このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
2020年には、LINE@がLINE公式アカウントに変わる!

そろそろ、LINE公式アカウントの準備を始めてみませんか???

LINE@を使っている人は、年明けに「全員強制的に」LINE公式アカウントに移行されます。だからこそ!今から準備を始めていきましょう♪

又、LINE@を使っていない人も、これからLINE公式アカウントを活用していきたいと思われている人にも!

「使ってみたい!」と思っていただけるような勉強会を開催します。

LINE公式アカウントって何?

LINE公式アカウント(LINE@)って、登録してくれている人にだけお届けできる、スマホ版ホームページです!


ただ、気軽にお客様とやりとりするだけのツールじゃないんです。


  • こちらが伝えたいことを、しっかり色々伝えることができる。
  • そして、その伝えたものをより、見てもらえる確率が高い。

そんなツールがLINE公式アカウント(LINE@)です。

LINE公式アカウントのお勧めポイント

情報が届く確率が高いツール

ホームページ、ブログやメルマガ、FacebookやInstagram、TwitterなどのSNS。
いろんなツールがありますが、LINE公式アカウント(LINE@)は発信した情報が相手に届きやすいツールです。

  • ブログ書いたけど見られてるかな?
  • なかなかホームぺージのアクセスが伸びない。
  • facebookのイベントページを作って告知してるけど効果はいまいち。


なんて経験のある方、LINE公式アカウント(LINE@)を掛け合わせることで、

  • あなたが届けたい情報
  • キャンペーンのお客様のお得な情報

などが、しっかり届くようになる可能性が、グンとあがりますよ。

操作が簡単!!

はじめの基本設定は、パソコンの利用がお勧めです。その他、パソコンを使った方が便利なところはありますが、その後の配信は、スマホ1つ!とっても便利です。

配信する人にとっても、とっても便利であることは言うまでもないんですが、受け取る側も便利なんです。

  • スマホ1つで、自分の元にリアルに情報が届く。
  • やりとりも、普段なれたLINEをそのまま活用できる。

受け取っていただく方のためにも、LINE公式アカウント(LINE@)は必須ですよね。

プチ情報

SNSの利用者数(2019年8月時点)
  • 2,600万人 facebook
  • 3,300万人 Instagram
  • 4,500万人 Twitter
  • 8,000万人 LINE

上記の数字から分かるように、圧倒的に利用者数の多いのがLINE
それだけ、たくさんの人が活用し、操作にも慣れているツール=LINEともいえるんです

さぁ!!!みんなでLINE公式アカウントを使ってみよう

一人では不安な方に、勉強会を開催します

なんかよくわからないけど・・・・「LINE公式アカウント」って、何か良さそうな気はする。
でも、一人であれこれやり方を調べて始めるのは不安。


その気持ちとってもよくわかります。



なかなか重い腰があがらなかったりしますよね。
そんな方のためにも、LINE公式アカウントの勉強会を開催します♪

勉強会の内容

  • LINE@からLINE公式アカウントへの移行
  • 料金プラン
  • SNSやメルマガとの違い
  • LINE公式アカウントを使うと何がよいのか
  • 配信の際の注意点
  • 設定するべき点
  • LINE公式アカウントを使ってできること

についてお伝えを予定しています。
※当日の状況によって内容が変わる場合がありますのでご了承下さい
※今回の勉強会では、実際に設定作業をおこなうという「作業」は、ほぼ含みません。
  • LINE@からLINE公式アカウントへの移行
  • 料金プラン
  • SNSやメルマガとの違い
  • LINE公式アカウントを使うと何がよいのか
  • 配信の際の注意点
  • 設定するべき点
  • LINE公式アカウントを使ってできること

についてお伝えを予定しています。
※当日の状況によって内容が変わる場合がありますのでご了承下さい
※今回の勉強会では、実際に設定作業をおこなうという「作業」は、ほぼ含みません。

よくある質問

  • Q
    アカウントの取得をしていないのですが参加できますか?
    A
    はい。大丈夫です。
    まずは、「LINE公式アカウント」がどんなものなのかを知るためにお越しください。
  • Q
    LINE@とか、LINE公式アカウントとか・・・そもそもよくわからないんです。
    A
    何もわからなくても大丈夫です。
    初心者様でもわかりやすい勉強会を企画させていただきます。
  • Q
    パソコンは持参した方がよいですか?
    A
    今回の勉強会は、作業をして頂く時間をとっていないため、パソコンは不要です。
  • Q
    会場にWi-Fiはありますか?
    A
    はい。
    Wi-Fi、コンセント完備です。
  • Q
    勉強会中の飲食は可能ですか?
    A
    はい。大丈夫です。
    気楽な勉強会を予定していますので、飲食も可です。
    但し、常識の範囲内でお願いします。
  • Q
    参加したいんですが、予定があわないんですが・・・
    A
    参加いただけない方のために、10月以降も開催を検討しております。
    ご希望の日時などをLINEしていただけましたら、ご希望に添えるよう配慮させていただきます。
    お気軽にお問合せ下さい。
  • Q
    LINE@とか、LINE公式アカウントとか・・・そもそもよくわからないんです。
    A
    何もわからなくても大丈夫です。
    初心者様でもわかりやすい勉強会を企画させていただきます。

お申込みまでの流れ

Step
1
参加「場所」を決める
リアル勉強会・オンライン勉強会によってお申込みボタンが異なります。

まずは参加方法をご検討下さい。
勉強会は「梅田(大阪)駅周辺」「オンライン」から選んで頂けます。
Step
2
参加「日時」を決める
ご希望の参加場所のお申込みボタンを押してください
 
募集日時が表示されます
 
ご希望の参加日時の横の「選択」ボタンを押してください
Step
3
申込フォームに入力
お申込みフォーム画面になりますので、
必要事項をご入力の上「申し込む」のボタンを押してください。

5分以内に自動返信メールを送らせていただきます。
※メールが届かない場合は、LINEにて直接お問い合わせください。
Step
4
お支払いをお願いします
お申込みから7日以内に、選択されたお支払い方法で、お支払いお願いいたします。

お振込みは「ゆうちょ銀行」もしくは「三井住友銀行」から選んで頂けます。
※お振込みの際にかかる振込手数料はお客様負担でお願いします。

又、ペイパル決済も選んで頂けます。
※その際ペイパル手数料をご負担いただいてのご請求になっておりますのでご了承下さい。
Step
2
参加「日時」を決める
ご希望の参加場所のお申込みボタンを押してください
 
募集日時が表示されます
 
ご希望の参加日時の横の「選択」ボタンを押してください

勉強会開催日などの詳細

開催日時

【梅田(大阪)駅周辺】

10月15日(火)

 10:30~12:30

10月19日(土)
 14:00~16:00

11月7日(木)
 10:30~12:30

【オンライン】

10月16日(水)
 10:30~12:30

勉強会費

◆お振込み
3,500円(税込)

◆PayPal決済
3,920円(手数料・税込)

梅田(大阪駅)周辺

大阪・梅田駅から徒歩10分
※お申込み頂きましたら詳細をお伝えします
開催日時
10月15日(火)10:30~12:30
10月19日(土)14:00~16:00
11月7日(木)10:30~12:30

オンライン(ZOOM)

ご自宅でご参加いただけます
開催日時

10月16日(水)10:30~12:30

デトまりプロフィール

アメブロのカスタマイズから、サポートを開始し、facebookやInstagram、LINEなどのSNSサポート、自分で管理できるホームページ作成や、テキストやパワポ資料作成など、ネットを使って伝えるサポートを行っていくうえで、ツールを作っても、そのツールをうまく活用する方法がわからないという悩みが多いことを知る。

そのことから、ツールを作り、かつ、そのツールをうまく活用する方法で、さらにストレスなく継続できる方法のご提案をしていきたいと、わたし発信コンサルをスタート。

■実績
2016年 
・アメブロカスタマイズ開始
 継続してコンスタントにブログにて集客
2017年 
・アメブロブログ対面相談を開始
・アメブロを活用した集客講座を開始
 年間150名様以上のアメブロサポートに関わる
2018年
・アメブロだけではなく、SNSや自分で管理できるホームページ作成、テキストやパワポ資料作成サポートを開始
2019年
・わたしらしく発信する、トータルサポートを開始。

開催リクエストはこちらから