日本の免税店を利用するならアレキサンダーアンドサンがオススメ!

日本の一般的な観光地に行ってみると、外国人を頻繁に目にします。その近くには外国人が利用できる免税店があり、こちらにも大勢の外国人が詰めかけます。その中で、ひときわ多くの外国人が集まって繁盛をしているのがアレキサンダーアンドサンです。新宿店を始めとして、全国に多くの免税店を出店しているアレキサンダーアンドサン、どのあたりがオススメなのか、まとめました。

アレキサンダーアンドサンのここに注目!

企業のビジョンとして、「みんなの笑顔のために」を掲げるアレキサンダーアンドサンでは、お客様ファーストを目指し、商品の品ぞろえは当然として、快適にお買い物ができる環境や見やすい陳列に心がけ、清潔感あふれる店内を目指しています。社員教育も行き届いており、最高のおもてなしができるよう、前向きな姿勢を持って対応している状況です。接客を褒める声も多く、ゆったりとくつろいで買い物ができる環境作りは十二分にできており、またアレキサンダーアンドサンに訪れたいと思われるような、努力を続ています

 

中国の旅行者はもちろんのこと、東南アジアの旅行者にも着目し、近年旅行者が増えているベトナムやインドネシア、以前から来ているタイやシンガポールの旅行者にも来てもらえるような体制作りに全力を挙げている最中です。

 

アレキサンダーアンドサンはこんな場所にも!

アレキサンダーアンドサンは東京店として新宿ゴールデン街方面に店舗を構えるほか、クルーズ船が停泊する長崎など大勢の外国人が訪れるエリアに存在します。例えば札幌店は、札幌市の中心部に位置し、インターチェンジから3分と道内にある観光地で楽しんだ後にすぐに行けるような場所にあります。ここでは英語や中国語、韓国語だけでなく、タイ語やマレーシア語といった様々な言語に対応したスタッフが常駐しているので安心です。

 

沖縄の宮古島にも出店しており、120坪というとても広い売り場面積に、宮古島の特産品を始め、家電製品やブランド品、健康食品などが売られています。免税店なので安く購入できるのが魅力的な中、観光のついでに利用できるのが最高です。ここ数年で店舗数を一気に増やしており、沖縄や富士山周辺など、外国人にも観光地としての知名度が高いエリアへの出店に力を入れており、品ぞろえの確保にも手を抜きません。

アレキサンダーアンドサンはいち早くモバイル決済に対応!

中国ではモバイル決済で支払いを済ませる人が非常に多く、その金額は2018年の時点で5000兆円に迫るとされ日本の比ではありません。そんな中で最もシェアを握るのがアリペイという決済サービスです。中国ではこれを導入しなければ商売にならないほど、まるで通貨のように取り扱われています。このアリペイにいち早く対応をしたのがアレキサンダーアンドサンです。多くの中国人がクルーズ船などで毎年やってくることから、いち早く対応をしました。日本の企業はキャッシュレス決済そのものに頭を悩ませる中、アレキサンダーアンドサンはその波を事前に感じ取り、早々に導入を決めています。

まとめ

2018年に日本にやってきた中国人は、わずか1年で2兆円近くを消費するなど、決して無視はできないお客様になっており、また中国人1人当たりの消費額も20万円を超えるとされています。アリペイの導入はもちろん、品ぞろえの良さ、接客のすばらしさなども前面に押し出し、日本にやってくる外国人のハートをがっちりつかむ、それがアレキサンダーアンドサンです。

 

外国人のニーズをつかみ、常に希望する商品がそこにあるような形を目指しており、外国人旅行者が必ず訪れる免税店になれるよう、挑戦が続きます。