メッセージ

私は、飽き性で、自分がやりたいことが何かも分からず、「人からいい」と言われれば、ひとまずやってみて、競争社会で優位に立つことこそが成功には欠かさせないと盲信し、目的のために手段選ばすどころか、より良い手段のために目的見ずのような日々を過ごしてきました。と同時に、ふと我に返れば、自分が心からやりたいこと、自分だからこそやるべきこと、それが分からず、悶々としながら、彷徨っていました。そんな中でも、漠然とビジョンだけは常に大きく持って、世界各国旅をしながらの夢探しから約10年の年月を経て、ようやく自分の役割を確立できました。

人との競争によって、他人との比較にあまりに焦点がいくと、自分が本来持っていた才能に気づくのを迷わせたり、本当にやりたかったこと、やるべきだったことを時に忘れさせます。目の前のレースを一生懸命走ることだけが全てじゃない。本当に花が咲く場所が他にあるなら、恐怖を捨てて、勇気を持って、思い切った一歩を踏み出すことこそ、自分の人生を自分でデザインし身体も心も豊かになると心から感じています。

他人と比べたり、他人と競争するのではなくて、自分の中に眠っている可能性や、本来の自分を呼び起こして、理想の自分との競争に臨めるように。自分でないといけないこと、自分だからできることで生きていくことができたらなら、1人1人からどんどん新しい価値が生まれてくるはず。

競争の社会から創造の社会へ。私はこれからも、一人でも多くの人が自分の役割に生きるように、そしてそれが日常をより豊かにするものになるように、積極的にチャレンジしていきます。

竹内 菜緒

メッセージやご質問はこちらから

毎日の挑戦

人にはそれぞれ自分の役割がある。
そして、自分らしさを大切にして、自分だからできる貢献に集中する時、持っている才能を全開に出来る。

ストレスやイライラは他の誰かのようになろうとした時とか、言いたい、思っていることを実現できなかったりした時や、他人に日常をコントロールされたりした時にもよく起きる。

そんな日常を繰り返す中で、本当の自分をどんどん奥へ奥へとやって、表面的には問題がないように見えても、なんとなく、心の中では今の延長線上に自分の人生が花を咲かせていないと思うことがある。

自分が本当にしたいことで生きるというのは決して簡単ではない。それは素直に、自分とは誰で、本当はどう生きたいの?という漠然とし過ぎていて、正直面倒くさくて、考えたくないようなこと、もしくは、考えても非現実的だと一瞬で消し去ってしまうようなことを、本気で取り組んでいく必要がある。

私自身も10年以上、自分の軸を見つけようと取り組んできた。でもその過程で、沢山の人の意見や情報、価値観に翻弄され、随分遠回りした。すぐに恐怖を感じ、臆病で、飽き性で、ちょっとの失敗をどん底に思うような極端な人間だった。

自分の役割に生きるということは、自分のことをもっと知って、そして道を切り開いていくいうこと。

自分と他人を比べない。
自分の中にある大切なものを大切にして、人生を歩んでいこう。

ブログ

大切にしている価値観

自分の役割に生きる

「知らない」から「知っている」へ。
「できない」から「挑戦する」へ。

自分の役割に正直になって、自分が本当にしたかったこと、歩みたかった毎日を過ごすために。

セッションのご案内

「知らない」だから「できない」をなくす

知らない自分を知るセルフコーチング
"知らない"から"知っている"
そして、"できない"から"できる"へ

”自分が本当はどうしたいのかよくわからない。
本当にやりたい仕事、与えられた役割・・・。”

そんなことを思うと、同時に心の中で、
”そんなことくらい自分で考えろ”というもう一人の声が聞こる。

”自分が本当にしたいことも、自分の本音も分からないなんておかしい。だからひとまず、今の与えられた環境で精一杯頑張っていれば、自然と道は拓けるかもしれないと考えるべき。”

以前私はこのように考えていました。思考にはパターンがあります。
他でもない自分が繰り返す思考ですから当然です。知っている自分でどれだけ自分を見つめ、考えても、思考が堂々巡りしてしまいます。だからといって、外からたくさんの情報収集をしても、自分に心からマッチするものに出会うには、星の数ほどある情報を取捨選択し続ける努力が必要です。
無防備に戦いに出るのではなくて、まずは自分がしっかりと方向性と軸を確定させること。

思考のパターンを壊し、”質の高い質問”に答えていくことで、今まで考えなかったようなことに可能性を見出し、今まで自分の視野になかった新しい自分を知り、ぶれない軸を持って、日常に本当に”欲しかった”変化をもたらしましょう。

知らない自分に気づくということ
=本音で向き合ってみる=
初めての方限定で、堂々巡りになっているテーマについて、課題の本質を明確にし、これからとるべきアクションを定め、実践していけるようになりたいという方限定で、課題に対して、個別にカスタマイズしたコーチングをお届けします。私の役割は、アクションにつながる良質な質問を通して、「自分の知らない自分の側面」に気づいていただき、あなたが知りたい答えを導き、堂々巡りから抜け出してもらうことです。ご興味のある方は下記フォームよりリクエスト願います。 

セッション参加前の自己チェックリスト(1~10段階)

  • あなたは自分自身が何者であるか、目的は何か、人生で進みたい方向が明確になっていますか?
  • ゴールの達成、モチベーション、幸福感を感じるために必要な精神と身体のエネルギーは十分ありますか?
  • 自分自身の在り方、自分の考え、自分の要求、自分の願望を表現し、それらに基づいて行動していますか?
  • 常に効率的であり、障害となるものを最小化し優先順位を守っていますか?
  • あなたは目的を達成するために、家族・友人・チームに影響力を与えることができていると感じますか?
  • あなたは自分自身が何者であるか、目的は何か、人生で進みたい方向が明確になっていますか?

セッション方法について

方法1:ビデオ/電話による
(インターネット無料通話)セッション

方法2:直接対面による
セッション(現在は横浜と名古屋のみです。)

セッションの流れ

1.自己紹介

お互いの信頼関係があってこそ、最高のセッションができます。徹底的に自己開示をして、理解していただき、疑問点や不安なことは最初に全て解消します。

2.課題の明確化

課題が明確になっているかどうかは、効果的なセッションができるか否かには必要不可欠。傾聴し、表面的ではない、真の問題は何なのか、ここで言語化します。

3.セッション

セッション中は全て、本音ベース。包み隠さず、「知らない自分」を掘り出し、向き合います。真剣に聞いて、真剣に話す覚悟の時間。ぜひノートも用意して下さい。

4.アクション

変化は具体的な行動から。
抽象的なざっくりとしたものではなくて、「絶対にできる」確実なアクションをセッション中に固め、アクションに落とし込みます。

プロフィール

竹内菜緒 Nao Takeuchi
愛知県出身。横浜市在住。
名古屋大学卒。日系・外資系企業で経営マネジメントに携わる。

幼少期の家族関係の苦悩から、「より良い生き方」について追求し、17歳から本格的に自己啓発、心理学、成功哲学を読破。「自分が生涯を通じて心からやりたいこと」で生きていくことを模索する。

その過程で、世界15か国38都市を旅し、世界観を大きく広げる。仕事・人間関係・健康等において長期的に結果を出し続けている世界的な専門家から使命感を持って生きる本質を会得。自分が本来持っていた生涯を通して成し遂げたい「役割」を確立させる。時間と場所の自由持って、心から情熱の沸く仕事をできる環境を手に入れる。

現在、主に日常的なモヤモヤを抱えて、「自分が本当にやりたいことがぼんやりしている」「自分の軸が定まらない」という方の為に、大切にしたい自分の軸を確立し、日常に改善をもたらし、望む未来を実現させるためのサービスの運営の他、教育事業、個人サポートにも従事。

世界を旅し、最高な家族関係を持ちながら、毎日をパワフルに過ごすことがモットー。日本語、英語、北京語を話すトリリンガル。