LINE@の始め方【建築業編】

LINE@とは

LINE@の運用は

1.友だちを集める
2.メッセージを送る

ととてもシンプルです。
そして
メルマガと何が違うかと言うと、
到達率が圧倒的に高い(100%)という点です。(約5倍)

これだけでもLINE@を始めないという選択肢はありません。

では
LINE@の導入と管理については難しいのかと言うと
メルマガ配信スタンドと比べると比較にならないくらい簡単なのです。

さらに
PCの管理画面もとても分かりやすいということも付け加えておきましょう。
なぜPC画面にこだわるか
なぜPC画面にこだわるかというと、
スマホが普及していても
建築業は図面を書いたりプレゼン資料を作ったりすることが多いので
常に向かい合っているPC画面から操作する必要があるからです。

LINEアカウントを持っていなければLINE@を始められない
最初につまづいたのは
LINEアカウントを持っていなければLINE@を始められないということで、
仕事用として新たにLINEアカウントを取る必要がありました。

それでパソコンでLINEを始める方法を調べてみると
LINEのPC(パソコン)版があるということを知りました。

これなら
スマホも必要なく、デスクトップからでも登録できてしまうので
パソコンメインの仕事環境の建築業でも始められます。

さらに
PC版LINEには「電話番号ログイン」機能が追加されたことで
ガラケーや固定電話でも電話番号さえ持っていれば、
LINEアカウントを作ることが可能になっていたのです。

これにより

仕事用のLINEアカウントを取った上でLINE@を始めることができるようになりました。

LINEとLINE@の違い
ただ

LINEとLINE@の違いがよく分からなかったので
そこは調べる必要はありました。

結論から言うと
LINEは、個人間で行われる1対1のコミュニケーションに対し、
LINE@は、個人や企業が不特定多数に一斉配信するメルマガのようなものということです。

とりあえず、これだけ分かったら充分です。

ですから
これからメルマガ配信を検討しているのであれば
初めから簡単なLINE@を始めてみたほうが良いのかも知れません。

そして
すでにメルマガ配信をしているのなら
LINE@との併用を考えてみると良いでしょう。

LINE@の開設方法

LINEビジネスセンターに登録

仕事でLINE@を使うのなら
はじめからLINEビジネスセンターに登録すると良いでしょう。

しかし個人事業主が多い建築業では審査が通らないことがままあります。

ですが
一般アカウントとして使い続けられるので
心配はいりません。

気軽に登録してすぐ開設してみましょう。

LINEの利用は若者だけという間違った思い込み

LINEの利用層は30代から50代が全体の半数(50%)を超えている

これは最近まで知らなかったことですが、
LINEの利用率は10代の若者が圧倒的に多いと思っていましたから
「家」の購買層である30代から40代にリーチできないものだと思い込んでいました。

ですが
最近の調査ではLINEの利用層は30代から50代が全体の半数(50%)を
超えているということがわかったのです。

ならば
ちょうど「家」の購買層に該当するというわけです。

「家」の購入を検討している人に役立つ情報をお届けしましょう
確実に届くLINE@は同時に簡単にブロックもできてしまいます。

ですから
売り込み感の強いメッセージばかり送り続けていれば
相手にブロックされてしまいます。

ですから
LINE@でお届けする情報は届けた相手にとって役立つものでなければいけないということになります。

モデルハウスやイベントの案内だけでは嫌われる
ハウスメーカーが配信するものは
やはりモデルハウスやイベントの案内が中心と思いますが
それだけでは当然足りませんね。

LINE@をすでに導入しているハウスメーカーの例では
冊子もプレゼントするなどの友だち特典に力を入れているところが目立ちます。

そういった特典の他にも
例えば

・「家」の購入前にチェックするべきこと

とか

・あなたにもできるインテリアコーディネートの技

といった定期的な読み物などもあると良いと個人的には思ってしまいます。

いずれにしても
身近なインフレとなっているLINEですから
LINE@を今すぐ始めてみましょう。


ステップメールがLINE@でもできるようになった

2017年、
一気にLINE@の普及が進み、従来型のメルマガ配信と取って代わるのかも知れません。

それは
今までメルマガ配信スタンドでできてLINE@でできなかった
ステップメールの配信がLINE@でもできるようになったからです。

ということは

もはやメルマガ配信スタンドとの差が無くなるということで、
100%確実に届けられるLINE@がこれからのスタンダードになる予感もします。

まだ始まったばかりですが
慣れるという意味でも今から検討してみるべきでしょう。


さらに集客を加速する

LINE@とSNSを組み合わせることで
集客がますます加速します