リーダーシップという言葉の真意にたどり着き、自分の存在意義を体現していくコース


 リーダーシップシフトプログラムとは、イノベーション理論であるU理論をベースに設計されています。おひとりおひとりの特性にスポットライトをあてた丁寧かつ突き詰めたアプローチを通して、盲点となっていた自身の可能性を見つめ、新しい概念としてのリーダーシップを手に入れ、その先へ踏み進むことができます。


 Withコロナの時代が到来しました。  すでに新しい時代は幕を開いています。

 この新しい時代を生き抜くために、自らの「リーダーシップ」にあらためて向き合ってみませんか?


コロナ禍から生まれたオンラインとリアルのハイブリッドプログラム

リーダーシップシフトコースは、このベーシックコースから始まり、アドバンスコース、ジャーニーコースと繋がっています。このベーシックコースは、受講者毎にも様々な捉え方はあると思いますが、「自身の盲点となっていたリーダーシップのカギを見つけ、100%の自分に目覚めるキッカケを得られる可能性に満ちたコース」と言えるでしょう。

 

このコースでは、U理論や成人発達理論、「過去の延長線上ではない未来を創発」するための様々な教えや理論体系を統合し、オンラインクラスとバディコール(ペアワーク)を中心に、多角的に内省と洞察力を深め、効果的な学びと実践が行える形でプログラムを提供していきます。  知識による理解だけではなく、体感を伴ったワーク、コース間の実践課題、オンラインプラットフォームでのリアルタイムのフォローなどにより、参加者は、プログラムの回数を重ねるごとに「自身では見えていなかったリーダーシップを呼び覚ますカギ」に気がつき活用するためのプロセスをチームで歩んでいくことが出来ます。

 参加者は個人的に学びを深め進めていくだけではなく、同期の仲間や講師とオンライン上で繋がることにより、仲間と協同で何かを生み出していくことも可能です。本コース修了後も、講師やサポートスタッフと緩やかな繋がりを継続し、可能性の幅を広げていくこと意図しています。次の期の卒業生とも緩やかに繋がりが持てるような場も企画予定です。  このプログラムにおける、リーダーシップの学びと実践は、個人のための能力開発の域を超え、これまでの人間関係を、本質的な意味でより大切に扱い、様々なタイプの人たちと深い関係性を築くきっかけとなることでしょう。

 講師は、長年リーダーシップ開発を牽引してきた熟達者、サポートスタッフもリーダーシップ開発や組織開発のプロフェッショナル達です。

 

開催への想い

 こんにちは。主催の松下琴乃です。この度、オンラインでこのようなプログラムを開催できることを心より嬉しく思っています。2020年、コロナの影響でずいぶんと世の中の価値観やスタイルが変わりました。随分前から、不確実性と複雑性が増し、先の見えない時代に突入したと言われてきましたが、その度合いが増したように感じます。
 
 まさに、VUCA(ブーカ)の時代ですね!

※「VUCA」とは、Volatility(変動)、Uncertainty(不確実)、Complexity(複雑)、Ambiguity(曖昧)の頭文字をつなぎ合わせた造語で、これら四つの要因により、現在の社会経済環境がきわめて予測困難な状況に直面しているという時代認識を表す言葉です。
 
 このVUCAの時代に必要なのは、過去の延長線上ではない未来を創発する力だと言われています。今、私たちは、自らの盲点に気づき、自らの最も深い源にアクセスすること、「出現することを望んでいる未来」をともに感じ取り、ともに創り出す力が問われています。
 
 このプログラムはU理論をベースして構成されており、”その人らしさ”を解放し、人と場に進化をもたらす共創型リーダーシップの開発、自己の変容を目的として10年ほど前より全国各地で開催されてきました。自らのものの見方・考え方に大きな転換を迫るU理論のプロセスは、自己・組織・社会の「あり方」を根本から変え、目覚ましい成長をもたらす力を秘めています。

 U理論は簡単に言うと「イノベーション」の理論です。日本ではまだメジャーではありませんが、マサチューセッツ工科大学やハーバード大学をはじめとする機関で研究と実践がなされており、全世界で10万人以上が学び実践しています。最近は、コロナの影響からか、日本国内でも急速に学びと実践の需要が増えています。
 
 私は2019年3月にこのプログラムに出会いました。当時、私は自分の人生に限界を感じていました。私の持てるすべてのリソースをフル活用しても、うまくいかない事が続き途方に暮れていました。信頼していた人からは裏切られ、仲間からは誤解され、体調は崩すし、家族ともギクシャク!
 
 そんな時にひょんなキッカケからU理論と出会い、このリーダーシップシフトプログラムを受講したのです。

 しかし、受講前の私は不安でいっぱいでした。U理論の本を読んでも全く理解が出来なかったのです!!難解すぎて数ページで挫折し、私以外の人はみんな理解した上で参加しているんだろうなぁ・・・と思っていました。しかも、当時はリーダーシップ開発は、経営者や組織のリーダーのために存在するものだと思い込んでおり、私のような個人事業主には無縁なのではないかという懸念もありました。とはいえ、当時は、このプログラム以外に突破口はないように感じられ、藁をもすがる気持ちで参加したのでした。

 ところが、参加してみると、難解さは全くなく、不思議なことに自分自身を限界付けていた構造の枠組みがぼんやりと見えてきました。それまで、謎でしかなかった不本意かつ不可解な出来事の構造が見えてきたのです。そして、受講後に本を読みなおしたら、不思議なことにスラスラ読めました・・・。ですから、現時点で本で挫折した方もご安心ください!
 
 リーダーシップの幅が広がるとは、自分自身を多角的に捉えることが出来ること、認識できる領域が広がっていくことなのだと、日に日に体感しています。受講前の自分は、自分に死角があることにすら気が付けない状態でしたが、今では、日常の様々なシグナルをキャッチし、死角を紐解いていけるようになりました。

 当時の私からしたら、安くはない金額でしたので申し込みの際はドキドキしていたものの、受講後に感じたのは、これまで受講したどの講座よりもお得だ!!ということでした。今回、通常価格よりも5万円程リーズナブルな価格でお届けできることをとても嬉しく思っています。このタイミングで受けられる方は本当にラッキーだと思います!!名古屋オープン価格!75800縁(円)です。(なごや=758)

 自分の人生を生きる、大いなる自己を生きる、そんなタイミングが訪れている方、ぜひぜひご参加ください。
 私は東海エリアでU理論を実践している仲間達と共にフィールドガーディアン(サポート)として参加させていただきます。

 それでは、みなさまとお会いできるのを楽しみにしています!

主催 松下 琴乃

プログラム概要

2020/9/12

(土)

13:00-17:00

セッション①

安心・安全な場/関係性を構築する

・このプログラムの目的と全体像

・期待と恐れとは何か

・自分を知る/他者を知る

2020/9/25

(金)

19:30-22:30

セッション②

深く観る/深く聴く

・U理論概要

・無意識に起こるリソースの破壊

・深層歪曲レンズ(認知の構造と歪みのメカニズム)

2020/10/14

(水)

19:30-22:30

セッション③

アクセルポイントを探る

・エネルギーマネジメント

・自分の強みを詳しく知る

・自分年表

2020/10/27

(火)

19:30-22:30

セッション④

メンタルモデルを見つける

・メンタルモデルとは何か

・不本意な現実が引き起こされるメカニズム

・自分らしくいられなくなる時を紐解く

2020/11/1

(日)

9:30-18:00

セッション⑤

メンタルモデルの影響/クリスタライズ

・コミュニケーション時のトーン

・抵抗ダイアグラム

・クリスタライズワーク

2020/10/14

(水)

19:30-22:30

セッション③

アクセルポイントを探る

・エネルギーマネジメント

・自分の強みを詳しく知る

・自分年表

2020/9/12
~9/25の間

関係づくり

オンライン懇親会

・1回目のセッション後、講師やサポートスタッフを交えて開催

・セッション中に聞けなかったことなども随時フォロー

2020/9/12
~9/25の間

チーム間課題

バディコール①

・第1回目終了後から第2回目セッションまでの間にチームで対話をする

・チームは第1回目セッション時に発表

2020/9/25
~10/14の間

チーム間課題

深層歪曲レンズ練習会

・第2回セッションで取り扱った深層歪曲レンズについてチーム内で学びと実践を深める

・チームは第2回セッション時に発表

2020/10/14
~10/27の間

チーム間課題

バディコール②

・第3回目終了後から第4回目セッションまでの間にチームで対話をする

・チームは第3回目セッション時に発表

2020/10/30

(金)

19:00-22:00

フォロー

メンタルモデル探求フォロー

・第4回目セッションで取り扱ったメンタルモデルについて講師・サポートスタッフによりフォローを行う

・影響が大きいメンタルモデルを見出す

2020/9/12
~9/25の間

チーム間課題

バディコール①

・第1回目終了後から第2回目セッションまでの間にチームで対話をする

・チームは第1回目セッション時に発表

講師


古江 強

リーダーシッププロデューサー/組織開発コンサルタント 国際コーチ連盟認定資格CPCC(プロフェッショナルコーアクティブコーチ) 早稲田大学法学部中退。

WEBマーケティングのコンサルタント、人材育成企業 株式会社シェイクでのマーケティング担当、外資系広告代理店ビーコン・コミュニケーションズでの一般消費材や高級ホテルなどのブランド担当を経ながら、人が心の底から生きがいや働きがいを感じることが出来る仕事・ビジネスの在り方を探求し続ける。

2009年にマサチューセッツ工科大学 スローン校経営学部上級講師オットー・シャーマー氏が提唱するイノベーション理論 「U理論」に基づくワークショップに参加。個と集団の深い変容を体験し、「U理論」が持つ可能性に感銘を受ける。 その後、「U理論」を活用した組織・人材開発事業を行なうオーセンティックワークス株式会社に参画し、コーチ、ファシリテーターとして活動。コーチング、ファシリテーションを通じて、一部上場企業のマネジャーや中小企業経営者を含む延数200名以上の自己変容とリーダーシップ開発に貢献。

倉田 晋司

三菱自動車工業㈱に8年間、㈱リクルート(現:㈱ネクスウェイ)に15年間勤務し、営業・事業企画・商品企画・採用・人材開発に携わり、プロジェクトリーダー、グループマネジャーを歴任。事業計画や営業戦略の立案と遂行、メンバーの人材開発、育成と組織開発を手掛ける。

『人間の可能性を信じ、関わった人たちの変容のきっかけになり、充実と貢献を実感出来る世界を創る』をビジョンに掲げ2012年に独立。「U理論」をベースに意識変容と行動変容を場の中から生み出すワークショップのファシリテーターや経営者、経営幹部とのエグゼクティブコーチとして活動中。

近藤 藤近
会計事務所にて事業計画策定やISO認証(品質・環境)など、経営支援やシステム構築を通して経営者を深く継続的にサポート。サポート企業は全国1000社を超え、その業種は一般企業から医療機関まで多岐にわたる。特に歯科医院との関わりは深く、メーカーや関連企業にて開業セミナー等を担当し好評を博す。2010年には歯科業界から夢を発信する「歯科医院ドリームプランプレゼンテーション」東京・名古屋にて実行委員長を務め、その後の各地のイベント開催を支援している。

22年間会計事務所に勤務した後、「経営と心、両輪のサポート」を実行するため2012年に独立。2013年から3年間「歯科 福島塾」を主催。全国から200名を超える参加者を集め、歯科業界に変革を起こした。現在は、医療機関だけに限らず全ての業種に「人が輝く経営」を広げていくために活動している。関わる人のビジョンを実現するために、「働く人が輝く組織づくり」のサポートをミッションとしている。
近藤 藤近
会計事務所にて事業計画策定やISO認証(品質・環境)など、経営支援やシステム構築を通して経営者を深く継続的にサポート。サポート企業は全国1000社を超え、その業種は一般企業から医療機関まで多岐にわたる。特に歯科医院との関わりは深く、メーカーや関連企業にて開業セミナー等を担当し好評を博す。2010年には歯科業界から夢を発信する「歯科医院ドリームプランプレゼンテーション」東京・名古屋にて実行委員長を務め、その後の各地のイベント開催を支援している。

22年間会計事務所に勤務した後、「経営と心、両輪のサポート」を実行するため2012年に独立。2013年から3年間「歯科 福島塾」を主催。全国から200名を超える参加者を集め、歯科業界に変革を起こした。現在は、医療機関だけに限らず全ての業種に「人が輝く経営」を広げていくために活動している。関わる人のビジョンを実現するために、「働く人が輝く組織づくり」のサポートをミッションとしている。

ベーシックコース概要

自分らしさとリーダーシップの統合と共創造
「コ・クリエイションの実現」

「リーダーシップ」という言葉を聞いた時、カリスマ性や有無を言わせない力強さによって周囲を引っ張っていくブルドーザーのようなイメージを抱く人も少なからずいるのではないでしょうか?
こうしたブルドーザー型リーダーシップは、危機的な状況から脱するときには依然として必要になるスタイルです。

 しかし、変化が激しく、複雑性の高い現代においては、一部のリーダーだけが答えを持っていることは稀な上に、たとえ一部のカリスマが答えを持っていたとしても、その答えの通りに結果を導き出せるとは限りません。また、仮に結果を一時的に出せたとしても、 「引っ張る」リーダーシップだけでは、刻一刻と変化する状況に適応しつつ、成果を生み出し続けることはできません。

 これからの時代に求められているリーダーシップとは何なのでしょうか。

 変化の激しい時代をリードするために必要なのは、個人個人の内側のリソースをフルに使い、その人らしい唯一無二のリーダーシップに気が付いていくことです。
 あなたのリーダーシップはどんなリーダーシップでしょうか。

これからの時代のリーダーシップ


答えの見えない時代においては、多様な人たちの強みを引き出し、「なんでも言い合える」状況を醸成しながら、共創造(コ・クリエイション)する新しいレベルのリーダーシップが求められます。
このようなリーダーに出会ったことはありますか?
今、時代に求められているのは、相手から答えを引き出すコーチ型のリーダーでもなければ、多様な意見を取りまとめるだけのファシリテーター型のリーダーでもなく、過去の延長線上にはなかった革新的な答えを創発し、力を結集させ続けることを可能にするのが、共創造型リーダーシップです。
全ての人の中に存在する、唯一無二のリーダーシップに出会う旅。それが、このプログラムです。
自分の中の可能性に気が付くことで影響力が変わる
 ・努力しても、力を尽くしても、うまくいかない
 ・不本意な現実が繰り返し目の前に立ち現れる
 ・異なる場所で似たようなフィードバックを受ける

 もし、そのようなことが起こっているとしたら、現在の枠組みの限界なのかもしれません。このプログラムでは、あなたのどのような要素があなた自身を限界付けているのかを丁寧にひも解いていきます。

 ご自身の力あふれる可能性にぜひ触れてください。

 自分を限界付けていたものと向き合うことで、限界を突破しあなたらしいリーダーシップを発揮してください。


プログラムを受講する効果

囚われからの解放
自分を限界づける過去のパターンを克服し、より自然体なあり方・あり様を確立できる
本質的な変化
周囲からみた印象が変わり、関わりやすいスペースが拡大するため、これまでに は得られなかったような情報、機会、協力が得られるようになる
自己受容
ストレスから解放されやすくなり、リスクを取ってより一歩前に出る力が自然と高まる
聴く力
「聴く」能力が拡大し、言葉として表されていない相手の真意が聴こえるようになる
影響力
言葉の力が増し、周囲への肯定的なインパクトを拡げることができるようになる
影響力
言葉の力が増し、周囲への肯定的なインパクトを拡げることができるようになる

受講者の声


大手企業40代女性

当時、わたしは15名ほどいるチームのリーダー。どうやったらチームをぐいぐい引っ張っていけるの?と方法を知りたく、信頼できる上司の勧めでこのプログラムに参加しました。

参加して、まず、今まで思い描いていたリーダーの概念が180度違っていたことに気づき、さらに自分の奥深く眠っていた大切な気持ち、そして"私らしさ"を見つけることができました。

その後、周りからは、『とても明るくなったね!本当に変わったね!』と言われ、ただ私がその場にいるだけでリーダーシップを発揮、まとまりのある活気あるチームに変化しています。

大手企業30代女性

当時所属していた組織内での頻発するトラブルに疑問を持ち参加しました。同じ問題が繰り返し起こり続けていること、自分なりのリーダーシップを発揮すればするほど、事態が悪化してしまうことに2年ほど悩み続けていたのですが、受講後1か月も経たないうちに負のスパイラルから抜け出すことが出来ました。

それまで『私らしさ』だと思っていたもよりも、もっと奥深くに本質的なものが眠っていたことを体感できたことが、様々なものを変えたエネルギーになっているように思います。プライベートでは家族との関係が劇的に改善し、弱さを見せあえる、温かい関係を自然に築くことができました。仕事面でも、本当にやりたい仕事ができるようになり、肩の力を抜いて日々を過ごすことができるようになりました。どんな人の中にもリーダーシップは必ずあります。それを知れたことがプライベートでも仕事面でもとても良い影響を与えてくれています。

大手企業30代女性

当時所属していた組織内での頻発するトラブルに疑問を持ち参加しました。同じ問題が繰り返し起こり続けていること、自分なりのリーダーシップを発揮すればするほど、事態が悪化してしまうことに2年ほど悩み続けていたのですが、受講後1か月も経たないうちに負のスパイラルから抜け出すことが出来ました。

それまで『私らしさ』だと思っていたもよりも、もっと奥深くに本質的なものが眠っていたことを体感できたことが、様々なものを変えたエネルギーになっているように思います。プライベートでは家族との関係が劇的に改善し、弱さを見せあえる、温かい関係を自然に築くことができました。仕事面でも、本当にやりたい仕事ができるようになり、肩の力を抜いて日々を過ごすことができるようになりました。どんな人の中にもリーダーシップは必ずあります。それを知れたことがプライベートでも仕事面でもとても良い影響を与えてくれています。

大手企業40代男性

このプログラムがまだCO(チェンジオリジネーター)と呼ばれていた2期生なので、かれこれ8年近く前になります。(名古屋での開催、待ち望んでおりました。1人でも多くの必要な方に届いてほしいですね。)

当時は東京で単身赴任中。大手人材系の会社で社内広報を担いつつ、風土活性を行う立場にありました。営業職あがりで何も積み重ねのない私がワラをも掴む気持ちで参加したのが、中野サンプラザで開催されていた今でいうエントリーコース。

エントリーで触れた内容は、全てが目新しく、自分の周りで起きていたことが明瞭に言語化され、今までにない視座を得られる実感が強くありました。もっとココから得られるものがありそうという期待と予感からベーシックに進んだのを覚えています。ちょっと高いんじゃない?!と思いつつ笑。

受講前にはU理論の更なる詳細や、リーダーシップのなんたるかをきっと教えてくれるんだろうと、そんな大きな期待を持って参加したのを覚えています。 当時の部署に移る前までは、営業として全社で表彰を受けるなどの好成績を修めながらも、マネージャーとしては360°サーベイで、メンバーから地の底を這うようなスコアを貰った(上司と自分はほぼ一致)『上ばかり見てた奴』でした。その後、社内FAで移ったわけですが、社内広報・組織開発についてはド素人。そんな自分にきっと体系的な『なにか』を教えてくれる、そんな期待でした。

結論から申し上げると、たしかにU理論を学ぶことができます。しかし、それは座学で学ぶような場ではなく、自分が想像していたような研修やセミナーではありませんでした。 『え?これがリーダーシップなの?』って、初日の前半は感じていました。ただ、もっとも自分の盲点となっていて、もっとも向き合わなければならないものに対峙する二日間。 その何たるかを掴み、認めることで、リーダーシップの足掛かりが何であるかを体得できるコースだったと思います。また、リーダーシップの奥深さを知り、さらに進みたくなる機会でした。

私の場合は、その後のアドバンスコースも経て『U理論は実践する学問である』と言うことを実感しています。 自分のリーダーシップを妨げている鎖を断ち切り、身を軽くするのがベーシック、そこから開けたことのない扉を開けて、踏み出すことができるのがアドバンスでした。 自分らしく自分を生きることから生まれるリーダーシップ、その源に立てる機会。そんな2日間でした。

自営業30代女性

私はこのプログラムに出会う前、出口の見えない迷路なようなところをぐるぐると回っているような人生を歩んでいました。そこそこ幸せで、そこそこ収入もあり、そこそこ素敵な人たちに囲まれて、幸せといえば幸せなのですが、心の真ん中にはぽっかりと大きな穴が開いたような、そんな空虚感に包まれているような日々を送っていました。

顔は笑っているのに、心の底から笑っていない、そんな自分に長い間違和感を持っていました。私はいつからこうなってしまったのだろう、思い返してみてもよくわかりませんでした。

そんな時、知人からの紹介でこのプログラムを受けてみることにしました。なんとなく人生はうまくいっていましたが、心の底から笑えなかったり、心の真ん中に穴がぽっかり空いたような、そんな人生を手放したかったのです。

『笑顔が止められない』という状態に陥っていた私は、プログラム受講中もずっと笑っていました。幼い頃から空気を読み、人を不快にさせないように、迷惑をかけないように、気を配ってきた在り方が体中にこびりつき、表面上は笑顔、心は笑っていないというチグハグな感じになってしまっていたのです。素の自分を出すことがもはや不可能になっており、自分ではどうすることもできない状態でした。
 
このプログラムで私は変わるんだ!そんな覚悟をしていた私は、ドキドキしながらもデモセッションに立候補しました。そしてそのセッションで『笑顔』の私はスコーンと打ち砕かれたのでした。
 
言葉で表現すると陳腐な感じになってしまうのですが、夢から覚めたような、そんな衝撃がありました。それまでの私は、恐れと不安に支配され、何一つ見えていなかったのだと気が付いたのです。
 
私が自分らしく生きていないことで、大切な家族をどこかで犠牲にしていたこと、仕事仲間の成長の機会を奪っていたことなどを知った時、全身の力が抜けるようでした。もう、こういう生き方ではなく、自分の人生の舵を取って生きていきたいと強く思いました。その後、アドバンスコースに参加して、さらに殻を破り現在に至ります。

U理論は体感してみることがお勧めです。頭で考えて実践できるものではないような気がします。少なくとも私はそうでした。実践してなんぼの理論です!

今振り返ってみると、かつての私は、何も見えていないし気が付いていなかったなぁと思います。ぜひ、盲点開拓、してみてください!!

自営業30代女性

私はこのプログラムに出会う前、出口の見えない迷路なようなところをぐるぐると回っているような人生を歩んでいました。そこそこ幸せで、そこそこ収入もあり、そこそこ素敵な人たちに囲まれて、幸せといえば幸せなのですが、心の真ん中にはぽっかりと大きな穴が開いたような、そんな空虚感に包まれているような日々を送っていました。

顔は笑っているのに、心の底から笑っていない、そんな自分に長い間違和感を持っていました。私はいつからこうなってしまったのだろう、思い返してみてもよくわかりませんでした。

そんな時、知人からの紹介でこのプログラムを受けてみることにしました。なんとなく人生はうまくいっていましたが、心の底から笑えなかったり、心の真ん中に穴がぽっかり空いたような、そんな人生を手放したかったのです。

『笑顔が止められない』という状態に陥っていた私は、プログラム受講中もずっと笑っていました。幼い頃から空気を読み、人を不快にさせないように、迷惑をかけないように、気を配ってきた在り方が体中にこびりつき、表面上は笑顔、心は笑っていないというチグハグな感じになってしまっていたのです。素の自分を出すことがもはや不可能になっており、自分ではどうすることもできない状態でした。
 
このプログラムで私は変わるんだ!そんな覚悟をしていた私は、ドキドキしながらもデモセッションに立候補しました。そしてそのセッションで『笑顔』の私はスコーンと打ち砕かれたのでした。
 
言葉で表現すると陳腐な感じになってしまうのですが、夢から覚めたような、そんな衝撃がありました。それまでの私は、恐れと不安に支配され、何一つ見えていなかったのだと気が付いたのです。
 
私が自分らしく生きていないことで、大切な家族をどこかで犠牲にしていたこと、仕事仲間の成長の機会を奪っていたことなどを知った時、全身の力が抜けるようでした。もう、こういう生き方ではなく、自分の人生の舵を取って生きていきたいと強く思いました。その後、アドバンスコースに参加して、さらに殻を破り現在に至ります。

U理論は体感してみることがお勧めです。頭で考えて実践できるものではないような気がします。少なくとも私はそうでした。実践してなんぼの理論です!

今振り返ってみると、かつての私は、何も見えていないし気が付いていなかったなぁと思います。ぜひ、盲点開拓、してみてください!!

大手企業30代男性

2018年にこの講座を受講するまで、「何のために生きているのか、このままでいいのか」という不安と、「でも世の中ってこんなものでしかないのかな」という諦めで、何となくモヤモヤしながら毎日を過ごしていました。

講座を受講したことによって、他者と自分の間に起こっている衝突やズレの原因が明らかになりました。 また、ベースとなっている「U理論」について、書籍を読むだけでは理解が難しかったことが、自身の過去の経験を扱いながら体験学習として理解を深められました。

特に驚いたことは、講座終了時に私を含めた受講者の方々の表情が明らかに変わり、内側からエネルギーが湧いていることが伝わってきました。 今でも、より自分らしさを持って生きている感覚と、まわりの人々のありがたさを感じながら、日々の生活を送っています。

自分自身が本当は何をしたいのか、という問いかけに目を向けるきっかけにもなりますので、今の自分に限界を感じている方や、講座の内容を見てピンと来られた方は、ぜひ参加をオススメします。

老舗企業40代男性

2019年の春、このリーダーシップシフトプログラムを受講しました。きっかけは老舗企業であり職人が多い職場を最年少ながらまとめていかなければならないという状況になったからです。 セミナーの一週間後の私のメモをシェアします。

「セミナー後は、良いことも悪いことも全ての人や物事に対してモヤモヤがなくなった感じで、セミナー前とは明らかに違う世界を過ごしています。 自分の中にある1つを意識したら、今まで問題に思っていたことが100個変わった感じです。 すでに会社全体の雰囲気は変わっているように感じます。

今まで悩んで努力していたのが不思議なくらいで、私は何も苦労はしていません。 ただただ本当の自分から出てくる行動、発言、選択をしています。 そして、そんな風にして出た私の発言、行動は、近くの人のささいな行動、意識を変え、その人からまた連鎖して会社全体に響いていっている感じです。

私が本当の自分で在る事が、意識はなくとも確実に会社全体に伝わり、さらには社会にも伝わっていく第一歩になるのだなと確信しました。今後このセミナーでの体験が自分のブレない基準になり、自分が自分と繋がってさえすれば、周りの人も気持ちよく毎日を過ごせるようになり、それがどんどん広がっていくのではないかと思います」

最後に、このセミナーでの気づきは今も私の大切な芯の部分になっています。

老舗企業40代男性

2019年の春、このリーダーシップシフトプログラムを受講しました。きっかけは老舗企業であり職人が多い職場を最年少ながらまとめていかなければならないという状況になったからです。 セミナーの一週間後の私のメモをシェアします。

「セミナー後は、良いことも悪いことも全ての人や物事に対してモヤモヤがなくなった感じで、セミナー前とは明らかに違う世界を過ごしています。 自分の中にある1つを意識したら、今まで問題に思っていたことが100個変わった感じです。 すでに会社全体の雰囲気は変わっているように感じます。

今まで悩んで努力していたのが不思議なくらいで、私は何も苦労はしていません。 ただただ本当の自分から出てくる行動、発言、選択をしています。 そして、そんな風にして出た私の発言、行動は、近くの人のささいな行動、意識を変え、その人からまた連鎖して会社全体に響いていっている感じです。

私が本当の自分で在る事が、意識はなくとも確実に会社全体に伝わり、さらには社会にも伝わっていく第一歩になるのだなと確信しました。今後このセミナーでの体験が自分のブレない基準になり、自分が自分と繋がってさえすれば、周りの人も気持ちよく毎日を過ごせるようになり、それがどんどん広がっていくのではないかと思います」

最後に、このセミナーでの気づきは今も私の大切な芯の部分になっています。

受講料

◆¥75,800-(税抜)(758ナゴヤ価格!)

◆東海エリアにお住まいの方、職場が東海エリアの方、東海エリアにご縁のある方限定募集!!

◆今期限りの限定価格!!

◆キャンセルポリシー
・ワークショップ実施1ヶ月前まで 
お振込みいただいた参加費全額
・銀行振込み手数料ワークショップ実施3週間前まで 
お振込みいただいた参加費の80%
・銀行振込み手数料ワークショップ実施2週間前まで 
お振込みいただいた参加費の50%
・銀行振込み手数料ワークショップ実施1週間前まで 
お振込みいただいた参加費の30%
・銀行振込み手数料ワークショップ実施1週間以内 
キャンセル返金はございませんのでご了承ください

◆問い合わせ:松下 琴乃 leadership.nagoya@gmail.com

主催Team

松下琴乃
スペインとドイツで現代美術を学ぶ。大学卒業後は外資系金融機関にてマーケティングを担当。
2017年よりコーチ・ファシリテーターとして活動開始。 現在は、U理論・NVC・コーアクティブコーチングをベースに、個人と組織のオーガニックな発達をサポートしている。 毎月オンラインにて内省・U理論・組織開発などをテーマにしたイベント開催中。プライベートでは1児の母。
加藤 貴夫
大学卒業後、頭髪化粧品会社で海外営業10年、大手人材紹介会社にてCA・社内広報・組織開発に携わり計8年弱。その後現在に至る7年間は、化学系メーカーで、海外市場開拓のマネジメントを本業とする。20年春より、副業が認められ組織コンサル、営業KPI構築、各種研修、採用支援など経験を生かしたコンテンツを設計中。「繋がりと学びから生まれる可能性の開花」をモットーとする。
松本 宜大
大学卒業後、メーカーでの営業・営業企画の経験、人材開発業界12年の経験を通じて、様々な組織の人材開発に関する研修の企画・講師登壇や調査に携わる。『名古屋HRコミュニティ』『名古屋フライデーリフレクション』を主催。
松本 宜大
大学卒業後、メーカーでの営業・営業企画の経験、人材開発業界12年の経験を通じて、様々な組織の人材開発に関する研修の企画・講師登壇や調査に携わる。『名古屋HRコミュニティ』『名古屋フライデーリフレクション』を主催。