なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

マツエクOKのクレンジングを使ってみた感想

マツエクをしてから、それまでのオイルクレンジングが使えなくなり、新しいものを探していました。

そこで、ネットで話題になっていたのを見かけて、マナラ ホットクレンジングゲルを使ってみることにしました。

公式ホームページからの注文だと割引があり、ドラッグストアなどで買うよりお得だと感じました。

「マツエクOK」の記載もあったので、安心して注文することができました。

さっそく使ってみると、柑橘系の良い香りが。とても癒やされますね。

メイクとなじませているうちに、本当に温かくなってきたので感動しました

バスタイムはなるべく短縮したい派なので、ダブル洗顔が不要なのもとてもありがたいです。

使用後は全然つっぱらず、肌がしっとりとした感触になりました

毛穴の黒ずみにも効果があるということなので、これから使い続けていくのが楽しみです。

マツエクにもOKな人気クレンジング

美容オイルをベースに、肌の潤いを守りながらメイクを落とすことができます。

4種類の高級美容オイルを配合。ロックローズオイル、イモーテルオイル、バオバブオイル、アルガンオイルの4種類の高級美容オイルに、古い角質を分解して肌を明るくするコーラルグラスオイルを配合しました。

防腐剤、香料、合成色素、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤は不使用です。

毛穴に効果的に働きかけるカエナリアや、肌を引き締めるアーチチョーク葉エキスなどの美容液成分をたっぷり配合しています。ダブルクレンジングは不要。

液だれせずに肌に密着するので、ダブルクレンジング不要で目元にも使用できます。マツエクにも適しており、ダブルクレンジングは不要です。

また、「進化したパパイヤ酵素」「アースマリンウォーター」「ミニポリル」など、肌研究に基づいた美容成分や、毛穴ケアに着目した植物由来の成分を配合。

角質・老廃物クリア処方により、メイクや汚れだけでなく、肌に蓄積された "くすみのリスク "までも浄化するクレンジングジェルです。

ツボ草エキスやサトウキビエキスなど23種類の植物由来の美容エキスと、セラミドや4種類のヒアルロン酸など12種類の贅沢な美容成分を配合しています。

マツエクに使えるクレンジングとは

一般的には、石油系洗剤をベースにしたクレンジングが最もグルーを落としやすいと言われています。

化粧品の成分は、各成分の含有量が多い順に記載されていますので、マツエクに適さない成分(石油系洗剤など)が前面に出ていないかを確認してください。

ただし、成分表で具体的な洗浄成分を確認するのが難しい場合は、商品パッケージやメーカーのホームページに「マツエクに適しています」「まつげエクステOK」と記載されているクレンジングを選ぶとよいでしょう。

目のキワにメイクがたまる原因となるまつ毛を挟まないように、目の周りにはクレンジングを使わないようにしましょう。

W洗顔なしのクレンジングは、1つのステップを省略することができます。1つで2つの役割を果たすクレンジングをお探しの方には、W洗顔がおすすめです。

W洗顔をしないことで、メイクを素早く簡単に落とすことができ、肌と目元がすっきりとした状態になります。細い綿棒を使えば、さらに細かいクレンジングができます。

ウォータープルーフのマスカラは特に落としにくく、強力なクレンジング剤が必要なので避けましょう。

おすすめのマツエク対応クレンジングと選び方

今までと同じクレンジング剤でメイクを落とせますか?クレンジング後の洗顔が不要なクレンジング剤を選べば、クレンジングと洗顔を一度に済ませることができ、目の周りの摩擦を減らすことができます。

その結果、マツエクへの影響も最小限に抑えることができるので、ダブル洗顔不要のクレンジングを使うことは、マツエクを長持ちさせることにもつながります。

また、DUO ザ クレンジングバームは、独自のナノマトリクス構造で汚れを落とし、ダブル洗顔を必要としないため、マツエクを装着している方にもおすすめです。

ダブル洗顔不要のクレンジングバームは、クレンジング後の爽快感が口コミで人気です。リダーマラボ モイストゲルクレンジングは、1本でメイク落とし、洗顔料、マッサージ効果、美容液の4役をこなす優れたクレンジングです。

オイルクレンジングはメイクを落とすために油分を主成分としているためベタベタしていますが、オイルフリークレンジングは油分がほとんどなくサラッとしています。

これらのクレンジング剤の利点は、マツエクに使えるだけでなく、メイクを落としたり、肌に良い影響を与えることです。

これらのクレンジング剤は、スクラブ効果や温熱効果で毛穴の汚れを落とし、クレンジング後の保湿効果も高いので、マツエクをしていなくても欲しくなってしまいます。

基本的に、クレンジング時にマッサージをするのは間違ったスキンケア方法です。