東大阪で注文住宅を建てるなら
どの会社がいい?

大阪と言えば、人情溢れるエリアが多いというイメージが強いですよね。東大阪もそのひとつで人の温かみを感じられる場所として知られています。今回は、東大阪市の暮らしやすさやおすすめの注文住宅会社について紹介していきましょう。

東大阪市の暮らしやすさについて

基本的に大阪府は東京に次ぐ都会であり、暮らしやすさを感じる人の方が多いです。こちらでは、東大阪ならではの暮らしやすさについて見ていきましょう。

 ・田舎の中の都会感

大阪ということで、どのエリアも都会感に溢れる場所と考える人もいます。しかし、都会であっても田舎を感じられる場所は多くあるのです。東大阪もそのひとつであり、良い意味で田舎を感じられる場所として知られています。生駒山が近くに見えることで、自然とも触れ合えるエリアです。

 ・買い物に困らない

大阪は商売の街と言われるほど、多くの店があります。東大阪も商店街やスーパーが多いため、買い物面で困ることはないでしょう。生活に必要なものはすべて東大阪で揃えられるほど豊富な店があります。

 ・歴史を感じられる

東大阪には古墳や神社などがあります。山が近いこともあって自然が豊富であり、自然の雄大さや歴史を感じられる場所として知られているのです。

東大阪で暮らしにくいと感じる部分は?

東大阪で暮らしにくさを感じる部分はどんな場所なのでしょうか? こちらでは、実際に暮らす人が感じる「暮らしにくさ」について見ていきましょう。

 ・道が狭い

東大阪全域ではありませんが、道が狭い印象が強いようです。その理由として人通りが多い場所でも歩道がないところが多いようです。そのため、車とすれ違うことに心配さを感じる部分もあります。車の運転をする人にとっても道の狭さはデメリットに感じるでしょう。

 ・場所によってはうるさい

学校付近などは夜になってもうるさいと感じることがあります。子供のうるささは仕方ないと感じる人も多いです。しかし、人によってはわずらわしさを感じる場合もあるようです。

 ・自転車が多い

自転車人口が多い場所も多いです。若い人から年配の人まで自転車を利用している人が多いです。人によっては若干危険な運転をしている人もいるので、歩行者から「危ない」と思われることもあります。

注文住宅を建てる前にやっておくべき調査とは?

気に入った土地があったからすぐに注文住宅を建てよう、という人はいません。必ず生活環境のリサーチなどをする人が多いでしょう。こちらでは、事前にしておきたい調査について見ていきましょう。

 ・環境調査

土地の邦楽や日当たりの状況など、土地を決める前にしておきたいことです。どんなに利便性が良い場所であっても日当たりが悪ければ生活環境に影響します。不動産会社で「日当たり良好」などのうたい文句もあるかもしれませんが、その言葉だけを信じて決めるのはリスクがあるので注意しましょう。

 ・地盤調査

これは住宅会社が積極的に取り入れているものです。地盤が弱い場合、地震などで住宅の倒壊に繋がる可能性があります。日本は地震が多い場所なので、地盤調査は必須でしょう。

 ・法規調査

すべての土地に住宅を建てられるわけではありません。住居用、商業系、工業系と土地の種類が分かれるのです。工業系や商業系に住宅は建てられません。購入したはいいけれど、家を建てられない土地だったとならないように事前調査をしておきましょう。

東大阪でおすすめの注文住宅会社

東大阪にはさまざまな住宅会社があります。こちらでは、その中でも特におすすめしたい注文住宅会社について見ていきましょう。

 ・ビーバーハウス

女性好みの可愛い家を得意としている住宅会社です。収納などにも注目しているので、物が散らかりにくい特徴があります。施工前に丁寧な敷地調査を行うので、地震や大雨に弱くないかどうかをしっかり把握することができます。

 ・シーキューブ

間取りを変更しやすい設計を得意としている注文住宅会社です。省エネの効率アップ、太陽光発電設置などにも対応しているのでさまざまな面で頼りになる会社と言っていいでしょう。壁全体が本棚になっている、リビングの収納など収納に力を入れている部分があります。

 ・ミヤウチ建設

一軒家なのにボルダリングができるスペースなど、施工主の趣味を前面に出した住宅造りをしてくれる会社です。遊び心を加えた注文住宅会社を求めている人におすすめです。

東大阪でおすすめの注文住宅会社について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

東大阪は適度な都会感と田舎感が融合している場所です。
その適度さが暮らしやすさにも反映されています。
都会のような雰囲気を持ちながらも、田舎ならではの自然を感じられるなど
のびのびと子育てをしたい人にもおすすめされているエリアと言っていいでしょう。