リバティ神戸動物病院 リクルートサイト
当院のリクルートサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

当院が位置するエリアは、神戸の中でも有数の高級住宅地で、
動物の健康に熱心なオーナー様が多いのも特徴です。

地域の中核病院として、予防から2次症例まで対応していますが、
腫瘍科と整形外科の2分野は紹介も含め多くの症例が集まります。

当院の雰囲気や職場環境、教育に関する考え方などをご紹介します。

私たちが大切にしている事
1頭・1獣医師の担当制
飼主様が最も不安に思うこと。
それは、「診療医が毎回変わること」

当院では1頭ごとに担当医制とし、
若手でもオーナー様との信頼関係の構築、
密なコミュニケーションを
行えるようにしています。
バックではチームがサポート
1頭・1獣医師の担当制ですが、
獣医療分野は、幅広く・深く・多様で
1人では対応できず悩むことも多くあります。

当院には3名の獣医師が在籍、
看護師・受付スタッフとも協力して、
全診療をサポート・バックアップしています。
オーナー様 1人1人
動物さん 1頭1頭と向き合うこと
治療・手術など「本当はやるべき」なのに、
飼主様の事情でできることが限られることも。

そういった限られた中で、何ができるのか?を
一緒に考えて提案すること。
”獣医師目線だけ”にならないことも
大切だと考えています。
オーナー様と
動物さんに優しい治療を
動物さんも高齢化が進んでいますが、
ご高齢のオーナー様も多くいらっしゃいます。

来院回数・薬の処方数、ご自宅での処置法など、
オーナー様が無理なく治療を継続できるように。

動物だけを見るのではなく、
オーナー様にも優しい病院でありたいと考えています。
オーナー様と
動物さんに優しい治療を
動物さんも高齢化が進んでいますが、
ご高齢のオーナー様も多くいらっしゃいます。

来院回数・薬の処方数、ご自宅での処置法など、
オーナー様が無理なく治療を継続できるように。

動物だけを見るのではなく、
オーナー様にも優しい病院でありたいと考えています。
私たちの診療

【当院は腫瘍科を中心にシニア動物診療に力を入れている病院です】

一緒に腫瘍科を学ぶ獣医師をお待ちしています。
腫瘍科認定医として、腫瘍科を中心にシニア動物診療に力を入れています。

シニア動物が増加している現在、腫瘍科分野の向上は獣医師として必須の分野となっていると感じます。

腫瘍科認定医を目指す人も、ジェネラリストとしてキャリアを積みたい人も、
当院で一緒に様々な経験ができるかと思います。
当院は原則として担当医制のため、診察・手術まで1症例を全て行うことができます。

新卒の方は診察の助手、カンファレンス、過去症例の検討、教育プログラムを通じて、
しっかりと指導しますので、早期に診察に入ってもらえるようになっています。

さらに、経験者の方は3年間で開業ができるレベルまで診察、手術(軟部外科~整形外科)、経営などを指導します。

診療対象動物

ウサギ

フェレット

ハムスター

モルモット

当院の獣医師たち

院長 河野 太一(こうの たいち)
(獣医腫瘍科Ⅱ種認定医)

  • 2007年3月東京農工大学農学部獣医学科卒業
  • 2007年-2010年静岡動物医療センター勤務
  • 2010年-2013年岡山動物がん検診センター 三宅動物病院勤務
  • 2013年 4月リバティ神戸動物病院院長代理2014年
  • 2月同動物病院院長就任

2011年3月酪農学園大学卒業

2011年-2015年にれの木動物病院 勤務

2015年-リバティ神戸動物病院勤務
獣医師
長櫓 司(ながろ つかさ)
2002年3月北里大学獣医畜産学部獣医学科卒業

2002年~2004年はとの里動物病院 勤務

2005年~2008年阿佐谷ペットクリニック 勤務

2015年~2017年ポウズ動物病院勤務
獣医師
三木 香織 (みき かおり)
  • 獣医教育・先端技術研究所主催
  • 腹部超音波研修 第2期生 修了
  • AO‐ASIF:整形外科アドバンスセミナ-修了(オハイオ州)
  • Penn-Hip Training Seminar 修了(ニューヨーク州)(股関節形成不全をもった犬に行う計測法)
  • Total Hip Replacement Seminar 修了(オハイオ州)(股関節形成不全に行う、手術法:股関節全置換術)
  • TPLO: Tibial Plateau Laveling Osteotomy(前十字靭帯損傷に行う手術法)
  • TPLO免許取得(オレゴン州)TTA(前十字靭帯損傷に行なう手術法:東京)
  • 2004年8月 リバティ神戸動物病院開院
  • 2014年1月 同動物病院 院長を退任しアドバイザーに就任
アドバイザー
獣医師 有馬 広治
その他に
看護師 :7名
トリマー:3名
受付  :3名

で診療を行っています。
その他に
看護師 :7名
トリマー:3名
受付  :3名

で診療を行っています。
当院の教育について
1年半後には1人で担当患者を持つことを目的とし、
そのために必要な知識・手技などを逆算して経験していただきます。
当院入社後の教育スケジュール
腫瘍科と整形外科の経験

腫瘍科での経験

当院では腫瘍科認定医である院長を中心とし、
紹介症例も含めての腫瘍科診療を行っております。

シニア動物が増加している現在、
腫瘍科分野の向上は獣医師として
必須の分野となっていると感じます。

腫瘍科認定医を目指す人も、
ジェネラリストとしてキャリアを積みたい人も、
当院で一緒に様々な経験ができるかと思います。

整形外科での経験

骨折や関節疾患などの整形外科疾患において、
診療 ⇒ 診断 ⇒ 治療 ⇒ 手術 ⇒ リハビリまでの
1連の流れを経験することが可能です。

整形外科分野では海外でのキャリアもあり、
幅広い術式にも精通しているアドバイザーの有馬獣医師の
サポートも受けることも可能です。

獣医師募集要項
獣医師
職 種 :獣医師
給 与 :27万円~
     ≪ただし、経験者は当院給与規定による優遇加算をします≫

     昇給 年1回
     賞与:年2回(過去実績3~4カ月分
     
診察時間:   平日 8:30~19:00(休憩2時間)
      土日祝日 8:30~16:00(休憩1時間)
     ※ 休憩が取れなかった場合は残業代支給

休日休暇:週休2日制 有休休暇年10日 年末年始

福利厚生:社会保険完備(社会保険・厚生年金・雇用保険・労災保険)、
     定期健康診断、学会費・セミナー費等の補助、通勤手当

実習・見学ご希望の方へ

病院への実習・見学は

078-811-4333 へお電話、
もしくは下記フォームよりご連絡ください。
問い合わせフォームはコチラ(病院HPへリンクします)

1日の短期から1週間~の中長期まで幅広く受け入れています。

獣医大学生、動物専門学校生の場合は、実際に動物に触れたり、作業も一緒に行えます

交通費などの諸経費について

実習・見学にかかる費用は当院で全額負担します

● 交通費
● 宿泊費
● 昼食代
● 夜の懇親会 など

病院概要
病院名 リバティ神戸動物病院
院長 河野 太一
病院住所
神戸市東灘区御影郡家1丁目20-19
院長 河野 太一