伝統をカスタマイズする
オーダーメイド包丁

職人さんが作ったパーツを組み合わせて
自由にカスタマイズすることができます。

カスタマイズは基本3ステップ。
さらに追加オプションがあります。

自分だけのオリジナルな1本を楽しんで作ってください。

(価格は全て税抜きです)

カスタマイズは簡単な3ステップ。
基本となる包丁のベース価格に、
刃や柄の価格が加算されていく仕組みです。

STEP

1

包丁の種類を選ぶ

まずは包丁のタイプを決めます。

STEP

2

刃を選ぶ

好きな刃を選びます。

STEP

3

柄を選ぶ

柄の木材を選びます。

Special

オプションを追加する

もっとこだわりたい人へ。
名前を入れたり、色を変えたりできます。

STEP

1

包丁の種類を選ぶ

まずは包丁のタイプを決めます。

STEP1: 包丁の種類を選ぶ

ペティ
小ぶりな包丁。小さくて軽いのでフルーツをカットしたり細かい作業に向いています。これ1本で全ての料理を行う人もおり、一般的な家庭用包丁(三徳包丁)よりペティを好む人もいます。刃渡り(はわたり=刃の長さ)は12〜15cmぐらいのものを指します。

三徳
一般的な家庭用包丁。肉・野菜・魚を切れることから三徳と呼ばれ、万能包丁とも呼ばれることも。幅広い食材に対応するためにいろいろな包丁の特徴を少しづつ持ち合わせており、最初に選ぶ1本に最適です。刃渡り15〜18cmぐらいのものを指します。

牛刀
肉を食べる文化とともに西洋から伝来した包丁です。三徳よりも全体的にスリムになっているのは肉をスッと切りやすくするためです。名前で肉切り専用だと思われがちですが、大きめの三徳といろいろな食材に使うことができます。

STEP2: 刃を選ぶ

刃の違いは分かりづらいと思いますが、初めて包丁を買う人、まずはお試しでという人はステンレス系か特殊鋼がよいでしょう。なかでもダイス鋼の三徳は価格とのバランスが良いのでおすすめです。

一般的に「さびる刃ほどよく切れる」と言われているため、よりこだわりたい方はハガネ系がおすすめです。黒打(くろうち)は、刃をあえて錆びさせた佇まいを「粋」とする伝統で、ビジュアルも渋めなのでおすすめです。また、この価格で切れ味もよいです。

さらにプレミアムなものをお探しの方は、風神(福井県・黒崎優)や黒打ダマスカス(青森県・吉澤剛)をおすすめします。価格は高めですが、凄まじい切れ味で、一生ものと呼ぶにふさわしいクオリティです。

それぞれの鋼材の細かな違いを知る前に、まず見た目やビジュアルから入ったほうが楽しめるでしょう。

STEP3: 柄を選ぶ

柄の木材はそれぞれ特徴がありますが、これも見た目で決めてしまってもよいと思います。
木目が強いもの、色が濃いもの、明るいもの、といろいろ揃えました。刃とのバランスを考えながら選ぶと楽しいと思います。

(PC環境によって実際と見え方が異なる場合があります。またカラー合板以外は天然木なので木目や色味は個体差があります)

追加オプション
よりこだわりたい人は、

もっとカスタマイズできます。

文字を入れる

刃には名前を入れたり、記念日を残したり、
メッセージを添えたりすることができます。

柄を加工する

口輪の色を変えたり、柄のお尻をななめカットすることで、
包丁全体のイメージがガラリと変わります。

(さや)をつける

鞘(さや、包丁ケース)もあります。
鞘に入れるとビジュアルに一体感が出て、高級感が増します。
包丁を使わずに飾って眺める人もいるほどです。

カスタマイズ方法をまとめると...

カスタマイズ体験イベント
実施中

刃や柄のパーツを見たり触ったり、
実際に組み合わせることができる
楽しいイベントを企画しました。

フルオーダー


部品から選ぶのではなく、ゼロから自分だけの包丁を作ってみたい!
そんな方にはフルオーダーがぴったりです。
私自身がテーマ設定をして作った包丁をご覧ください。

〜こんなテーマで作ってみました〜
1:黒っぽく、シブめにしたい
2:海外から見た日本のイメージ(忍者とかサムライとか)
3:職人技をてんこ盛りにしたオーバースペック包丁

フルオーダーについては、下のお問い合わせフォームからお気軽にご質問ください。

包丁のあれこれ

ステンレス、特殊鋼、ハガネの違い

ステンレスは柔らかくハガネほどの切れ味はありませんが、さびにくくお手入れしやすいのが最大の魅力です。
特殊鋼は、刃物のために特別に作られた金属で、さびにくく切れ味がよいですが、硬いがゆえに少し研ぎづらさを感じる人もいます。
ハガネは、伝統的な刃物材料です。鉄からできているため、さびやすいですが、硬さと研ぎやすさのバランスがよい材料です。

ステンレスも錆びる?

包丁で「ステンレス」というと、多いのは「ステンレスに鋼を割り込んだもの」です。ステンレスより切れ味をあげたい場合に、切れる刃先の部分だけハガネを使用します。ハガネをステンレス2枚でサンドイッチしているようなイメージです。ハガネの部分だけはさびるので、ステンレス系の包丁は「さびにくい」という言い方をしているのです。

銀三とハイス鋼

どちらも比較的新しい素材です。
銀三はステンレス系ですが、ハガネのような切れ味を誇り、日本料理のプロたちも使います。
ハイス鋼は特殊鋼でもともとドリル、金属カットなど高速回転する工具に使われており、ハイスピードスティールが語源で、「ハイス鋼」と呼ばれています。耐久性、切れ味、さびにくさという素晴らしい利点があります。

日立金属HPから

ハガネの種類

ハガネの世界はとても面白いものです。ハガネにはグレードがあり、黄紙から始まり、白紙、青紙、青紙スーパー上がっていきます。簡単にいうと、どんどん硬さが上がっていき、切れ味が上がっていくイメージです。包丁でよく使われるのは白紙や青紙です。また、ハガネは永切れ(ながぎれ)する、つまり切れ味がずっと持続するのも魅力です。

切れ味とは?

切れ味に影響を与える要素はたくさんあります。刃の材料(鋼材)はもちろん、それを叩いて作る技術(鍛造)、それを切れるようにする技術(研ぎ)があります。いくら鋼材が良くても、鍛造と研ぎがよくなければ切れ味が出ません。逆にステンレス系でも名人が研げば、ハガネに近い切れ味を出すことも可能ですし、青紙よりも切れ味がよい白紙もあります。どれだけ永切れするかも切れ味を考える上では重要です。

形状と用途

ペティはこぶりなのでキャベツのような大きな野菜を切るのにはむいておらず、小さめの野菜やフルーツが合っています。三徳が牛刀やペティよりもボディが大きくできているのはキャベツの中で刃がしっかり残り、最後まで一気に切れるからです。牛刀は、もともと肉など厚みのない食材をすっと切るためにボディがスリムにできています。この観点で刃の形状を見てみると、自分の使い方に合うかどうかを見極めることができます。

クラウドファンディング
実施中

5月9日(水)
午前10時スタート

公開中のページを見る

お問い合わせフォーム

ご質問のあるかたはお気軽にお問い合わせください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
Life Knifeを気に入っていただけた方はぜひいいねをお願いいたします。