Lisk(リスク)とは?

2016年5月に公開さた比較的新しい仮想通貨になります。
他の通貨と大きく違うところが以下の2点となっており、注目度の高い通貨となっています。
・開発言語にJavaScriptを使用
・サイドチェーンを用いたスマートコントラクト
Lisk
開発者から見たLiskの優位性
様々な仮想通貨があるなか、なぜLiskに優位性があるのかを開発者の視点から説明していきたいと思います。

Liskは分散型アプリケーション上にブロックチェーンを用意するサイドチェーンを採用しているということがまず第一に挙げられます。
問題が起きた場合に、ハードフォークといわれる分裂を避けることができる点はシステムという観点からは優れていると感じます。

なぜ優れているのかというと問題があった場合に分裂を繰り返す通貨とそうでない通貨はどちらが良いでしょうか?
ユーザーにとっては脅威がある度に分裂を繰り返す通貨よりも信頼性が高く、安心感があります。
ユーザー視点を取り入れた仮想通貨であると言えます。

普及させるための観点
大きく注目している点は、javascriptというプログラミング言語で開発されているということです。

一般的なユーザーにとってはプログラミング言語によってどんな違いがあり、どんなメリット・デメリットがあるのかはなかなか分からないとは思いますが、開発者にとってはこの言語選択というのが普及へのチケットだと考える点でもあります。

プログラミング言語というのはマイナーなものからメジャーなものまで存在し、もちろんメジャーな言語の方が使える方が多くなります。

多かったらどうなるのか?ということなんですが、Liskという仮想通貨の開発に関われる方が多く存在するということは、開発スピードが上がり、問題への対処や便利なサービスが追加される可能性が高くなります。

2018年にはSDKと呼ばれる、ユーザーがLisk上で稼動するアプリケーションを自由に開発するための開発ツールが配布される予定です。

普及
ブロックチェーン技術で解決できる問題
問題解決
開発者としては仮想通貨で解決できることも増えてくると考えます。

例えば、音楽CDというのは売れなくなってからしばらく経ちますが、仮に聞いた時間分が作者に支払われるということになれば、どうでしょう?

仮想通貨は1円以下の金額を取り扱うことができます。
仮に1秒0.01円で販売できるとなればファンの方は買い切りのCDを買い、いきなり買うにはハードルが高い方は、聞いた分を応援するという形で支払うことができます。

他のことにも当てはまりますが、購入という初回のハードルを下げることができ、結果、良いものは売れる機会が増えるということに繋がると考えています。

未来への投資
どうでしょうか?
仮想通貨という世界で統一された通貨が普及し、紙幣というものが過去の産物になっていく未来が少しは見えたでしょうか?

もう海外へ行くのに現地の通貨に換金するということさえなくなっていくのです。
日本は2020年に東京オリンピックを控えていますが、仮想通貨が当たり前のように使えるインフラを準備することで、どの国よりも将来を見据えているというアピールになると思います。

既にこういったものも出てきているので、現実に普及していくことは間違いないでしょう。
「仮想通貨をその場で瞬時に両替!「仮想通貨自動両替機」登場」

あなたもひと足早く未来へ投資してみませんか?
LiskはbitFlyer(ビットフライヤー)という取引所にて取り扱われています。

SNS