今話題のLINE広告!
【無料】で
媒体審査を診断します!!

日本人の約半数が利用しているLINEに広告出稿が可能!!
競合がリーチ出来ないユーザーにリーチできるLINEad!
無料診断
受付中!

こんなお悩みありませんか?

  • もっとWebからの売り上げをあげたい
  • 従来と違う、新たなターゲット層から売上を立てたい
  • 低単価での獲得を増やしたい
  • Web広告全体の費用対効果を良くしたい。
  • まだやっている企業が少ない最新の広告にチャレンジしたい
  • 集客がうまくいかない
  • 集客がうまくいかない

なぜLINE広告がすごいのか!?
3つの特徴をご紹介

LINEのユーザー数は国内で約6,800万人に上ります。これは日本人の約半数がLINEを利用しているということです。LINE広告は月間8,400万人が利用するコミュニケーションアプリ「LINE」に広告を出稿するための広告配信プラットフォームです。

しかも月間のアクティブ数(1ヶ月の間に1度でも利用した会員の割合)は、96.6%と圧倒的な数字です(Facebookは56.1%、Twitterは70.2%)。
これは、LINEに幽霊ユーザーが少なく、広告を出したら実際に見てもらえる確率が非常に高いことを意味しています。

そのように多くの人が利用しているLINEですが、広告媒体としてはまだ新しく、本格的に使っている企業は多くありません。
今LINE広告を使っている企業は、この状態を利用して、競合がリーチする前にLINE上の顧客を好きなだけ獲得できている状態なのです。まさに先行者利益です。

つまりまだ競合が少なく、今なら低単価で顧客を獲得することが可能です。
同じ広告費でも、LINE広告を使うことで獲得件数を伸ばし、売上がアップすることが期待できます。
その
1
圧倒的なリーチ力
もっともリーチできる人数が多いのがTimelineへの配信です。LINEはSNS利用者中81.3%という高い利用率を誇り、幅広い年齢層に利用されており、他媒体ではリーチが難しいユーザー層へのアプローチも可能。また、毎日LINEを使うユーザーの割合は86%と「アクティブ率の高さ」も特長です!また、Timelineユーザーの約3割は他のSNS広告でカバーされておらず、LINEでしかリーチできないユーザーと考えられるため、新規顧客層の獲得に非常に効果的です。
その
精度の高いターゲティング
購入意欲が高いユーザーにリーチできる。過去に購買に至ったユーザーに類似したオーディエンスを作成することもでき、効率的な広告配信ができます。またLINE NEWSはトレンドを含んだニュースを多く配信しているため、自分からあまりニュースを探しに行かないような情報リテラシーが高くない若い世代を中心に支持されています。

全体的な傾向としては、Timelineよりユーザーの年齢層は上です。また職業は会社員が最多で約40%を占め、移動中や休憩時間などの空き時間の利用が多いというデータもあります。
LINE NEWSユーザーの傾向として全体的に購入意欲が高めであり、新製品の情報と相性が良いといわれます。

LINE上だけでなく、LINE Ads Platformを通して、1,000を超える掲載メディアを持つネイティブアドネットワーク「Hike Network」への広告配信も可能です。
Hike Networkは、ユーザーにとって美しく見栄えのよい体裁で、魅力的なコンテンツとして広告を配信することで、結果として際立った広告効果が期待できる広告媒体として人気です。
Hike Networkの閲覧ユーザー年齢層は比較的高く、出稿されている広告の業種も多岐に渡っています。
その
目的別の配信メニュー
・ウェブサイトへのアクセス
・ウェブサイトコンバージョン
・アプリのインストール
・アプリのエンゲージメント
・LINEの友だち追加
認知拡大やユーザー獲得、友だち増加など幅広いマーケティング目的にそって広告配信が可能です。
その
精度の高いターゲティング
購入意欲が高いユーザーにリーチできる。過去に購買に至ったユーザーに類似したオーディエンスを作成することもでき、効率的な広告配信ができます。またLINE NEWSはトレンドを含んだニュースを多く配信しているため、自分からあまりニュースを探しに行かないような情報リテラシーが高くない若い世代を中心に支持されています。

全体的な傾向としては、Timelineよりユーザーの年齢層は上です。また職業は会社員が最多で約40%を占め、移動中や休憩時間などの空き時間の利用が多いというデータもあります。
LINE NEWSユーザーの傾向として全体的に購入意欲が高めであり、新製品の情報と相性が良いといわれます。

LINE上だけでなく、LINE Ads Platformを通して、1,000を超える掲載メディアを持つネイティブアドネットワーク「Hike Network」への広告配信も可能です。
Hike Networkは、ユーザーにとって美しく見栄えのよい体裁で、魅力的なコンテンツとして広告を配信することで、結果として際立った広告効果が期待できる広告媒体として人気です。
Hike Networkの閲覧ユーザー年齢層は比較的高く、出稿されている広告の業種も多岐に渡っています。

但し、LINE社の商材可否審査に通らないと配信できません。
【特別オファー】
リスティングプラスが無料で媒体審査可否の代行をします。

LINE広告はこんな方におすすめです。

  • リスティング広告、Facebook広告など既に行っている方
  • snsを活用していきたい企業
  • LINE@、公式アカウントお持ちの方
  • LINE@、公式アカウントお持ちの方

広告配信面

画像引用元:https://www.linebiz.com/jp/service/line-ads/

事例紹介

食品ECサイト
2年前からLINE広告をやりたかったのですが、LINE広告の商材審査に通らず、あきらめていました。ある日、LINE広告の審査基準の緩和がされたとリスティングプラスさんからご連絡をもらい、再度掲載可否をだした所、審査に通り念願のLINE広告を配信することが出来てます。成果も順調で今後の拡大が楽しみです。
化粧品
商材審査にはクリアしたものの、とにかくLINE広告の媒体審査基準が厳しく中々広告の出稿が出来ておりませんでした。 しかし粘り強くリスティングプラスさんに審査の対応がら入って頂き、無事出稿する事ができております。LINE公式アカウントにも力をいれたいと思ってます。
化粧品
商材審査にはクリアしたものの、とにかくLINE広告の媒体審査基準が厳しく中々広告の出稿が出来ておりませんでした。 しかし粘り強くリスティングプラスさんに審査の対応がら入って頂き、無事出稿する事ができております。LINE公式アカウントにも力をいれたいと思ってます。

LINE広告の媒体審査申請のお申し込み

まずはLINE広告を行う前にLINE社に自社商品が掲載出来るのか、確認する必要がございます。
リスティングプラスがLINE社に代行で確認し、商材の審査可否のご返答をさせて頂きます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。