小規模事業者持続化補助金
コロナ特別対応型

・持続化補助金は販路開拓等に取り組む事業者に対して経費の一部を補助することにより、地域の雇用や産業を支える小規模事業者等の生産性向上と持続的発展を図ることを目的とします。
・補助金は、給付金ではありません。審査があり、不採択になる場合があります。
・取組経費の一部から補助金額を確定し、原則、完了後に後払いです。
相談無料

まずはじめに言っておきます!

・補助金は、給付金ではありません
 審査があり、不採択になる場合があります。

・取組経費の一部から補助金額を確定し、原則、完了後に後払いで交付するものです。自己負担が必要です。

いつまでに申請すればいいの?

第4回受付締切は

2020年10月2日(金)

必着です。

2020年度の申請では今回が最後となりますのでお早めに!

<コロナ特別対応型>の該当する対象者は?

対象経費の6分の1以上が
・「A:サプライチェーンの毀損への対応」
・「B:非対面型ビジネスモデルへの転換」
・「C:テレワーク環境の整備」

このいずれかの要件に合致する事業者が対象となります。

補助率は?

上記の

Aの場合:補助率2/3 100万円(一部指定業種を除く)

Bの場合:補助率3/4 100万円(一部指定業種を除く)

Cの場合:補助率3/4 100万円(一部指定業種を除く)

例えば
B類型で140万円の取組をする場合、3/4は105万円となりますが、上限が100万円ですので100万円の補助金を受け取ることができます。

事業再開枠とは?

コロナウイルス感染拡大防止の取組をする場合、(例えばマスク購入費、消毒作業費等)には事業再開枠として上記の補助金100万円とは別に事業再開枠として上限50万円(定額)を上乗せすることができます。

100万円+50万円=150万円の補助金を受け取ることが出来ます。

補助金申請の流れ

①申請書提出(10/2まで) → ②採択となる → ③事業の実施 → ④完了報告 → ⑤補助金支給

③事業の実施から⑤補助金が支給されるまでの間は自己資金または金融機関からの借入で補う必要があります。
原則、補助金は後払いです!
その他ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
初回相談無料でサポートいたします!!

プロフィール

Manabu Fukaya

・元銀行マン(10年)からベンチャー企業「情報整備局」の経営と営業のサポーターとして防災アプリの営業を手伝うなど異色の経歴を持つ。
・金融機関で数多くの経営者と出会い、鍛えた目利き力と書類作成能力を武器に、総務省や復興庁のビジネスコンテストに応募し、数々の賞の受賞を裏で強力にバックアップ。
革新的な挑戦をし続けます!

コンサルした企業の受賞の一部↓

復興庁 新しい東北2019 優秀賞 和田 晃司さん

その他にも

東北初の事業継続力計画の認定(情報整備局)

に携わるなど書類作成のスペシャリストとして、口だけではない、常に結果を求め、結果を伴うコンサルタントとして、10社以上の中小企業の認定をサポートしている。
 また、2020年2月にはある企業をコンサルし、前澤ファンド10億円企画のビジネス提案書作成に携わり、1次審査と2次審査の書類作成をサポートし審査通過させている。(現在進行中)
 現在は経営コンサル兼動画クリエイターとして数多くの企業に携わり実務的なアドバイスを提供している。
 事業計画、経営改善計画策定実績多数。