なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

LΛMDΛ【ラムダ】

LΛMDΛ(ラムダ)とは…Legal, Assisting, Medical and welfare Designing Assemblyの頭文字から取っています。
「老後の生活が心配」「入院のとき身元引受人がいない」
「病気や住居のことが心配」…等々


こういった悩みをお持ちの性的少数者の中高年齢層を中心に
それぞれの専門家と協働しながら、ひとりひとりが老後を迎えてもなお安心して楽しく生きていけるよう"デザインする”団体です。
活動理念
性的少数者の中高年齢層で孤立・孤独を余儀なくされてお困りの方は、決して少なくありません。
私たちラムダ中核スタッフはご相談いただいた方に寄り添い、その内容に応じた専門家(ラムダ・クラウドメンバーズ)とチームを作り、問題を解決する方法を探し、現実的により良い・適切な支援を提供することを目指しています。

沿革

2019年11月
ラムダ発足、最初のクライアントの諸問題に取り組みを開始しました。
2020年3月
コミュニティスペースaktaにて、アルコール依存症の勉強会を行いました。
2020年4月
緊急連絡カード(ラムダ・エマージェンシーカード)を作成し、上野・浅草のゲイバーを回り、設置させていただきました。
2020年5月
新型コロナの影響で休業しているバーに助成金申請のためのお手伝いをしました。
2020年7月
​友達が欲しい方や老後に不安がある方を対象とした友活イベントを定期的に開催し始めました。
2021年4月
ゲイの老人ホーム・共同住居案内と友活の会を立ち上げました。
2020年5月
新型コロナの影響で休業しているバーに助成金申請のためのお手伝いをしました。

事例

70代男性(ゲイ)
上野でゲイバーを営んでおられましたが体調を崩され、元々の持病の悪化もあり、独りでの生活も困難となって私たちにSOSをくださいました。ラムダの活動の端緒になった方です。
病院への付き添い、クリニックでのメディカル・チェック、入院の手配、部屋の片付けなどをご本人も含めた「チーム」によって最善であると考えられる支援を行ってきました。
そして、ご本人・ご親族の方と相談の結果、後見人契約を交わすこととなりました。
スタッフはこまめに入院された病院へ面会へゆき、身の回りの世話をしています。
これからも支援は続いていきます。

メディアでも取り上げられました

フジテレビ「ザ・ノンフィクション」『マキさんの老後 ~意外な素顔~』(2019年1月6日(日) 14:00~14:55)に、コアスタッフの久保、前田が出演しました。
(インタビューはこちら)
Sankei Biz/共同通信社に、コアスタッフの久保の活動が紹介されました。
(記事はこちら)
日経BP/Beyond healthにコアスタッフの久保・成清の活動が紹介されました。
(記事はこちら)
日経BP/Beyond healthにコアスタッフの久保・成清の活動が紹介されました。
(記事はこちら)

当団体の目的

【高齢期の孤独・孤立を支援する】
性的少数者は高齢期になって孤独・孤立を深めることが少なくありません。セミナーや友活(ともかつ)イベントを実施し、横のつながり・ネットワーキングのお手伝いをします。
【高齢期の生活をサポートする】
一人で生活することに疲れた方、一人の老後を考えるより友人達とワイワイ一緒に暮らしてみたい方、そういった方々に「楽しみのある暮らし」方をご提案します。
【いつかは、性的少数者のための…】
支援のためのスキルとネットワークを地道に拡げ、誰もが夢見ながらこれまで実現しなかった性的少数者のための老人ホームを現実のものにしたい…そういう夢を抱きながら、活動の輪を拡げていきます。
【いつかは、性的少数者のための…】
支援のためのスキルとネットワークを地道に拡げ、誰もが夢見ながらこれまで実現しなかった性的少数者のための老人ホームを現実のものにしたい…そういう夢を抱きながら、活動の輪を拡げていきます。

~まずは気軽にお問い合わせください~

お困りの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

プライバシーポリシー

  • プライバシーに関する考え方
    ラムダは個人情報保護に関連する法令を遵守し、個人情報を保護することが活動の基本、かつ社会的責務と考えています。特に性的少数者に関する個人情報について、その保護を十分に配慮することを第一に掲げます。ここに個人情報保護についての方針を定め、関係するスタッフおよびメンバーに周知徹底することににより、個人情報保護を推進します。
  • 個人情報の管理
    ラムダは個人情報への不正アクセス・紛失・改ざん・漏洩などを防止するため、個人情報のセキュリティについて管理体制をとるとともに、ラムダに所属するコアスタッフおよびクラウドメンバーは、それぞれの帰属する各企業等に個人情報を流用せず、中立的な立場で活動に関わります。
    (ただし、現時点ではリソースの少ない状態であるため、中核スタッフの帰属する会社やクリニックなどで実際的な診療や支援を行っています)
  • 個人情報の使用目的
    クライアントの個人情報は、以下のように使用目的を明示し、この範疇での使用をさせていただきます。
     1.問題解決チームには本人にも参加していただき、本人が同意の上で必要なサービス・商品を提供します。
     2.提示されたサービス・商品に対するフィードバック(アンケートなど)調査を行います。
     3.定期的な情報提供のため、冊子やリーフレット、ワークショップ、勉強会のお知らせを送ります。
     4.クライアントからのご質問・ご意見・ご要望にお応えします。

  • 個人情報の開示
    ラムダは、問題解決チームの問題解決のために必要な範囲において、ラムダ・クラウドメンバーおよび関連する業者に、本人の承諾を得た上で個人情報を開示する場合があります。その他、法令・条例そのほか関係当局の要請に基づき開示する場合を除き、チーム以外の第三者に個人情報を提供することはありません。
  • 法令の遵守と見直し
    ラムダは、保有する個人情報に関して適用される日本の法令・その他規範を遵守すると共に、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。
  • 個人情報の使用目的
    クライアントの個人情報は、以下のように使用目的を明示し、この範疇での使用をさせていただきます。
     1.問題解決チームには本人にも参加していただき、本人が同意の上で必要なサービス・商品を提供します。
     2.提示されたサービス・商品に対するフィードバック(アンケートなど)調査を行います。
     3.定期的な情報提供のため、冊子やリーフレット、ワークショップ、勉強会のお知らせを送ります。
     4.クライアントからのご質問・ご意見・ご要望にお応えします。

  • 個人情報の使用目的
    クライアントの個人情報は、以下のように使用目的を明示し、この範疇での使用をさせていただきます。
     1.問題解決チームには本人にも参加していただき、本人が同意の上で必要なサービス・商品を提供します。
     2.提示されたサービス・商品に対するフィードバック(アンケートなど)調査を行います。
     3.定期的な情報提供のため、冊子やリーフレット、ワークショップ、勉強会のお知らせを送ります。
     4.クライアントからのご質問・ご意見・ご要望にお応えします。