかる料金もお店を選ぶ上で重要なポイントです。ある程度の相場はありますが、やはりお店によってオーバーホールに必要となる費用は変わってきます。公式ホームページで確認し、心配なら一度見積もりをしてもらうのもよいでしょう。

 

お店によっては公式ホームページからオンラインで見積もり依頼ができるところもあります。オーバーホールにかかる期間なども併せて確認しておくと安心です。

ロレックスのオーバーホールを依頼しようと考えているのなら、こちらのサイトにも目を通してみましょう。ロレックスのオーバーホールを手掛けている専門店をいくつかピックアップし、料金や特徴などを比較しています。おすすめの業者を厳選して比較しているので、業者選びの参考になるはずです。

まとめ

ロレックスのオーバーホールをしてもらうことで、大切な時計をいつまでも使い続けられます。できることならオーバーホールは定期的に受けたほうがよいでしょう。愛着のあるロレックスならなおさら、定期的なメンテナンスをしてもらうことでいつまでも愛用できます。最後にご紹介したサイトも参考に、利用しやすそうなお店を見つけてください。