事務所業務に信託を加える

民事信託 実務家養成講座 全3日
主催:株式会社レガシィ
~ 初心者の方も安心して参加できます ~
ポイント1
まずは信託法から
基礎からの講座で安心
ポイント2
職員の担当者の方の研修講座として最適
(複数参加割引)
ポイント3
「認知症対策」に今、非常に引き合いが強い
ポイント4
契約書も公開!
専門家と分業して手掛けてみよう!
弁護士 金森 健一氏
弁護士。ほがらか信託株式会社常務執行役員。信託に非常に造詣が深く、複数の大手税理士法人や地域金融機関から民事/商事信託の相談に対応している。
司法書士 石井 満氏
司法書士。司法書士法人おおさか法務事務所副代表・家族信託推進担当。民事信託を利用した資産承継・事業承継の提案及び組成等を専門としている。
税理士 岡崎 孝行
税理士。税理士法人レガシィ代表社員税理士。同法人にて民事信託の業務を担当し、実務経験が豊富。累計提案件数は70件を超える。
税理士 岡崎 孝行
税理士。税理士法人レガシィ代表社員税理士。同法人にて民事信託の業務を担当し、実務経験が豊富。累計提案件数は70件を超える。

セミナー内容

9月18日(水)
第1回
民事信託の基本
【講師】弁護士 金森 健一氏
1.⺠事信託との出会い
(1)⺠事信託とは何か
(2)他の制度(手段)との比較
(3)信託の強みと弱み
2.⺠事信託をするかどうか
(1)どうして⺠事信託をしたいのか(⺠事信託の利⽤例)
(2)⺠事信託をするのに必要なもの
3.⺠事信託業務を始めるにあたって
(1)誰に相談するか
(2)「⺠事信託業務」とは
4.⺠事信託を設定するための準備(ヒアリングと資料収集)
(1)依頼者へ説明しておくべきこと
(2)ヒアリング事項
(3)資料の収集
5.信託スキーム(計画、仕組み)の作成
(1)スキーム図の重要性
(2)スキーム図に入れておくべき事項
6.信託契約条項案の作成
(1)信託契約条項案の起案において留意すべきこと
(2)信託契約書の機能
7.⺠事信託預金⼝座の開設申出
(1)⺠事信託預金⼝座の意義と重要性
(2)取扱い金融機関に確認しておくべきこと
(3)商品性に合わせた信託契約条項にしておく(説明義務との関係)
(4)審査のスタンス(一例)
8.公証人への嘱託
(1)依頼の順序
(2)公正証書によることの必要性
(3)公証人手数料
(4)必要なもの(提出資料等)
9.信託契約の締結
 公証役場での手続きの手順(一例)
10.信託事務の始まり
(1)記録の保存
(2)不動産登記手続
(3)信託預金⼝座の開設
10月11日(金)
第2回
民事信託活用の実務面の課題
【講師】司法書士 石井 満氏
1.民事信託に対する「真のニーズ」とは何か
(実務現場的発想)
 ①成年後見・遺言等と民事信託との本当の関係
 ②超高齢社会における生前承継へのニーズ
 ③本人の自己決定権の実現(受託者ニーズから委託者ニーズへ)
2.民事信託組成の実務的留意事項
(入口から出口)
 ④民事信託提案(最初の相談から組成・アフターフォロー)
 ⑤信託契約書(信託3大要素+民事信託特有の留意点)
 ⑥民事信託における分別管理の重要性とその方法
3.民事信託と金融機関へのアプローチ
(信託内債務と税務判断への橋渡し)
 ⑦金融機関との関わり その1 新規信託内借入
 ⑧金融機関との関わり その2 既存債務の信託内引受
 ⑨信託内債務の意味と税務判断への橋渡し
4.民事信託のさらなる可能性
(事業承継活用例)
 ⑩民事信託の事業承継(親族内承継・M&A準備)活用事例
11月8日(金)
第3回
レガシィでの民事信託事例/債務控除問題
【講師】税理士 岡崎 孝行
1.信託実務の流れと報酬感~信託ビジネスの展開に向けて~
(1)税務専門家としての心構え
 ①顧客の身近な相談役 顧客からニーズ確認
 ②トータルコーディネート 各種専門家への手配と監督役
 ③信託法の理解と目的 より安全な信託のため
(2)信託実務の流れ
 ①初期段階 周辺事情のキャッチ、信託概要説明
 ②契約書作成 契約書条項打合せと説明、税務チェック
 ③名義変更 司法書士、弁護士、金融機関等の連携
(3)業務内容と報酬感
 ①税金診断 親族背景、財産内容、その他情報収集
 ②簡易コンサル 信託適合性、その他選択肢
 ③信託本コンサル 信託関係者への十分な理解
2.レガシィでの民事信託活用実例6選~概要と信託契約実例~
(1)一世代型
 ①区分マンション信託 分けやすい資産とスムーズな承継
 ②自社株信託 議決権集約と安定経営
(2)連続型
 ①不動産総合管理信託 子なし姪へ段階承継
 ②ビル等管理信託 先妻の子の子へ
(3)特殊型
 ①受益権法人化信託 本人の気持ちを尊重
 ②信託+第三者融資 思わぬ落とし穴
3.債務控除問題・各種税金等の影響~税務専門家として押さえること~
(1)信託終了時(相続発生時)
 ①相続税法の債務控除と信託法の考え方
 ②節税影響度とそのリスク
 ③信託契約書作成上の留意点
 ④税務上の手続き
(2)信託期間中
 ①不動産所得と受託者義務
 ②損益通算規制
 ③税務上の手続き
(3)信託設定時
 ①自益信託と他益信託
 ②特定委託者・みなし受益者
 ③税務上の手続き
11月8日(金)
第3回
レガシィでの民事信託事例/債務控除問題
【講師】税理士 岡崎 孝行
1.信託実務の流れと報酬感~信託ビジネスの展開に向けて~
(1)税務専門家としての心構え
 ①顧客の身近な相談役 顧客からニーズ確認
 ②トータルコーディネート 各種専門家への手配と監督役
 ③信託法の理解と目的 より安全な信託のため
(2)信託実務の流れ
 ①初期段階 周辺事情のキャッチ、信託概要説明
 ②契約書作成 契約書条項打合せと説明、税務チェック
 ③名義変更 司法書士、弁護士、金融機関等の連携
(3)業務内容と報酬感
 ①税金診断 親族背景、財産内容、その他情報収集
 ②簡易コンサル 信託適合性、その他選択肢
 ③信託本コンサル 信託関係者への十分な理解
2.レガシィでの民事信託活用実例6選~概要と信託契約実例~
(1)一世代型
 ①区分マンション信託 分けやすい資産とスムーズな承継
 ②自社株信託 議決権集約と安定経営
(2)連続型
 ①不動産総合管理信託 子なし姪へ段階承継
 ②ビル等管理信託 先妻の子の子へ
(3)特殊型
 ①受益権法人化信託 本人の気持ちを尊重
 ②信託+第三者融資 思わぬ落とし穴
3.債務控除問題・各種税金等の影響~税務専門家として押さえること~
(1)信託終了時(相続発生時)
 ①相続税法の債務控除と信託法の考え方
 ②節税影響度とそのリスク
 ③信託契約書作成上の留意点
 ④税務上の手続き
(2)信託期間中
 ①不動産所得と受託者義務
 ②損益通算規制
 ③税務上の手続き
(3)信託設定時
 ①自益信託と他益信託
 ②特定委託者・みなし受益者
 ③税務上の手続き

開催概要

セミナー名称
民事信託 実務家養成講座< 全3日>
開催日
2019年9月18日(水)・10月11日(金)・11月8日(金)
時間
13:00 ~ 17:30(開場は12:30 ~)
参加費用
フリーパスポート会員   88,000円+税/2人目 120,000円+税<20%OFF> 
その他レガシィ会員    99,000円+税/2人目 135,000円+税<10%OFF> 
一般価格       110,000円+税/2人目 150,000円+税

※同じ事務所の方は+40,000 円+税で参加できます!

その他レガシィ会員とは…プロテック研究会、最前線実務ゼミナール、税務調査研究会、
            相続名義変更アドバイザー、職員戦力向上プログラム会員の各会員
会場
TKP東京駅セントラルカンファレンスセンター
参加費用
フリーパスポート会員   88,000円+税/2人目 120,000円+税<20%OFF> 
その他レガシィ会員    99,000円+税/2人目 135,000円+税<10%OFF> 
一般価格       110,000円+税/2人目 150,000円+税

※同じ事務所の方は+40,000 円+税で参加できます!

その他レガシィ会員とは…プロテック研究会、最前線実務ゼミナール、税務調査研究会、
            相続名義変更アドバイザー、職員戦力向上プログラム会員の各会員

お問合せ

本セミナーに関するお問合せ

0120-00-8377
株式会社レガシィ
営業時間: 9:00 - 17:30