MIF モレミャイン・インターナショナル・フェスティバル

クラウドファンディング
2019年11月29日24時スタート

フェスティバルを成功させるためには
日本からパフォーマーがミャンマー入り
することがカギとなります


クラウドファンディング・キャンプファイヤーの承認を得ました
応援よろしくお願いします

残り時間 わずか!
応援よろしくお願いします。

ミャンマーへ行きます

水戸市の土田様から寄贈された
こちらのお神輿が
ミャンマーへいきます。

修繕費・渡航費のご支援
よろしくお願いいたします。

モラミャイン・インターナショナル・フェスティバル
MIF


MIFは、
庭園都市構想を基盤にしています

イベントの目的・目標

 

 「モラミャイン・インターナショナル・フェスティバル(MIF)」は、

 日本とミャンマー両国の友好の発展を目的に開催する文化交流イベントです。

ミャンマーは2011年の民主化以降、有望な経済成長のポテンシャルを持つ国として世界中から

注目され、実際に数多くのプロジェクトが進められています。

しかし、一般にはまだまだ知られていないのが現状です。

ここに世界最大の民族の祭典を目指して、

モラミャイン・インターナショナル・フェスティバル(MIF)

を開催したいと考えております。

ミャンマーの民族舞踊の競演を中心に捉え、同期間のモン州発展の可能性を表現する各種展示・フォーラムも、同時開催します。

世界一の民族の文化交流


【イベント開催のモン州からの委任状です】

日本語訳

以下の項目が、モン州政府とモン州商工会議所によって合意され許可されたことをお知らせいたします。

1.2020年3月19日およびそれ以降の日にタイトルのあるフェスティバルを実施します。

2.ミャンマーの人々(ビルマ人、モン人、カレン人、パオ人)と日本人が共同で祭りを計画し、実行します。

3.モン州立商工会議所の商取引と産業の顧問であるスー・タン・アイ氏、原澤氏と田中氏らがミャンマーと日本をそれぞれ代表する。

敬具

ウィン・テイン 会長    

モン州政府

観客動員数3日間で2万人を目標

★3月18日(水) 前夜祭   

ミャンマーの各民族の方と日本人がそれぞれの民族衣装を着用して、夜の屋台ストリートをパレードします。 

夕食は現地の屋台でお好きなお料理をいただき、現地の美味しいグルメを堪能して下さい。

3月19日(木) フェスティバル当日 

フェスティバルは ステージイベントとストリートイベントを予定

ステージイベント

開会式…モン州の子供たちのブラスバンド演奏、モン州からの舞台パフォーマンス

午後…日本の着物ショー(お手伝いいただける方を探してます)

アニメ上映…2019年日本からミャンマーに約4000本の桜が移植されました。それを題材にした 「サクラカプセル」というアニメを制作、

世界に発信している日本のアニメーション。ミャンマーにも日本のアニメーションを習いたいという子供たちが沢山います。

太鼓演奏(参加者募集)

その他パフォーマー募集中

 

18日ストリートイベント

モラミャインの中心街を約400メートル歩行者天国に!

ミャンマーのフードコートの他雑貨販売

日本の出店…わたあめ・たこ焼き・焼きそば等 在ミャンマーの日本人の協力で出店して頂きます。

ミャンマーの民族舞踊の競演…ミャンマーには135の民族がありその中の4民族が現在エントリーしています。

日本の踊りとはまた違う、ミャンマーの舞踊を堪能してください。

私たちの企画に賛同してくださったお神輿渡御のメンバーと現地の方と協力して神輿渡御をします。
魂もいれる儀式も執り行います。

ミャンマーは仏教国、きっと神聖な神輿渡御になるでしょう。

YOSAKOI(よさこい)ソーラン こちらもこの企画に賛同してくださったメンバーによるYOSAKOIソーランの踊りのパレード、400メートルを思う存分踊っていただきます。

その他の日本の踊りを披露してくれる方を募集中

一緒に日本の祭りをミャンマーで!!楽しみましょう。

 

自由広場

子供と一緒に遊ぶ広場
紙飛行機の作り方を教えて、紙飛行機飛ばし大会。

竹とんぼ飛ばし大会・バルーンアート等ができる方が参加して下さると子供たちも喜ぶかと思います。

 

20日 後夜祭

シンポジウム

経済フォーラムや企業活動紹介

セミナー

経済フォーラムや企業活動紹介


a.第一部:基調講演

           ①ミャンマーに於けるモン州の魅力、潜在成長マーケット(ミャンマー)

          ②日系企業との合弁事業成功の要点 (ミャンマー)


  b.第二部:ミャンマーで展開するビジネスと日本との協力関係

          ①事例1農業分野など (日本)

          ②事例2教育・人材育成分野など日本に期待するもの(ミャンマー)

   c.第三部:特別協賛企業講演

          ①農業分野

          ②人材分野

          ③プロダクツ分野

       d.第四部:パネルディスカッション (ミャンマー・日本合同)

               「ミャンマーにおける中小企業のチャンス及び人材活用」


日本から研修生を受け入れたい企業向けのマッチング等も企画 3日間ミャンマーの日本語学校の生徒さん達にボランティアを要請、 会場案内や、スタッフとして日本人と交流することにより、今後の進路や日本の文化も知る良いきっかけになり夢を持ってもらう。

SDGsで、持続可能な事業・活動を目指します

4.質の高い教育をみんなに

就学できる教育環境…20年をめどに

 

6.安全な水とトイレを世界中に

井戸水・衛生環境(トイレ)を各家庭に普及…15年をめどに

 

10.人や国の不平等をなくそう

経済的発展地域と、農村地域の格差を無くす…15年をめどに

17.パートナーシップで目標を達成しよう

入会・協賛金

これまでは、文房具などを支援していました
これからは、より多くの支援活動をめざしています
ご入会・ご支援・よろしくお願いします
入会申し込みは、随時受付ております

会員区分 
※正会員 30,000円(1口)
※法人会員100,000円(1口)
※賛助会員5,000円(1口)

★クラウドファンディング
キャンプファイアを通して返礼品が受け取れる方法。3,000円~1,000,000円まで、バラエティーに富んだ返礼品をご用意しております。

法人会員特典 広告バナーを掲載できます。詳しくは担当者へお問い合わせください
mifibaraki@gmail.com


取引銀行
三菱UFJ銀行 赤坂見附支店
株式会社ゆうちょ銀行 

スタッフの声

フェステバルを成功させよう!

モレミヤイン市ご存じの方は少ない。

ミャンマーに何度も足を運んだことのある人もミャンマー第3の都市(人口)であるモン州モレミヤイン市を地図上即座に指し示す人は多くないだろう。

そんなモン州ではありますが、日本人にとっては小説「ビルマの竪琴」の背景地であり、泰緬鉄道の建設地であり、インパール作戦関連の慰霊碑や仏塔なども残されている縁に満ちた場所なのだ、と言えば年配者なら誰でも即座にビルマのイメージが沸き起こるでしょう。

実は歴史的にも英国が当時ビルマと呼ばれていた、ミャンマーに進出した19世紀半ばにはモレミヤインは首都として繁栄し、いまでもその名残を残す伝統の地でもあります。

更に歴史を遡れば、モン族はビルマ族を凌ぐほどの勢力を持ち、タイ、ラオス、カンボジアなどへも進出して、モン文化の影響を残しているといわれます。

縁あって、モン州の皆様の知己を得て、モレミヤイン・ジャパン国際フェスティバルの話が持ち上がった際、この地以上に我々日本人が両国の文化交流の場として適するところはないと確信しました。

我々はこのフェスティバルを毎年3月19日を日緬交流のエベントとして継続的に発展させていくことを誓い合っています。

田中和雄 (推進者グループ)

 

後 援



協 賛

金砂郷食品㈱

(株)J&C
お仏壇お墓
 こうわ


マネージメントサービス


マネージメントサービス

協 賛

㈱日本デジタルコミュニケーションズ

ハートコンパス
Salon do Lucky
Salon do Lucky

協 賛

㈱楽市
パフォーマー・決定!!
守屋 俊甫 

YouTube↓で、パフォーマンスをお楽しみいただけます

お神輿

水戸市のお神輿がミャンマーへ!
世界中に、日本のお神輿をお伝えしている方が!
ついに、ミャンマーへ!
水戸市在住の土田様から、お神輿を寄贈いただきました。
修繕をして、水戸市の常盤神社でお祓いをしていただきます。
そして、ミャンマーへ旅立ちます。

お神輿、祭りの男! 宮田宣也さんが、ミャンマーへ初上陸します。


今後多くの諸団体様からの共催・後援を頂ける様協議中です


お問い合わせ

ミャンマーの子ども達やイベント・支援などにご協力いただける方は、こちらへお問い合わせください