なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

【警告】
そのLINEは女性に
送らないでください
あなたは今のままでは
女子に嫌われるLINE
送ってしまい

イタイ勘違い野郎として
陰で悪口を言われることに
なります

・彼女にLINEを送っても
素っ気ない返信しか来ない・・・

・突然好きな女の子から
LINEを既読スルーされて不安・・・

・元カノと復縁したいのに、

デートを断られてばっかり・・・

・結局、ブサイクな自分は
何をやっても無理なのかなぁ・・・

・あいつはイケメンでモテるから
いいなぁ・・・


あなたの心の声は
こんな風に語りかけてきませんか?


今回の第2回目のプログラムでは
前回約束した、

好きな女の子に既読スルーされる男子が
はめられている3つの落とし穴
を詳しくお伝えしていきます。

なぜあなたは女の子に
既読スルーされたのか

そこには明確な原因があるのです。


今のまま、既読スルーされたり
素っ気ない返信しかもらえない原因を
知らないままだと、

彼女から「この人と付き合ってても

意味ないんじゃないか」と思われる

あなたの好きなあの子から
「めんどくさいな・・・」と思われ
避けられてしまう

元カノと復縁したいのに、
「ごめん、もう新しい彼氏できたから
LINEしてこないで」と言われる

このような、考えたくもない
悲惨な未来があなたを待ち受けています。



少し立ち止まって、想像してみてください。

「もう無理だ、完全に嫌われた・・・」

「ブサイクな自分は、しょせん
頑張っても無駄だったんだよ・・・」

「俺はあの子に
釣り合ってなかったんだよ・・・」


無視される原因を明確にしておかないと、
そう心の中で小さなあなたが
「苦しい・・・」と声をあげるのです。

しかし、あなたは本心では
こう思っているはずです。

いやだ!
あの子を諦めたくない!

「本当は、大好きなあの子を
自分の彼女にしたい・・・!」

「でも、これ以上頑張ったって
さらに嫌われるだけだし・・・」

「ストーカー扱いされて
キモがられるだろうし・・・」

「でも本当は諦めたくないのにな・・・」

「もう、どうしようもないよな・・・」


そう言い聞かせながら、
大好きなあの子への想いを押し殺し、

その子が他の男に奪われて
2人で手を繋ぎながら楽しそうに
話しているのを

指をくわえて
見ているしかない負け犬

にあなたは
なってしまうかもしれません。


失恋して、
好きな女を他の男にとられて
苦しいはずなのに、

「俺にはしょせん無理だったのさ」
と、悟ったように自分に言い聞かせる。


虚しいですよね・・・


そうしている間にも、
彼女の唇も、心も、体も、
ぜんぶぜんぶ他の男に
独り占めにされているんです。

これじゃただの負け犬です

一体全体、
何を間違えてしまったのでしょうか?


この間違いを、全部教えていきます。

世の中の男性の9割が知らない
嘘・常識・洗脳の存在を暴露していきます。


心して、慎重に読み進めてください。

あなたを
女子から無視される
残念男子に貶める3つの罠

あなたがうまくいかないのは
全てこの3つの落とし穴
はまっているせいなのです。

今からそのすべてを暴いていきます・・・

①女子とLINEするときの
隠れたルールを知らない

あなたが女の子から
素っ気ない返信、既読スルーを
されてしまう1つ目の落とし穴は

「女子とLINEするときの隠れルール」

を知らないということです。


「どういうこと?」というあなたに
詳しく説明していきますね。


まず、女性から好かれるLINEには
「絶対に守るべきルール」があります。

それはズバリ、

こちらの好感度を
女性の好感度以下に見せる

というルールです。

これは、例えば
女の子があなたのことを

「友達くらいの親しさかな~」
と思っていたとしたら、
あなたがその子とLINEするときは

「友達か知り合いくらいの親しさで
LINEするべき」

ということです。


なぜなら、

女性はまだ好きでもない男性から
好意を見せられると、
逃げたくなってしまうから

です。


女性は、自分が既に
「この人は魅力的だな」と感じている
男性から好かれるのは嬉しいんですが、

自分がまだ魅力を感じていない
男性から好意を見せられると

「このまま告白されても困るし、
もうこの人とはLINEしないようにしよう」
と、逃げたくなる心理が
はたらくんですね。


あなたが好きな子から
LINEを既読スルーされたり、
素っ気ない返信しか来ないとしたら、

この「逃げたくなる」
という女性の心理が、
原因になっているんです。

逆に、
LINEで女の子から好かれる男は、
このことをよく分かっています。

彼らは、好きな子にLINEするとき、
なるべくこちらの好意が
バレないようにしながらLINEする

という技術を、ものすご~~く
上手く使っているんですね。


だから、最初は普通に
LINEしていただけだったのに、

気が付いたら女性から
デートに誘われたり、
告白されたりしてしまうわけです。


昨日見せた僕のLINEの
トーク履歴を思い出してください。

途中から相手の子の態度が
ガラッと変わって、
向こうから「今度連れてって~!」
と言ってきたり、

突然電話がかかって来るように
なってましたよね?


こんなことが起こったのも、
なるべくこちらの好意が
バレないようにしながらLINEする
というルールを使ったからなんです。

もちろん、これ以外にも
使ったテクニックはいくつも
ありますが、

たったこれだけのことで、
女の子の反応はかなり激変します。

しかし、好きな子に既読スルー
されてしまう男性は、大体

LINEで好意がもろバレ

してしまっているんです。


例えば、
LINEの文章が女性よりも明らかに長い

返信ペースが女性よりも早い

やたら女性を褒める

などの、好きだからこそ
ついつい男がやってしまいがちな行動
が原因で、

直接「好きだ!」と言ってないのに
好きなのが丸わかりになって、
女の子に敬遠されてしまう・・・


こういうミスをしてしまう男子が
本当に多いんですね。


ですが、あなたがこの隠れたルール
知らなかったのも無理はありません。

なぜなら、このルールをひた隠しにし、
あなたに間違った常識を植え付ける
最悪の敵がいるからなんです・・・

②イケメンが得をするように
作られた”ニセ常識”

さらに、あなたを残念男子に貶める
2つ目の罠が、イケメンに都合の
いいように作られた
「ニセ常識」の存在です。


あなたは、元から顔がかっこよくて
何もしなくても女の子にモテている
イケメンたちに、
都合よく踊らされているんです。


「LINEしてないと、あの子に
忘れられる!」

「好きな子とLINE交換したら
マメに連絡するべきだ!」

「LINEが長く続けば続くほど
仲良くなれる!」


これらの常識って、
一体どうやってできたのでしょうか?

少し考えてみてください。

こういうことをあたかも
当然のように言ってる人たちって、
実は決まって

そこそこモテている
イケメンたちばかり

なんです。

彼らは、元から顔がかっこいいので
普通にしてても女の子から
ある程度好かれてしまいます。

だから、マメに連絡したら女の子は喜ぶし
「○○さんてかわいいよね」などの
あからさまなLINEを送っても、
成功する確率が高い。

そして今度は、それを周りの人たちに
「俺はこうやって彼女ができたよ」
という、体験談として話します。

すると、それを聞いた周りの
男子たちは、

「なるほど、、、
マメに連絡すれば女の子は喜ぶのか」

「LINEは続けば続くほどいいのか」

こう考え、そのイケメンがやったことを
無意識のうちに真似して、

いきなり相手に好意を見せたり
無理にデートの誘いのLINEを
送ってしまうんです。


当然、それを真似してうまくいくのは
すでに女の子から好かれている
イケメンだけ。

ほぼ9割以上の、普通の男子たちは
既読スルーされたりフラれる結果に
なってしまいます。

③イケメン=モテる
ブサイク=モテない
という洗脳教育

そしてこれが、
あなたを残念男子に貶める最後の罠です。

あなたは、イケメンが作った
ニセ常識に騙され、無意識のうちに
洗脳されてしまっています。


さっきもお話したように、
ニセ常識に沿って行動しても
うまくいくのはイケメンだけなんです。


すると失敗した男子たちは、

「なんでうまくいかねーんだよ!」

「しょせん、自分みたいな奴には
無理だったんだ・・・」

と自信を無くし、
より一層モテなくなって
しまうんです。


その一方で、可愛い彼女を作って
自信を付けたイケメンたちは、
さらに魅力がアップして
モテるようになっていく・・・

まとめると、こんな感じです。

このイケメンだけが得をするサイクル
によって、あなたの脳には

イケメン=モテる
ブサイク=モテない

という強力な洗脳が
かかってしまっているんです。


これを何とかしないと、
あなたはいつまでも自分に自信が持てず

どこか女の子に対して及び腰な
アプローチをすることになるので、

・LINEはガンガンするくせに
実際に会った時は全然話しかけない

・LINEでデートに誘ったくせに
会った時はタジタジ

・LINEではハイテンションなのに
会った時は大人しくてギャップがある

こういう状態になり、
女の子から「キモい」と思われて
引かれてしまうんです。


女の子は、男子の
「自信ないくせにLINEだとガンガン来る」
という態度を、めちゃくちゃ嫌いますからね。


「好かれたい」と思って
女の子にLINEを送ったのに、

「この人、めんどくさいな」

「うわ、キモっ!」

なんて女の子に思われて、
あなたは悔しくないんですか?


このままではいつまでたっても、

・あなたの好きな女の子も
・あなたの大好きな彼女も
・よりを戻したい元カノも

あなたに夢中にさせることができずに、

好きな女を他の男に
奪われるばかりの負け犬

こんな状態でいることしか、
あなたはできなくなってしまいます。


「自分には無理だったんだよ」

と悟りを開いて、悔しい気持ちを
押し殺すことしかできない・・・

そんな人生を望んでいるんですか?


違いますよね。

できることなら、大好きな彼女と
2人で手を繋いで、ラブラブなデートが
したいですよね。

可愛い彼女とのツーショット写真を
インスタグラムにアップして、

「リア充め!!」
「羨ましい!!」

と周りの友達に言わせたいですよね。

彼女の家でおうちデートして
雰囲気がよくなったところで
彼女とキスしたり、

ベッドに押し倒して、
裸になった彼女との熱いセックス
たっぷり味わいたいですよね。


可愛い彼女の、真っ白でスベスベな肌、
プルンとした唇におっぱい、
あなただけに聞かせる喘ぎ声・・・

すべて独り占めにしたい

そんな風に強く願っているはずです。

それならば、僕についてきてください。
僕があなたに、その理想を実現させます。

これは僕とあなたの約束です。

なぜ、僕があなたに
こんなに強く約束できるのか・・・

それを今からあなたに
包み隠さず、お伝えしていきましょう。

ジャブで女性の心を開き
ストレートで落とす
LINEの法則

「LINEの法則?」
「何それ?」

と思っていると思いますので、
今から教えていきます。


昨日も話しましたが、

LINEするたびに女性から好かれる男は
2種類のLINEを使いこなして、
女心を虜にしているんです。

その2種類のLINEとは・・・

・心を開くジャブのLINE
・心を揺さぶるストレートのLINE

この2つです。


これから僕があなたにお伝えしていく
LINEの法則というのは、
この2種類のLINEを使い分けることで

「女性が男性を好きになるときの心理」
を刺激し、あなたへの好意を上げる
というものなんです。

LINEの法則を使えば
誰でも女性を依存レベルで
惚れさせることができる

「え・・・嘘でしょ・・・?」

そう言いたくなるのもわかります。

だって、これを知らないと、
あなたは好きな女の子に
LINEで好かれることが
一切不可能になるということですから。


昨日もお伝えした通り、
このLINEの法則は
一般には知られていないため

常識的に考えれば
「いやいや、絶対ありえないだろ(笑)」
と思ってしまうような結果を
出せるものなんです。


僕が昨日お見せした、
後輩女子とのLINEのトーク履歴が
その証拠です。

僕のもとに来てくれたあなたには
今から、そのありえない法則の真実を
お伝えしていきます。

女性の心を開く
ジャブのLINE

まずは、2種類のLINEについて
詳しくお話しますね。


例えば、あなたが普段女の子に
送っている

「今日は何してたの?」

「そういえば、○○さんて
どこ住んでるの?」

「お疲れ!部活どうだった??」

といったLINEは、
女の子と仲良くなってあなたに心を
開いてもらうための、

ボクシングで言う「ジャブ」
役割を果たすLINEです。

共通の話題や、質問、共感をしながら
女の子のガードを少しづつ崩し、
あなたへの好感度を上げていくのです。

また、このジャブのLINEには
「既に好かれている女の子の好意が
下がらないようにキープしておく」
という効果もあります。

既に付き合っている彼女や
仲のいい女友だちに対して送ることで
相手の好意を高いまま保つことができます。


でも、それだけだとある程度
女の子と仲良くなれたとしても
「友達止まり」になってしまいますよね。

女の子と仲良くはなれるんだけど、
告白するとなぜか上手くいかない。

「友達でいよう・・・」と言われる。

このような、「いい人」で
終わってしまう男性
このジャブのLINEや会話しか
使えてない状態と言えます。

女性の心を揺さぶる
ストレートのLINE

ここで、2種類のLINEのもう一つ、
ストレートのLINEが生きてくるんです。

ストレートのLINEは例えば、

「好きです!」と告白したり

「今度映画見に行こう」と
デートに誘ったり

「お前って、意外とかわいいとこ
あるよな(笑)」とちょっと
からかってみたり

女性の感情を揺さぶる
ジャブよりも一歩踏み込んだ内容の
LINEです。


このストレートのLINEを
正しく扱えるようになると、
途端に女の子の反応が
ガラリと変わります。

今までずっと敬語でなんだか距離を
感じていた女の子に使うと
いきなりタメ語を使ってきたり、

急に顔文字や絵文字を使ってきて
積極的にLINEしてきて
くれるようになります。

昨日の、僕に告白してくれた
後輩女子とのLINEで
途端に相手の態度が変わったのも、

このストレートのLINEを
正しく使ったからこそなんです。


つまり、女の子を落とすのが
うまい人というのは、

ジャブのLINEで女の子の心を開き
ストレートのLINEで一気に感情を
揺さぶって、

好きにさせる技術が上手い人、
ということになります。

LINEのせいで
フラれる男の特徴
しかし、反対にLINEで好きな子に
無視されてしまったり、

徐々に女の子の好意を下げてしまい
最終的には嫌われたり
フラれてしまう男性は、
大して面白くもない、
下手なジャブのLINEを送ってしまって
女性の好意を下げたり

まだ相手のガードを崩せていないのに
いきなりストレートのLINEを送って
ガードされてしまったり

せっかくジャブで仲良くなったのに
ストレートの打ち方が下手なせいで
いつまでも彼女にすることができなかったり
こんな風に、
ジャブのLINEとストレートのLINEを
しっかりと使い分けられていなかったり

下手なLINEを送ってしまい、

逆に好意を下げてしまうんです。


それもそのはず。

なぜならそういう男子は
「女の子を落とすために
LINEしている」のではなく、

自分が女性に
忘れられないために
LINEしている

からなのです。
あなたも心当たりはないですか?


一度胸に手を当てて、
よく考えてみてください。


「このままLINEしないで
あの子に忘れられたらどうしよう」


「彼女、今何してるんだろう?
他の男と遊んでたりしないよな・・・」


「こうしている間にも、他の男に
あの子を奪われたらどうしよう・・・」

という具合に、

自分の気持ちを抑えきれず
ついLINEしてしまう

こういう状態になってしまっては
いないでしょうか?


あなたがこんな状態でいる限り、
絶対に女の子はあなたに魅力を
感じることはありません。


ですが、それもこれもさっき説明した

①LINEの隠れルールを知らない

②イケメンに都合のいいように作られた
 ニセ常識


③イケメン=モテる・ブサイク=モテない

 という洗脳教育


これら3つの落とし穴のせいで、

あなたは自分に自信が持てなくなり

相手の女性に目を
向けられなくなっているだけなんです。

では、どうしたらこの
3つの罠を避けて

好きな女の子にLINEで告白される
夢のような理想に近付けるのか。


そんな方法があったら
知りたいですよね?

大丈夫です。
ちゃんとあなたでもできるように
僕があなたに一つ一つ教えていきます。

例え嫌われてしまった
女の子が相手でも、

LINEで逆転して
好かれてしまう法則

この法則を使って、僕は元々

「絶対彼氏にすることはないって
思ってた(笑)」

と言われた後輩女子のことを
好きにさせ、彼女にしました。


この法則を知らないままだったら
僕は今でも彼女いない歴=年齢で
好きな人を諦める事しかできない
哀れな負け犬になっていたでしょう。

法則を知った人=勝ち組
法則を無視した人=負け犬

なのです。

今、この法則を

「ありえないっしょ(笑)」
「めんどくさいな・・・」

とバカにして、後で悔しい思いをするのか、

半信半疑ながら信じてみて
後で「知ってよかった」と思うのか。

これを選ぶのはあなた自身です。

疑って試すこともせず
フラれる

半信半疑で試してみて
好きな子を彼女にする
どっちを選びますか?
あなたが

「好きな子を彼女にする」
「彼女ともっと仲良くなる」

「元カノを振り向かせ、復縁する」

という選択肢をとると決めたのならば、


必ず明日からの講義も最後まで逃さずに
読み通してください。


僕は、僕を信じてくれるなら
あなたを全力でサポートしたいのです。

正直なことを言うと
「日本中の恋愛で悩んでいる男性
全員を救いたい」なんて、
微塵も思っていません。

あなただけを救いたい

これが僕の思いです。

なぜなら、ここまでしっかりと読み進め、
半信半疑でも僕を信じて
ついてきてくれるなら

僕はそれに応えたいと思うからです。


なので、くれぐれも他の友達には
秘密にしながら、最後の最後まで
しっかりと講義に参加してくださいね!

次回は、

一度嫌われた女の子を
LINEで好きにさせ
告白させた法則

これを、僕自身がどうやって
好きな子に使って、彼女にしたのか。

僕自身のストーリーと交えて
お話していきます。


このノンフィクションストーリーの
中には、たとえ元々嫌われてしまった
女の子が相手でも、

LINEで逆転して好かれてしまう
ヒントが散りばめられています。

このヒントを
手に入れられるかどうかが、
あなたの今後の人生に大きく
響いてきます。


もちろん、人の成功体験を
見ることで、あなた自身の
モチベーションも高められるはずです。

必ず読んでください!

まだページを
閉じないでください!
前回お伝えした通り、
このプログラムではあなたの
恋愛脳を鍛えて、

女性心理を見抜けるように
なるための、
恋愛脳強化ワーク
をやってもらいます。


これに欠かさず取り組むことで、
女の子が考えていることを
察して見抜けるようになり

「女心を丸裸に出来るモテ男」
になることができるのです。


今回は、

①モテないせいで、悔しい思いをしたこと
②モテるようになれば待ってると思う未来

を僕に直接LINEで送って下さい。


※まだ僕の公式LINE@を
友達追加してない方も、

下のボタンをクリックして
LINEを友達追加し、
ワークを送って下さい!
【回答例】

①好きだった女の子を知らない男に奪われました。悔しいけど自分に自信もなく、諦めるしかありませんでした。

②モテるようになれば、好きな子を諦めずに彼女にできると思います。彼女と楽しくデートしたり、二人でいっぱい楽しい時間を過ごせると思います。
実際どんなに些細な事でも
アウトプットできる人は
本当に成長が早いです。

そして、好きな人を振り向かせ
彼女にしてしまう人たちも、
例外なく、そういう人たちです。


「めんどくさいわ・・・」
「こんなの意味ないでしょ・・・」

そう言って、結局行動を起こさない人と

何も言わずに素直にアウトプットできる
そんな人とでは、
結果が後で断然違ってきます。


あなたが女心を理解できるように
なるために必要なことですから、
真剣に取り組んでください。

今回も最後まで読んでくださって
本当にありがとうございました。

PS.

まだ第一回目のカリキュラムを
見ていない方は、今すぐ下の画像を
タップして確認してみてください。

↓↓↓