「伝える」より「伝わる」を考える

Literraceとは

MISSION
学びをわくわくさせる

VISION
「生きる力」を持ったわかものが
あふれる世の中をつくる
学生団体 リテラスは
メディアリテラシー・社会教育・地方創生の3つの視点から
課題を発見・解決する能力の芽を育むため
関東圏の大学生が企画・運営しています

主な活動である「映像ディレクターキャンプ」は、
高校生・大学生を対象に、全国各地で年に2回開催しています

映像ディレクターキャンプとは


メディアリテラシーの普及

映像制作を通して
正しい情報を
受信・発信していく
力を育てます。

「生きる力」を備えた
学生の育成
主体的に
問題発見・問題解決を
行なうための
環境をつくります。

地域の情報発信

地域資源を再認識し
地域が持つ魅力や課題を
外部に向けて発信
していきます。

地域の情報発信

地域資源を再認識し
地域が持つ魅力や課題を
外部に向けて発信
していきます。
映像ディレクターキャンプは、学生が地域の魅力や課題を探り、
「どうやったら伝わるか」を考え抜きながらドキュメンタリーを制作する、短期集中合宿です。 インプット(メディアリテラシー講義・技術講習など)とアウトプット(取材・撮影・編集など)を
組み合わせた独自のコンテンツにより、参加者の学びの最大化を目指しています。

参加対象:大学生・高校生 
参加人数:18名程度   
開催場所:静岡県静岡市  
      宿泊場所:株式会社サン 研修センター 
  参加費:大学生 20,000円 
       高校生 10,000円
アドバイザー:下村健一      
運営体制

〈プロジェクト代表〉
野田 涼平  (慶應義塾大学 1年)

〈プロジェクト副代表〉
野中 魁土  (神奈川大学  1年)

〈プロジェクトメンバー〉
浅上 あゆみ (慶應義塾大学 4年)
東 律樹   (慶應義塾大学 4年)
前田 さつき (慶應義塾大学 2年)
吉岡 莉帆  (創価大学   1年)
朝比奈 賢汰 (玉川大学   1年)

プログラム

企画
映像ディレクターキャンプでは、映像制作の全行程を4日間で行います。初日は、撮影技術講習などを経て、ロケーションハンティングと呼ばれる取材先の下見に行きます。
その後、グループごとに「何を伝えたいか」を話し合い、翌日の撮影の準備をします。
撮影
2日目は、取材先に行き、インタビューを行います。その後、素材整理をし、翌日の編集作業に向けた映像編集講習を受けます。
映像編集講習では、実際に簡単な動画を作りながら、編集ソフトの使い方を学んでいきます。
構成
2日目の夜から3日目の昼頃にかけて構成を行います。「どうやったら伝わるか」を考えぬきながら、「伝える」ではなく「伝わる」動画を作っていきます。
編集
構成がある程度完成したら、編集の作業に入っていきます。動画の切り貼りだけでなく、テロップやエフェクトも駆使して動画を作ります。
上映
最終日は、いよいよ上映会です。4日間で作った作品を、地域の方に向けて発表します。上映会では、コメンテーターからの手厚いフィードバックがあり、さらなるスキル向上に役立ちます。
撮影
2日目は、取材先に行き、インタビューを行います。その後、素材整理をし、翌日の編集作業に向けた映像編集講習を受けます。
映像編集講習では、実際に簡単な動画を作りながら、編集ソフトの使い方を学んでいきます。
参加申し込み

よくあるご質問

映像制作の知識や経験がないのですが、大丈夫ですか?
大丈夫です。参加にあたって映像制作の知識や経験、スキルは問いません。
一部出席できない日があるのですが、大丈夫ですか?
全コンテンツへの出席が参加の条件となっているため、ご参加いただけません。