「ジョンソンボックス」
お客さんを引きつける言葉を入れる。
資料の最初のページでもこの「ジョンソンボックス」を使っています。
「興味がない人は見ないでください」などがよく使われます。

サブヘッド1(Whyパート)


なぜパートではお客さんが
疑問に思うことを
解消してあげるパートです。


例)隙間時間ダイエットの市場
隙間時間ダイエットって効果あるの?


ボディコピーでの目安の文字数は
500文字くらいです。


ボディコピーを書くときの注意点

・横の文字数(14文字ぐらい)
・改行は2行で固定
・アンダーバーはつけない
・文章の塊は基本2~3行


最後に
・文字装飾は3段階


1番伝えたい 赤文字 太文字 大文字
2番伝えたい 太文字
3番伝えたい 普通に書く

サブヘッド2(Whatパート)

これは主に無料プレゼントの
商品内容になると思います。


目次を公開してあげたり
3Dパッケージでもらえるものを
見せてあげたり


色々やれるかと思います。


サブヘッド3(お客さんの声)

長谷さん(24)
ペルソナに向けた説明1
渡辺さん(22)
ペルソナに向けた説明2
しほちゃん(20)
ペルソナに向けた説明3

サブヘッド4(Howパート)

具体的に受け取る手順を示すパート
簡単な3STEPで教えてあげましょう!

STEP 1
手順1
このボタンを押してもらうとLINE追加のページに飛びます。

という旨の言葉を。
STEP 2
アンケートに答える
友達追加すると、
このようにメッセージが
送られてくるので

アンケートに答えて下さい。

という旨の言葉を。
STEP 3
FPをもらう
教材がもらえるので
実際にトライしましょう!

という旨の言葉を。
STEP 3
FPをもらう
教材がもらえるので
実際にトライしましょう!

という旨の言葉を。
▼LINE追加はこちら▼

サブヘッド5(Q&A)

Q
よくある質問1
A
質問の答え。

出来るだけ相手を肯定するような返し方をしてあげましょう。
Q
よくある質問2
A
答え
Q
よくある質問3
A
答え
Q
よくある質問2
A
答え

サブヘッド6(Nowパート)

今すぐ行動してもらう教育の詳細。

後押しすれば入るお客さんや
ここで受け取らないと
もったいないと思わせることができるかが
ポイントです。

例)人数限定・いつ終わるかわからない・有料にしようと考えている...etc

▼LINE追加はこちら▼