年齢を重ねるとどうも体の不調箇所が増えてくる
私は肩が痛い腰も違和感がある


右肩が痛くなりあがりにくくなり
服を着るにも肩のせいで子どものできあがりのような服の着こなしになる
歪んでるんですよ服と体が・・・ん~情けない


左肩もとうとう痛くなる
いや~歳はとりたくないですね


急に来るのです

腰痛も本当の原因はわからないらしい


まあこういう全体を老化っていうことでしょうか?


大体ですね60歳超えるとだんだん首、腰、膝、肩の関節痛を訴える人
多いですよ血圧もですね



動きが悪い、痛いが増えると危機感になります
そこで私は自分でなんとかすることも考えなくてはと調べ出したんです



グルコサミンやコンドロイチンとサプリも色々試しましたよ
この辺の成分は歩くとか膝関節痛ではテッパンですが

今お気に入りなのがロコモプロ

あの缶コーヒーでも有名なダイドーの商品です
健康補助食品です

ダイドーいわくいつまでも自分の足で歩く
軽快な活動をするをコンセプトとしています

まさに救世主なのかもしれません


しかしなぜロコモプロが私のお気に入りなのかそれには理由があります

ロコモプロの成分

自分の足で歩くとか膝、腰、関節痛対策とか
これってもう昔から人間の悩みというか不調が如実に現れる箇所で
困ってる人は非常に多いけどその解消法って無い


病院にいっても薬で診断で次の日から若い頃のように戻るわけもない
痛みも薬で一時的になくしてるだけだったりする
時間とともに元に戻る



サプリでいうとグルコサミン、コンドロイチン、Ⅱ型コラーゲンあたりが有名


コンドロイチン
は関節や目に多く含まれるのでだから膝、腰によく使われる成分で
結合組織に存在し関節の弾力を保つような働き


グルコサミンはアミノ酸と糖分が結合している成分で関節軟骨に多く含まれています
よって先のコンドロイチンと同じで関節痛によく成分として使われます
関節軟骨の弾力維持には欠かせない


Ⅱ型コラーゲンは関節に多く存在し炎症を抑える働きがあるといわれています




ところがこれを超える成分が今ホットです
それがプロテオグリカン


プロテオグリカンは

グルコサミンとかコンドロイチンはプロテオグリカンを作るための材料や成分だったのです

 

要するにプロテオグリカンをそのものを摂取する方が効率的で効果的であるというのが最近の流れ



ロコモプロもプロテオグリカンを主においています
だから私はロコモプロがお気に入りなのです



プロテオグリカンは実用化には時間がかかってかつては1g3,000万円と言われた時代も
鮭の鼻軟骨から抽出される貴重な成分です
コラーゲンやヒアルロン酸の産生促進の働きがあることもわかっています


だからでしょうか関節痛以外にもプロテオグリカンは美容成分としても注目されています



ロコモプロのポイントはプロテオグリカンであります

ロコモプロの効果

ロコモプロはプリテオグリカンを補給して足腰を改善するのが効果を感じる時だと思います
しかしロコモプロは薬ではありません
健康補助食品なのです


わかりやすくいえば食品なのです
だから今日明日劇的に改善することはありません

私が経験者です
もしそんなことが起こったら健康補助食品じゃありません


ロコモプロの効果を実際感じるのは近くない
そしてもしかすると感じないのかもしれない


コラーゲン豊富な食べ物を夕食に食べても
次の日に感じないのと感覚は似ているのかも

しかし生き物は食べなくてはならない

人は老化する
これを止めることは誰もできない


だけど予防することやケアすることは出来る
今私が考えているのは年齢をもっと重ねると足の弱りや痛みが
減少することはないなという事


だから少しでも明日の為に10年後の為に予防をすることなのです


今の膝の痛みは堪えれない
明日どうしても肩を20代の頃に戻したいならロコモプロでは無理です
私が保証します


病院で診察してもらって手術も選択肢になるのかもしれません
人工関節も最近は耳にするようになりました


要するに今自分はどのあたりなのか冷静に判断するべきだと思います
手術なのかロコモプロなのかリョウシンJV錠なのか・・・

ロコモプロの副作用

ロコモプロの副作用は限定的かなって思います
薬じゃないからです
食品扱いです


ロコモプロは急激に痛みをとるものではありません
例えば膝痛で辛抱が出来ないなら医療で注射がありますが
あれは誤魔化しているだけですよね


根本治癒にはなっていない
膝の軟骨なのか、神経が圧迫してるのか、炎症なのか


ロコモプロはプロテオグリカンを補うのが第一に役目です
まさに私の考えでは予防です


定期的に薬を飲んでる方は念のため病院でロコモプロを飲用してもいいのか確認しましょう


ロコモプロのアレルギー
鶏肉
ゼラチン
さけ
アレルギーのある方はこれらを確認して下さい

ロコモプロとリョウシンJV錠の違い

膝関節痛や神経痛、肩が固まるとかリョウシンJV錠ってサプリがあります
私も初めは興味を持ったものです
CMとかテレビショッピングで見かけるからただそれだけなんですが


ではなぜリョウシンJV錠じゃなくてロコモプロだというと
先にもあった成分を調べたからです


リョウシンJV錠とロコモプロは成分が全然違います
リョウシンJV錠はロコモプロのようなプロテオグリカンなんかは成分でありません


リョウシンJV錠の成分でポイントはフルスルチアミンという聞きなれぬ成分
なのでもフルスルチアミンは

体が疲れた時に糖質やたんぱく質、脂質とともに摂取するべきがビタミンB1

しかし食品からビタミンB1は摂取しにくいので
ビタミンB1誘導体である「フルスルチアミン」というのを開発して吸収しやすくしたのです


リョウシンJV錠は疲れから膝、肩、腰の神経痛、関節痛とのことから
何か年齢も若い人ターゲットというか私にはズレてると感じました


疲れから来る関節痛は睡眠や患部を休ませるのがいいと思いますが
仕事をしてると無理なので誤魔化そうという感じ
その即効性を目指すならやっぱり病院の診断の方がいいのではと思います


リョウシンJV錠は第3類医薬品です
一般医薬品です

第3類ですがずーっと飲み続けるのは怖いですね


ロコモプロとリョウシンJV錠はなんとなくターゲットは同じように見えます
関節痛全般
しかし個人でその関節痛だけの言葉ではなくどうしたいのか見極めるべきです


その結果が私はロコモプロだったということです


リョウシンJV錠に求めるのは即効性?でしょうか
緩和させるしなかったら?してもいつまで飲み続けるの?

ロコモプロ口コミ評価は

ロコモプロはプリテオグリカン配合のサプリで
1粒100円以下で1日2粒といわれてるのですが
私は1日1粒だけにしています


価格的には無理な価格でもなく
誰でも使えるサプリだと思います


そして止めたくなれば再購入しなければいいだけです
解約すればいいのです


➡ロコモプロ30粒こちら



ロコモプロは評価できる



自分の考えにフィットさせるかだけです

私は目と足腰に関しては年齢を重ねてもそれなりに動いてほしいと思っています
だからそこに関しては予防を含めて行動していきたいと思います


どんな年の取り方をするかです
そして行動は早ければ早い方がいい
そして基本はサプリや薬品ではなく食事や軽い運動です

ロコモプロがおすすめな方

  • 立ったり座ったりするのが億劫だ
  • 長時間歩くのが苦手だ
  • 重い荷物を持ちたくない
  • 同世代の人と歩くと遅れがちだ
  • 片脚立ちはふらつき気味
  • 長時間歩くのが苦手だ

世界は広い生き物の可能性は無限♪
渡り鳥はあの体でなぜ数千キロ飛べるのでしょうか
身近ではツバメが4月にやってきます


マグロが好きな人は多いと思いますが
生きてる間ずーっと泳いでるのですね


そのパワーの源がイミダゾールペプチド
継続的な運動に欠かせないらしいです


ロコモプロにはプロテオグリカン他にイミダゾールペプチドも配合されています
とにかく寿命がつきるその時まで自分の足で歩きたいですよね