なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

リトルベビーハンドブックってどんなもの?


小さく産まれた赤ちゃんと両親に寄り添った母子手帳サブブック

小さく産まれた赤ちゃんの場合、身体的成長や運動発育が正期産の赤ちゃんと比べて遅れることが多い為、
月齢ごとに標準的な成長・発達を確認する母子手帳では記録できない項目もあり、ママは心理的負担を感じています。

そこで
当事者のお母さんや医療機関・行政機関が
一緒になって作ったのが
小さく産まれた赤ちゃんとその両親に寄り添った

リトルベビーハンドブック

2018年に初めて静岡県で制作され、その輪はどんどん全国に広がっています。



どんなことが書けるんだろう
~リトルベビーハンドブックをのぞいてみよう~

小さく産まれた赤ちゃんの「できるようになったこと」を月齢単位ではなく「日付」で記載。
その子なりの成長を記載できるように作られています。
ページ下部には、小さく産まれた赤ちゃんの先輩パパ・ママからのメッセージが添えられています。
「自分だけじゃないんだ」「うちの子も大きくなれるんだ」と勇気をもらえる言葉が沢山詰まっています
小さく産まれた赤ちゃんの成長曲線ページや、入院中の様子を記載できるページもあり、産まれたその日からわが子の成長が記録できる仕様になっています。
小さく産まれた赤ちゃんの成長曲線ページや、入院中の様子を記載できるページもあり、産まれたその日からわが子の成長が記録できる仕様になっています。

手帳を利用したパパ・ママの声


  • 先輩ママのメッセージに勇気をもらった
  • できるようになったことを記録できるのが嬉しい
  • 成長曲線にわが子の成長を記載することができて嬉しかった
  • 同じ境遇のお母さん達と出会うきっかけになった
  • 母子手帳に欄がなくて書けなかったことをハンドブックに記載できて嬉しかった
  • 母子手帳に欄がなくて書けなかったことをハンドブックに記載できて嬉しかった