WAITE TAROT

2018 京都

タロット(ウェイト版)を学ぶ

講師:伊泉 龍一

小アルカナを学ぶ

8月4日(土)/5日(日) 
14時〜17時
各回¥9,000-

日本でもっともポピュラーなタロットである「ウェイト版(ライダー版)」の小アルカナを、しっかりと学べます。一枚一枚の絵を丁寧に見ていきながら、はじめての方でもしっかりと理解できるよう分かりやすく解説していきます。カードの制作者であるアーサー・E・ウェイトの解説書『タロットの鍵(The Key to the Tarot)』を日本語訳したテキストを配布しますので、まずはそれを基に、カードの絵を改めて見直していくことから始めます。さらにレイチェル・ポラックの『叡智の78の段階』を始め、 その他の現代の海外のタロティストの定評のあるウェイト版の解説書も参照しながら、個々のカードのイメージをより深く理解していくことを目指します。

会場の詳細は、お申込みの方に後日お知らせします。いずれも京都 四条烏丸・河原町近郊です。

大アルカナを学ぶ

9月8日(土)/10月13日(土)/11月10日(土)
14時〜18時
各回¥12,000-

日本でも最もポピュラーなタロットと言えば「ウェイト版(ライダー版)」です。非常に魅力的デザインであるため、初心者向けとされがちなウェイト版ですが、実はそのカードの一つ一つのモチーフには、アーサー・E・ウェイトの神秘思想が、非常に緻密に計算されて込められています。本講座では、「ウェイト版」のシンボリズム解釈の序論として、1910年に出版された作者自身による解説書『タロットへの鍵(Key to the Tarot)』を手掛かりにしながら、一般的なタロットの入門書では語られることのない、そこに秘められた意味を浮き彫りにしていきたいと思います。『タロットへの鍵』を日本語訳し、注を付したテキストをお配りしますので、すでに 「ウェイト版」をお使いの詳しい方から、プロフェッショナルの方まで、どうぞご参加ください。原典に記されたウェイト自身の言葉を理解していく内に、これまで思いもしなかった「ウェイト版」に秘められた深い意味を実感していただけることと思います。

今回は大アルカナ22枚に秘められた意味を丁寧に見ていきます。タロット初心者の方でも参加できます。

講師ご紹介

Ryuichi Izumi

占い・精神世界研究家。 タロット・カード、ヌメロロジー(数秘術)、占星術、手相術、ルーンなどをはじめとして欧米の多数の占いを紹介している。朝日カルチャーセンター、NHK文化センターなどで講師としても活躍中。

著書:『タロット大全 歴史から図像まで』(紀伊國屋書店)、『数秘術の世界』(共著、駒草出版)、『西洋手相術の世界』(共著、同)、『完全マスタータロット占術大全』(説話社)。訳書に、レイチェル・ポラック著『タロットの書――叡智の78の段階』(株式会社フォーチュナ)、 ジョアン・バニング著『ラーニング・ザ・タロット』(駒草出版)、ジリアン・ケンプ著『ラブ・マジック・ブック』、『フォーチュン・テリング・ブック』(同)マーカス・カッツ、タリ・グッドウィン著『シークレット・オブ・ザ・タロット――世界で最も有名なタロットの真実と謎』(フォーテュナ)、ケヴィン・バーク著『占星術完全ガイド』(同)。『リーディング・ザ・タロット』(駒草出版)がある。

伊泉龍一オフィシャル・サイト 運命の世界 

主催者より

占いと癒しのお手伝い LARGO CARA

こんにちは、LARGO CARA 石山エリカです。
大阪では何度も開催されています、伊泉龍一先生のウェイトスミスタロット講座。この度、いよいよ京都で開催させて頂けることになりました。

タロットをこれから始めてみたいなという方には、この最もポピュラーなウェイトタロットを1から学ぶチャンスです!また、タロットに慣れ親しんでいる方にも、新たな視点で学べる事と思います。

全国から集まる伊泉先生の講座。ぜひこの機会に京都にお集まり頂けたら幸いです。
皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

オフィシャル・サイトLARGO CARA  占い情報サイトAGATA.©️      

会場の詳細は、お申込みの方に後日お知らせします。いずれも京都 四条烏丸・河原町近郊です。