新電力会社ってなに?
どんな特徴を持っているのか?

新電力会社と言われても、いまいちピンと来ない人も多いのではないでしょうか? 今回は新電力会社の特徴や安くなる理由などについて紹介していきましょう。安さを求める人は新電力会社への切り替えを検討してみましょう。

新電力会社の特徴

電力会社切り替えの前に、新電力会社がどのような特徴を持っているのかを知っておく必要があります。こちらでは、新電力会社の特徴について見ていきましょう。

 ・新電力会社と呼ばれる理由

電力自由化に伴い、さまざまな企業が新規参入してきました。自由化によって参入してきた企業のことを「新電力会社」と呼ぶのです。

 ・新電力会社を選ぶ理由

各エリアでは電力の独占販売が行われていたため、消費者は「電力会社を選ぶ自由」がありませんでした。しかし、電力自由化によってさまざまな企業が参入してきたことで消費者が電力会社を選ぶ時代となってきました。

 ・新電力会社のプランは安い

消費者が新電力会社に切り替える理由、それは大手電力会社とは異なって安さをメインにしているからです。大手では実現不可能な安さを新電力会社は現実のものとしています。

電力会社を切り替えるメリット

電力会社を切り替えるメリットが分からない、という人もいるのではないでしょうか。こちらでは電力会社を切り替えることでどんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

 ・電気代が安くなる

先述したように新電力会社のほとんどが大手電力会社よりも安いプランを出しています。確実に安くなるとは言えませんが、比較すると多くの人が安くなる傾向があるようです。

 ・セットプランがある

すべての新電力会社が実施しているわけではありませんが、ガス会社と新電力会社のセット割を展開している所が多いです。ガスと電気を一緒に契約することで料金が安くなる、払いも一度で済むなどのさまざまなメリットがあります。

 ・環境に良い

新電力会社の多くが再生可能エネルギーに積極的です。そのため、環境に良い会社と契約を結ぶことで自分自身も環境に対して貢献できるというメリットがあります。

電力会社を切り替えるデメリット

電力会社を切り替えることで起こるメリットもあればデメリットもあります。こちらでは、どのようなデメリットがあるのかを見ていきましょう。

 ・手続きが面倒

新電力会社に切り替える際、どうしても手続きの手間がかかってしまいます。なかなか時間を作れない人にとっては、手続きの面倒さが最大のデメリットに感じていることもあるようですね。手続きの手間を減らすためには、引っ越しと同時期に新電力会社に切り替えるという方法もあるようです。

 ・縛りがある会社もある

一時期の携帯電話会社のように、年数縛りや解約時の違約金などを行う会社もあります。安さだけに注目していると、そういったデメリット部分を見逃す場合もあるので注意しましょう。

 ・思ったほど安くならない

利用量などによっては新電力会社に切り替えても予想しているほどの安さにならない場合もあるようです。事前にどのくらいの金額になるのかシミュレーションしてもらいましょう。シミュレーションしてもらうことで現在の料金と比較することができるからです。

新電力会社に切り替えた人の意見とは?

新電力会社に興味があっても、実際に切り替えた人の意見を聞かないと不安という人もいるのではないでしょうか。こちらでは、実際に切り替えた人の意見を見ていきましょう。

 ・5万円前後お得になった

年間で5万円ほどお得になったというケースもあります。月にすれば5千円前後ですが、年間料金で考えると5万円は大きいのではないでしょうか。店舗など電気代が高ければ高いほど新電力会社の恩恵を受けられるのではないかと思われます。

 ・生活に合わせて選んだ

共働き世帯などは日中はほとんど電気を使わないという家庭もあります。そういった家庭は夜に電気代がお得になるプランの方が向いていると言えるでしょう。新電力会社には夜間電気代がお得なプランもあるので、ライフスタイルに合わせたプランが選べます。生活に合わせた選び方をするなら、新電力会社比較をすることで家計にも優しいプランを見つけることができます。

 ・しっかりチェックをする

契約後に違約金や年数縛りがあったと気づいても後の祭りです。事前に会社の特徴などをしっかりチェックすることで自分に合う新電力会社探しができます。

新電力会社に関する他の特徴などを知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

電力の自由化によってさまざまな企業が参入してきました。
そのため、電力会社の切り替えなどに悩む人も多いでしょう。
新電力会社によって特徴などが変わってくるので、
しっかりと比較をしてから決めるようにしましょう。
先述したように安さだけをメインにしていると
思わぬデメリットに気づくことがあるので気を付けなければいけません。