メンズの革(レザー)ベルトのお手入れの方法ってどうやるの?

ビジネスでは身だしなみが重要!

メンズスーツの革(レザー)ベルトのお手入れの方法を紹介したいと思います。

革(レザー)のベルトは、手入れ次第でどんどん馴染んでいく!

革(レザー)ベルトは、しっかりと手入れする事で、長持ちするだけではなく、自分の身体にどんどんフィットしていったりと、経年変化を楽しむ事ができます。

経年変化とは、年月が経つうちに製品の品質・性能が変化することです。革ベルトの特性と手入れの方法を知ってしっかりと手入れをしていきましょう。

革(レザー)のベルトのお手入れに必要な道具は?

革(レザー)ベルトのお手入れに必要になってくる道具としては、以下の2点が挙げられます。

  • ブラシ
  • 保革(ほかく)クリーム

まず、ブラシですが、柔らかい馬毛(うまげ)ブラシなどでいいでしょう。
革靴などのケアにも使われる一般的なブラシですので、500〜1000円前後で購入する事が出来ます。

次に保革(ほかく)クリームですが、こちらは「保革クリーム」で調べると色々と出てきます。革(レザー)ケア用品で、馬毛ブラシなどと同じ様に靴などにも使われますので、手に入りやすいと思います。

こちらは、1000円〜3000円前後で購入する事が可能です。

また、保革クリームは、別称で「デリケートクリーム」「保湿クリーム」などとも呼ばれたりしていますが、要は革(レザー)ケア用品であれば問題ありません。 

他に必要なものとなるのは、保革クリームを塗る為の布くらいでしょうか。こだわりたい方は専用のものを購入してもいいかもしれませんが、気にならないのであれば、不要になった布の切れ端などでいいと思います。

革(レザー)ベルトのお手入れの手順

①スーツでも私服でもベルトをしっかり外す!


当たり前の様で、意外に面倒くさがってそのままベルトをつけたまま放置している方もいるのではないでしょうか?

革ベルトにとっても良くないですが、特にスーツはベルトを外さずにおくと形が崩れてしまいますのでしっかりと外して折り目を綺麗に保ちましょう。

また、後述しますが、革ベルトは湿気や汗に弱いのでそういった意味でもそのままにしておくのは良くないです。


②ブラッシングでホコリを落とす!

目立たなくても、一日中着けているベルトには埃やチリがついています。

馬毛ブラシなどで、しっかりとブラッシングをしてこれらを取り除きましょう。

夏場などは特に、埃やチリが湿気を吸ってしまう事でカビが生えてしまったりすることもあります。

③保革(ほかく)クリームを塗って革に栄養を!

ブラッシングをして埃を落としたら、保革(ほかく)クリームを塗っていきます。

ベタベタに塗れば良いというものではなく、程よく優しく塗り込む様にしてください。こうする事で、革(レザー)に潤いを与える事ができます。

革にも栄養補給をさせてあげてくださいね。

④直射日光を避けて保管を!

革(レザー)ベルトを保管する時は、直接日光に当てないということが重要です。

また、湿気や汗などに弱いとは言ったものの、ドライヤーなどで急激に乾かすのもひび割れなどに繋がってしまうので避けましょう。


革(レザー)ベルトをお手入れする際の注意点

まず、前提として革(レザー)の特性を知っておく事が重要となってきます。

意外に知られていない事として、「革は水気・湿気に弱い」です。

特に気をつけなければいけないのは、夏場の湿気と汗です。

一日中、腰元につけているベルトは気付きにくくても汗や湿気を吸っていますので、しっかりと手入れをして自然乾燥させる事が大切です。

スエード革の手入れ方法は?

スエード革とは、本来使われる革の内側をサンドペーパーなどで起毛させた革の事で、靴などにもよく使われます。
スエードのお手入れ方法は、通常の革ベルトとは少し異なってきますので紹介します!

①まずは、ブラッシング

最初は普通の革ベルトと変わらず、最初はブラッシングをして埃などをしっかり落としましょう。

②スエード革用の栄養ミストを吹き掛ける

スエード革用の栄養ミストのスプレーなどが、1000円前後で購入出来ますので、色調を鮮やかに保つ為にも用意しておくといいでしょう。

③乾燥させてブラッシングする

栄養ミストを吹きかけたら、少し乾燥させてからブラッシングして毛を整えましょう!

クロコダイル革ベルトの手入れ方法は?

革の高級素材として、絶大な人気を誇る「クロコダイル(ワニ)革」。「エキゾチックレザー」などとも呼ばれたりします。
最近は革自体は牛革で、模様だけ「クロコダイル風」にしたものもありますが、本物のワニ革を使っている際は、お手入れの方法が少し異なりますので注意が必要です。

①やっぱりまずはブラッシング

とにもかくにも、まずはブラッシング。なるべく柔らかい毛のブラシを使うといいでしょう。

②爬虫類革専用のクリームを塗る

クロコダイル革のベルトの場合は、爬虫類専用のクリームを使用してください。
通常の革のケア用品を使用すると、変色などしてしまう可能性があるのでご注意ください。

③しばらく放置後、乾いた布で磨く

しばらく自然乾燥させたら、乾いた布などで優しく磨いてあげましょう。

④ ツヤ出しや防水のためにエキゾチックスプレーを使用してもいい

ワニ革は、水に弱いため、ツヤを出すためだけではなく、防水のためにエキゾチックスプレーと呼ばれる爬虫類専用のケアスプレーを使用してもいいでしょう。

クロコダイル革ベルトの取り扱い注意点

クロコダイルの革は水に弱いです。
濡れた場合はすぐに水分を取り陰干しをしてください。
直射日光に当たる場所は避け、もちろんドライヤーなどで急速に乾かすのはNGです。

クロコダイル革などは、稀少な高級品なので、しっかりとケアをして長持ちさせていきたいですね!

革(レザー)ベルトは手間をかけてでも手入れをする価値がある!

革ベルトは、靴などと同じ様にしっかりと手入れをしてあげる事で、長持ちするだけではなく、むしろ自分の身体にフィットする世界で一つだけのベルトになっていきます。

使えば使う程に、育っていく革ベルトの魅力をより引き立たせる為にも、毎日のお手入れは欠かさない様にしていきたいですね!

革(レザー)ベルトの事でお悩みなら、60年の歴史を受け継ぐ東京・台東区のベルト専門メーカーKNOT(ノット)へ