見守ればいいといわれても、それが一番難しい。

ゲームばかりていないで、はやく動きだしてくれないかな…

学校に行っている子をみると、情けないような悔しいような、「なんでうちの子だけ…」って思っちゃう。
不登校対応について自分でいろいろ調べたけど、いままでの子育て・対応が間違ってたのかな?って落ちこむ。頭ではわかっていても、なかなかできないし…
勉強が遅れちゃうのが心配。でも、家ではなかなか勉強しないし、わたしも教えられないし。。
このまま長引いて、留年とか引きこもりになっちゃったらどうしよう。。

不登校ママにありがちな“負のスパイラル”

「不登校が続いたら、この子は将来どうなってしまうんだろう…」と不安になってしまいますよね。私も担任のときにそう思っていました。

そうすると、いつも頭がすっきり晴れず、たのしいことも楽しめず。だんだん悩みが大きくなっていきます。

なかなか動きを見せない子どもに焦り、いらだち、ついカッとなって怒鳴ってしまう。あなたは、そんなことありませんでしたか?


不登校問題をこじらせないために

わたしは心理学を学んだことで、
【心配するっていうことは、私がこの子の可能性を信じていないってことじゃん!】と気づいたんです。

あなたはいま、お子さんの将来を考えて、いろいろ悩んだり葛藤したり我慢しているかもしれません。でも、それは実は逆効果です。知らず知らずのうちに、あなたとお子さんのチカラが奪われてしまいます。

不登校の先にあるお子さんの幸せのためにも、あなたのエネルギーをかける部分をどうか間違えないでくださいね。

不登校ママ専門コーチ はらちゃん
(原 慈妙子)

NLPマスタープラクティショナー
カタリストカウンセラー
元高校教師

子どものころから
人の感情に敏感(HSC)で、

中学生の頃には友だちから
「死にたい」と相談をうけていた。
この頃から心理に興味をもつ。

国公立大学を出てすぐ
公立高校の教師になり、
5年間で1220人の生徒を指導。

部活動では全国大会入賞常連校の顧問
として、子どもたちの目標達成を
サポートしてきた。

多数の不登校事例にも関わり、
解決に向けて尽力してきた。

学校教育の枠にとらわれない
「個性にあった教育」を追究するため、
2019年、教員から個人起業家へ転身。

現在は不登校の子どもをもつ
保護者向けのサポートに力を入れ、

心理学に基づいた
ストレスのかからない子育てを伝える。

学校・教育現場からのオファーで、
不登校対応研修の講師としても登壇。

起業家向けにも心理学や
夢実現ツールの「宝地図」を伝える
セミナーを行うほか、

某大手研修会社からオファーを受け、
認定カウンセラーとして
主婦や会社員から経営者・芸能人まで
幅広く相談にのっている。

大人も子どもも個性を生かして
協力し合える社会にしていくために、
保護者や教員向けの心理学講座も準備中。

お客様の声

中2のお子さんが不登校のお母さん

1年くらいぶりに娘が自分から学校に行きました。私はそのことに関して何も言ってなくて、制服を着れるようにしたぐらいですね。

とにかくニコニコと明るいはらちゃん先生は、話をしているだけで癒されます。そして多分、コーチとしての知識や経験に基づいて、「自分のやり方」ではなく「子供と親の性格や状況」に基づいてセッションをしてくれているように感じます。学校に行ってる行ってないではなく「不登校」という出来事によって親も子供も成長できるように導いてくれます。

小6のお子さんが不登校のお母さん

最近、うちの子は…土曜日、月曜日、水曜日と朝練から放課後の部活まで学校へ行ける様になりました

子供に対してわかりやすく説明出来る事を色々なカタチを通して教えてくれて、それを子供に話して親子の関係が更に良くなりました。原ちゃん先生はとってもお話をよーく聞いてくれて凄くわかりやすく、何の話をしてもストンと気持ちが落ち着きました。


悩みを全て聞いてもらえて、どの様にしたら気持ちがスッキリするか、その改善策などあらゆる角度からサポートしてもらい方におすすめです。

小4のお子さんが不登校のお母さん

息子は、担任の先生が来てくれた時に図工の粘土作品を見せるようになりました。私は、自分と子どもの課題を以前よりすんなりと分けて見れるようになった気がします。イライラしたたきでも、子どものことを「あ、大丈夫だ」とおもってみられるようになりました。

このプログラムは、とにかく子どもを学校にいかせる手段を知りたい人よりは、お母さん自身がどうしたらいいかわからない、気持ちがふさぎ込んでいるという人にむいていると思います。

不登校問題を解決する3ステップ

STEP

1

悩みを生みだしている「思いこみ」に気づく

子どもが不登校なのに、「悩んでいない」お母さんもいますよね。悩みの本質がどこにあるのかを深掘りするからこそ、解決への時間短縮ができます。

STEP

子どもと自分を“正しく”観察する

あなたは、お子さんのよくないところ、周りと比べて遅れているところばかりを見てしまっていませんか?お母さんがお子さんをのどこを見るかによって、お子さんに変化が起こってきます。時間が解決してくれるのを待っているだけでなく、できることからはじめていきましょう。

STEP

その子の資質に合わせたアプローチをする

本やネットの記事に書いてあるアドバイス通りにしても、変化がなかったり逆効果だったりしませんか?ひとくちに不登校といっても、状況やお子さんの性格はみんなちがいます。お子さんの才能を伸ばすためにも、個別に相談できる環境を用意しましょう。

STEP

1

悩みを生みだしている「思いこみ」に気づく

子どもが不登校なのに、「悩んでいない」お母さんもいますよね。悩みの本質がどこにあるのかを深掘りするからこそ、解決への時間短縮ができます。

まずは無料カウンセリングで、今後の作戦をたてましょう!

【毎月5名様限定
個別Zoom体験カウンセリング
(通常1時間2万円無料

お申し込みの流れ

①下の緑色の申し込みボタンからフォームに入力する。

②いただいたメールアドレスにお返事します。

③個別に日時などのご相談をしましょう。

※朝7時から夜23時までカウンセリングの対応が可能です。まずはお気軽にお申込みくださいね。

初回個別相談のご感想

私のように先生に対して不満を抱えてる人でも、とてもお話しやすく、安心感が持てたのと、本気で向き合ってくれそうだなと思えました。

私に足りないことに気づけたのと、今後のイメージが掴めました。沢山のヒントありがとうございました。

なにかすぅーっと心が軽くなっていったのを感じました。

1時間という短い時間と通話だけという条件で、言葉だけで的確に事柄を説明してくれた技量も素晴らしいと思いました。

正直何を相談したら良いか考えがまとまらない中で受けさせて貰いましたが、終わってみると勇気をだして受けてホントに良かったなと思いました。

話していく中で、心の片隅にいつもちょっとだけ引っかかっていた事に気付く事ができて、多分ヒアリングを受けなければ、気付いてながらも解決する事柄でもないとスルーして終わっていたんではないかと思います。