~Lichenes~

豊かな親子関係と
よりよい未来を。

こころあたりは
ありませんか?

  • こどもへの接し方に悩む。
  • 体罰でしつけてしまう。
  • こどもの言葉が少ない。
  • こどもと意志疎通できない。
  • 子育ての協力者がいない。
  • 相談できる人がいない。

放っておくのは危険

子どもの発達に
影響があるのを
ご存知ですか?

からだのコト

虐待を受けた(あるいは感じた)子どもは発育が遅れることがあるといわれています。十分な食事や栄養が与えられないため発育不良に陥ります。子どもが保護され、栄養が十分に与えられるようになっても、発育が補償されるわけではありません。これは、幼少期に虐待を受け続けたり、養育者から愛情を注がれなかった心理的影響が発育面にも影響を及ぼすと考えられています。

あたまのコト

頭を殴打、強く揺さぶられるといった頭部への外傷を加えられることにより、脳や神経系に障害が加えられた結果、知的障害・発達障害になる可能性があります。そのような傷害を加えられなかった場合でも、親から虐待を受け続けたことによる心理的な影響や、発達に不可欠な幼少期の好奇心を満たす「遊び」が暴力的に抑圧されるため、知的な発達が遅れると考えられます。

こころのコト

虐待を生き延びた場合にも、適切な治療を受けない場合、生涯にわたり心に大きな問題が残ります。対人恐怖症等の恐怖症全般、症候群、劣等感や無力感の継続。反対に攻撃性を持つケースもあり、思春期以降の自殺、非行、多動・乱暴、徘徊、性的問題等の問題行動を起こす傾向があるといわれています。また養育者側になった場合、子に同じような経験を共有してしまうケースもあります。

サポート
していきます。

子育てと生活が
より豊かになるお手伝いを

問題が起きている、あるいは起きていない場合でも、考えている状態のあなたは既に行動しているということです。それは大変素晴らしいことです。現状を否定せず、前向きに考えてみましょう。子育てに限らず、異なった人間が同じように生活した場合、問題は付き物です。問題は起きたことより、原因にヒントが隠されています。これは家庭の絆や信頼をより深く強い結びつきにするためのチャンスです。子育ては『効率』という言葉とは無縁です。時間をかけて、親御さんだけで抱え込まず、たくさんの人々とのつながり、その中で、あなた自身が成長していく過程で、子どもにも良い影響を与えられるようになっていきます。私たちLichenes(ライキニス)は、企業や専門機関と連携を図り、各家庭をサポートするべく活動していきます。

イベントはこちら

【活動概要】

1)ワークショップ

親子で参加して頂くワークショップ、親御様とお話しながら、お子様の状況に合わせて、お子様への対応を考えていきましょう。また同じ悩みを共有できる、ママ・パパ友づくりの場としても活用してください。

過去のイベント内容

2)講座・勉強会

ワークショップを市や保育園などで行ってきた経験を生かしながら、現場担当者、専門機関の方々との交流会や親同士(共有者)交流会、勉強会、小中学生対象の講座など開催しています。要望テーマに合わせて講座企画・実施しています。問題や悩みはなるべく一人で抱え込まずみんなで解決していきましょう。

講座開催例

【体験者感想】

親御様の感想

実際にワークショップなど体験された親御様、開催者様の感想を掲載しています。

感想をみる

子供たちの感想

開催した講座実施後のこどもの感想など。
※体験した中学生のご感想を紹介。

感想をみる

一度ご参加下さい。
不安なことや、
悩みごとを解消
しましょう。




各イベントの
詳細は下記より

企業・団体様へ

Lichenes(ライキニス)はアート(非言語)活動を普及するだけでなく、出産~子育ての過程で生じる、精神的な不安(孤立感)などを抑制し、虐待予防をミッションとしています。子育て不安や孤立感などの精神不安の軽減をするべく、親子向けのイベントや、ワークショップを企画しています。また第三者との接触も図ります。

Lichenes Project

虐待は当事者は認識していないケースが多く、また誰にも頼ることができず、発見や支援が遅れ、問題が重症化してしまいがちです。近年ではメディアの影響などで認知され始め、虐待報告件数は全国で73,000件を突破し、減少するどころか肥大していています。報告件数の半数は実母が多いということも、社会構造の何かしらの闇が問題を起こしていると言えるでしょう。また報告件数は数値化できますか、予備群(声なき声)は把握や対応が難しい状況で、思春期また成人後に問題が表面化してしまうケースもあります。虐待には特効薬はありません。虐待は風邪で言うならば「症状」になります。問題なのは症状ではなく、「なぜそうなったのか?」という問題意識と対策のインパクトが弱いことが問題なのです。当事者意識を持って、このような慢性的な社会問題(パンドラの箱)に取り組む必要があると強く感じています。代表の生川は、2013年から絵本作家として活動してきましたが、親子関係者、養育環境が子どもにとって良くないと、子どもの発達に顕著に現れる現状を目の当たりにしてきました。こうした状況を1秒でも早く解決する為には事業化し、皆様のお力を借りながら問題解決を図りたいと考え活動を開始しました。

お問い合わせ

Lichenes 代表
生川真悟
(なるかわしんご)

【プロフィール】

1989年生まれ、三重県出身。中京大学総合政策学科卒業後、商社・メーカー経験を経て、絵本作家活動を開始。2013年に講談社イラストコンテスト入賞後、2014年個展開催。2015年には保育園や施設へのワークショップや講座活動を展開。東海若手起業塾に選考され、虐待予防の過程で『共生、愛情の獲得、個の確立』を促し、養育者の背景、子供を理解し、不安や心の傷をケアする事業を設立・普及するべく活動中。

↓生川真悟にコンタクトを取る↓

不遇な境遇が
強い絆をつくる

【Lichenesとは】

地衣類。菌類(主に子嚢菌類)のうちで、藻類形態的にも異なり、構造は全く違うものが共生させると、自活できるようになったもの。それぞれ単独でも生きていけるが、融合しているだけでなく、新たな特性が生まれる。『特殊な栄養獲得形式を確立した菌類』として位置づけされる。

【法人としてのLichenes】

『共生、愛情の獲得、個の確立』をテーマに、養育者の背景、子供を理解し、不安や心の傷をケアをおこなう集団。親子間の摩擦をなくし、相互コミュニケーションが円滑にできるようにサポート(個人・家庭に寄り添い、豊かな人生を送る為のサポート)を行う集団。課題や障害を乗り越えた家庭は親子間の結びつきを強固なものにする。それにより地衣類のような、特殊な栄養獲得形式を確立し、双方の心の安全基地の創造を促進させる。親子共に「満たされた愛情(精神的なもの)」を満たせる環境を創出し、個性の確立を促進させていくことをミッションとしています。

Lichenes
3 missions

mission1
検知・抑制

アート(非言語)は潜在意識に働きかけます。特に子どもたちの絵にはそうした日常で抱えている心のSOSが作品に表れていることもあります。そうしたわずかなSOSを検知(発見)し、親御様の様子など加味しながら、年間プログラムなどをご案内し、継続的・長期的に関わることで問題を抑制・解消していきます。現在、大学や企業、団体様と連携し、プログラムを開発研究および実施しています。

mission2
継続・検証

mission1と重複しますが、各家庭には単発的なアプローチではなく、継続的・長期的なアプローチが必要です。しかしながら、貧困や家庭事情でサービスを受けられないご家庭・子どもたちが見受けれます。そうした方々へは無料でサービス提供をするべく、ビジネスモデルを安定させ、常に問題へアプローチしていかなければなりません。

mission3
回復・成長

虐待の解決をする為には、親の背景を理解し、ケアしていかなければなりません。母子分離などの機会をつくり、親の不安や悩みを解決していくことで、子どもへのリスクが軽減されます。精神的な負担の軽減だけではなく、経済的なサポートも同時に必要になりますので、他団体・企業様と連携することで、そうした養育者への全般的な支援体制を実現し、親子共に健康的な生活を送れるような未来を目指します。

Lichenesは
皆様のご支援や
コラボを必要
としています

  • 開催場所の提供や紹介
  • イベントの告知や案内の協力
  • イベント共同企画
  • 講演や講座の利用・活用
  • 画材などの寄付
  • 社内サービスのプログラム化
    (CSR共同開発など)
  • 協賛や寄付

すべては
未来の為に

まずはご連絡下さい。


お手数をおかけ致しますが、
下記ボタンより
別サイトのコンタクトページ
もしくは、
当サイト内の生川宛てに
SNS経由でも構いませんので、
ご連絡下さいませ。

お問い合わせ

皆様からの
ご理解ご協力を得ながら、
活動を普及し、
社会問題の解決を
図ってまいります。

■連携先/関係先■
東海若手起業塾,愛知コミュニティ財団,ブラザー工業,三重県立看護大学,(有)セルビス,ぐみのき保育園
WEB内構成,参考引用文

(※敬称略)
 
Think kids/エビデンスに基づく子ども虐待の発生予防と防止介入―その実践とさらなるエビデンスの創出に向けて―アレキサンダーブッチャー(著)/子ども虐待の予防とネットワーク―親子の支援と対応の手引き,徳永雅子(著)/他
I’d like to say the most important things in life are those that are not visible to the eye, love, hope and dream.The world is beautiful, love and a positive future for our children.

Lichenes Projects
ご支援・ご協力

宜しくお願いします。