食育アドバイザー資格を
取得するメリット

食育アドバイザーの資格をご存じでしょうか。食育アドバイザーとは、食育に関する専門知識を有することを示す民間資格です。ここでは、食育アドバイザーの資格を取得することで得られるメリットや、資格取得の方法などをご紹介します。

食に関する情報を発信できる

食育アドバイザーの資格を取得すれば、食事に関するさまざまな知識が得られます。美味しい料理を作れるようになるだけでなく、健康に役立つ食事の知識も増えます。

資格を取得すれば、豊富な知識に基づいたさまざまな情報を発信できます。近年では、自身で作った手料理の画像やレシピなどをインターネット上に公開する方も増えています。SNSで手軽に発信している方もいれば、公式サイトやホームページを開設して情報発信を続けている方も少なくありません。

食育アドバイザーの資格を持っていれば、専門家としての肩書が手に入ります。これは大きなメリットのひとつ。食育のプロフェッショナルとして情報を発信できるため、説得力が違います。

人の役に立つ有益な情報を発信し続ければ、より多くの方から注目されるようになる可能性も。活動の幅が広がり、ビジネスにつながるかもしれません。

転職が有利になる可能性

食育アドバイザーは民間資格ですが、食事に関するあらゆる知識が得られるため、資格を持っていれば就職や転職に役立つ可能性があります。資格取得までの過程でしっかりと知識を得ているため、会社によっては即戦力だと判断してくれる可能性もあります。

企業によっては、すぐにでも現場で活躍できる人材を求めているケースがあります。のんびりと新人を育てている時間がない、といった企業は意外に少なくありません。そのような企業にとって、専門的な知識を有することを示す食育アドバイザーの資格を持つ人材は魅力的に映るはず。

民間資格とはいえ、食育に関する立派な資格なので履歴書にも書けます。しかも、食育アドバイザーの資格は近年注目されている人気の資格でもあります。そうした理由から、就職や転職活動をするにあたり有利になる可能性は十分考えられます。

自身や家族の健康に役立つ

健康的な生活を送るには、生活習慣がとても大切です。睡眠や運動も大切ですが、それ以上に大事なのは食事。人間の体を作り、生命を維持するためにも食事は大切なのです。健康的な生活と食事は切り離せない関係なのを忘れてはいけません。

食育アドバイザーの資格を取得すれば、安全な食品を選ぶ知識も身につきます。そのため、自身で料理をするときも安心安全な食事を作れるのです。自分はもちろん、家族や友人の健康に役立つのはメリットです。

また、資格取得の過程で食事に関するマナーが学べるのも大きなメリット。今までまったく知らなかった食事のマナーもマスターできます。特に、お子さんがいるのなら食事のマナーを教えられるのもメリットです。

資格を取得するには

食育アドバイザーの資格を取得するもっともポピュラーな方法は、通信講座の利用です。現在では、さまざまなスクールから食育アドバイザーの資格講座が提供されています。

社会人の方だと働きながら勉強することになるため、自分のペースで学習できる通信講座がおすすめです。スクールが提供している通信講座によって、費用や受講期間などが違ってくるので、じっくり検討してみましょう。

費用に関しては、どのスクールでもそれほど大差はありません。ただ、受講期間に関しては3~6ヵ月と開きがあるので注意が必要です。少しでも早く資格を取得したいと考えているのなら、できるだけ受講期間が短いものを選ぶとよいでしょう。

また、サポート期間もチェックしてください。スクールによってサポート期間も大きく異なります。サポート期間が1年の講座もあれば、2年近い期間を設けているところもあります。

講座によっては、ネットから申し込むことで受講料が割安になることも。できるだけ安く受講したいのなら、こうしたキャンペーンを実施しているスクールを選ぶとよいかもしれません。

気になるスクールや講座を見つけたら、インターネット上の口コミもチェックしてみましょう。実際に受講した方や、資格を取得した方の意見は参考になります。できるだけたくさんの口コミに目を通してみましょう。

口コミはあくまで個人の主観なので、すべてを信じ込むのはリスクがあります。あくまで客観的にいろいろな口コミに目を通してみましょう。
食育アドバイザーの資格に興味があるのなら、下記のサイトが役に立つかもしれません。
食育アドバイザーに関するさまざまな情報を発信しており、おすすめの講座も紹介しています。
ぜひチェックしてください。

まとめ

食育アドバイザーの資格を取得すれば、自分や家族の健康にも役立ち、
就職や転職にも役立つ可能性があります。
人気の資格でもあるので、この機会にチャレンジしてみませんか?