仮想通貨リバティ紹介サイト

最近仮想通貨投資を始めた筆者が仮想通貨リバティについて情報収集して本サイトにまとめてみました。
リバティってどんな仮想通貨??
リバティ(Liberty)の特徴のついて
リバティ(Liberty)とは自由な組織運営を目指すプロジェクトであり、Liberty Ecosystem Laboratory LLCとETA HOLDINGS Co., Ltdによって開発が始められました。

このトークンによってパブリックで分散化されたプラットフォームを実現することが可能です。

リバティは個人・コミュニティ・国の自由を守り、2つの領域における自由を脅かす存在に対して有効であるとされています。

1つは国内で個人やグループの自由を制限する政府であり、2つ目は中国やロシアのような独裁的な特徴を持つ国家を示します。

すでにリバティは、暗号資産サービス企業であるOmniSparxと提携を結んでおり、コミュニティ内でのコンテンツ共有やトークンインセンティブ・資金管理などが行えるようになっています。今後の予定としては地元の企業と連携してICOによる資金調達を予定しているようです。
リバティ(Liberty)とは?
リバティ(Liberty)は国・企業や投資家に対してコミュニケーションを取りながらプロジェクトを進められるプラットフォームとなります。

Liberty Token(LES)をベースとしたトークンプラットフォームによって起業家は自分自身のプロジェクトのためのトークンを発行することが可能になります。これによって、資金調達が容易になり、配当金、利益分配もトークンを介して行うことができます。
【教育】
参画企業・国に対し、プロジェクトに投資した投資家への広報活動をサポートすることができます。適切な政策やプログラムを研究・分析をするシンクタンクの設立を促します。

これによってリバティをベースとしたメディアコンテンツを生み出すことができ、多くの活用例を集めることが可能です。
【コミュニティ管理】
プラットフォーム内では、様々なコミュニケーションツール(email, Facebookk, Slack, Telegram, Twitter, Instagramなど)を使用して投資家と企業がコミュニケーションを取ることができます。そのコミュニティ内では、誰がキーになるのかやメッセージの優先順位決めなどを管理されます。

また投資家はプロジェクトを推薦し、投票に参加する権利を得ます。資金の割り当てや優先順位等がトピックとなります。投票の重みは以下の3つの方法から決定されます。

①・・・トークンを保有しているか
②・・・トークンの保有量
③・・・上記①と②つの組み合わせ
【投資-資金調達と配当金-】
プラットフォーム上では企業や起業家が自らのトークンを発行し、資金調達をすることが可能です。資金を投資した投資家に対して、配当金やステーキングトークンの配布をすることもできます。
リバティが狙う市場とは?
暗号資産市場規模は、2017年の170億ドルから2018年の2170億ドルまで拡大しました。しかし、未だこの産業は発展途上です。Libery Evcosystemが目指すのは、既存のビジネスモデルを一新し、新たなビジネスモデルを作り上げることです。これを成し遂げるための最初のプロジェクトがリバティとなります。

リバティは、社会・政治・文化・政治機関を構築することができます。これらを構築できるプロジェクトはこれまでありませんでした。既存の資金調達方法は、世界銀行やアジアン開発銀行を中心としたモデルとなります。世界銀行はパブリックな分散的な機関ではなく、同様に他の既存の機関に関しても開かれた市場を形成しようとはしていません。

このような現状がある中でリバティは、分散型プラットフォームにおいて企業同士を繋げ強力なネットワークを構築しようと試みています。
リバティを用いたユースケース
過去10年間で、スリランカ政府はインフラを整備するために多額の資金を中国資本から借りています。その資金によってできた港は2011年にオープンされましたが、多くの交通量を獲得することができていませんでした。

これによって、政府は中国に返金するための予算を生み出すことができません。2017年12月に、スリランカ政府はこれらの借金に対して、99年返金計画を中国と結びました。

このような状況を改善するために、リバティの活用が考えられます。

このシステムによって、スリランカ政府はより透明性の高い実用的な取引を実現することができます。

まず、リバティはコミュニティの管理することが可能です。例えば、企業や組合同士の提携によって、港にさらに大きな船を受け入れるなど柔軟なサービスを展開することが可能になります。

次に、Liberty tokenを使ったブロックチェーンシステムを採用しているので、スマートコントラクトという技術を使うことができます。

スマートコントラクトによって、投資家に対する配当金やLESトークンの所有者に対する金利を効率的に分配することが可能です。
リバティを購入可能な取引所
リバティは海外の仮想通貨取引所であるクロスエクスチェンジに上場しており、クロスエクスチェンジを通して売買を行うことができます。