Leather
and
Lace

A "clothes" to everybody
is a "Clothes" to nobody.

SHOP SITE

誰にでも似合うように作られた服、
当たり障りのないデザインで大量生産された服は、
万人受けするからこそ誰にとっても
特別なものにはなかなか成り得ないものです。

お気に入りの服を着ているのに、
向こうから歩いてきた人が
自分と同じものを着ていたら
恥ずかしく思うことはあっても
嬉しく思うことはないでしょう。

少なくとも服が好きな人であればそうだと思います。
新しいデザイン・スタイル・ファッションが
次々と生まれ出てくる中で、
古着ももっと新しく、もっと自由で、
時にはもっと斬新であってもいいのでは、
と思います。

古着はそれらしく着るもの、
なんてルールや暗黙の了解はありません。

古着で高級感を装うこともできますし、
一見縁遠いと思われがちな
清潔感だって表現できます。

ハイファッションのような最先端のスタイル、
ミニマムでモノトーンの着こなしですら
いくらでも可能です。

そして何より、
古着を選ぶことでそれを他人と被ることのない、
自分だけのものにできるのです。

長い年月を経ることでしか生まれない雰囲気、
最新の加工技術でも決して再現できない空気感、
そんな古着本来の素晴らしさは大事にしていきたい。

ただ同時に、旧来の古着観にとらわれすぎず、
新しい可能性を模索することにも
目をむけていきたい。

その姿勢を表現し伝えていくことで、
ここを訪れてくれた方々が
「自分だけの特別なもの」を
みつけていただくことができれば幸いです。

THE OTHER OF
LEATHER AND LACE


「土曜日は別の顔」。

web storeには未掲載のアイテムも織り交ぜながら、
時にはテーマを掲げたラインナップを用意したりと、
ウェブとはまた少し異なる
テイストで展開していきます。

The other side of Leather and Lace。

「自分だけの特別なもの」、
見つけにきてください。

私自身も店頭に立ち、
自信を持ってお手伝いをさせていただきます。

直接目で見て、手に取り、袖を通す。
その週1回だけの貴重な機会を
楽しんでいただけたら幸いです。

Leather and Lace 野口匠

ACCESS

The other side of
Leather and Lace

 hours : 12:00〜20:00
(毎週土曜日のみ)

phone : 080-3242-556
(土曜日のみ受付)

〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町17−9
第二昭和ビル401

space「novore」 http://novore.blogspot.jp/


JR渋谷駅南改札を出て左に行くと、
広いバスターミナルがあります。

左にある大きな陸橋を上り、
広い道路(246)を横断する形で渡ると
「KEY」という楽器店の大きな看板と
Family Martが見えてきます。

その間を通る桜坂を少し登り、
1本目の左横道右角が当ビルです。

だいたい駅から徒歩3分位です。

ご不明な点がございましたら、
お気兼ねなくお電話でお問い合わせください。

オーナー

野口匠

一言コメント。