何だか最近 
子供の心が掴めなく
なったと感じる 
あなたへ
潜在的な心の中を映し出す
花セラピーで
心配事がスッキリ

こんなお悩みありませんか?

  • 引越による環境の変化(転校)でなかなか馴染むのが難しい。
  • 最近 歌いながら帰宅しなくなった。
  • 兄弟げんかの時
  • 明るく社交的だった性格が影を潜めはじめた。
  • 最近 何事にも興味を示さなくなったと感じる。
  • 外で遊ぶのが大好きだったのに公園に行かなくなった。
  • 楽しかった時のことをよく口にする。
  • 緊張している感じが伝わってくる。
  • 聞いてもあまり話してくれない。
  • 今と昔の環境を比較しがち。
  • 引越による環境の変化(転校)でなかなか馴染むのが難しい。

あなたの悩みを解決する方法がありました。

環境が大きく変わった時、何か些細なことでふさいだり、テンションが常に低空飛行だったり、何にも興味を示さなかったり…。
そんな我が子を見ると母親って心配になりますよね。
心配し過ぎる前に「花セラピー」で心を映してみましょう。

「花セラピー」は好きな花を好きなだけ選んで花を生けます。何の決まりもありません。
ただ思ったままに直感で花を生けていくだけなのです。
選んだ花の形や色に意味があり、挿した位置にも思いが込められています。
あなたが作ったアレンジメントが今のあなた自身なのです。

実は私もそうでした。

1年前に引越し、新たな環境での生活が始まりました。
当時息子は新小学3年生。社交的で明るく学年の隔たりなく遊べるタイプ。
転校しても大丈夫だろう。とたかをくくっていました。心配ごとなんて何もないはず・・・でした。

明らかに緊張した面持ちで始まった新学期。
友達の話をすることもなく、公園に遊びに行くこともせず学校と家の往復が続きました。
帰宅してからも怒ったような口調で「前の学校に帰りたい」「面白くない…。」「学校がつまらない…。」否定的な言葉が続きました。
思ってもいなかった展開に私の不安は一気に最高潮に。

その時の私の気持ちは「あんなに社交的だったのになんで!?どうして!?」「本当に公園行かないの?」「こんな引っ込み思案だったっけ???」「何とかしてあげたい、でもどうやって!?」
環境が変わって始まったばかりだと頭では分かっていても、息子の変化に私の頭の中は???だらけでした。

そんな不安を抱えたまま迎えた夏休み、知り合いの花セラピストさんが近所で親子花セラピーの体験会をするからと誘ってくださいました。
面白いことに、息子は作ったアレンジメントにテーマを決め物語を作っていました。
そのテーマは「ジャングルからの楽園」ジャングルに迷い込んだ自分がどうにかこうにか切り抜け無事に生還するというサバイバルなお話です。
小学生の間で「〇〇のサバイバル」と言う科学漫画が流行っています。大好きなその本の影響大ですが「新しい環境」というジャングルに迷いながらも一生懸命もがき、自分が楽しいと思える環境を探し、順応しようと「楽園」に向かって進んでいるんだなと感じることができました。

それを知ってからは私自身心の余裕ができ、「時間は掛かるけれどこの子は大丈夫!見守ろう」と思うことができました。
子供の心って単純な様で難しいですが、素直なので心の中をストレートにアレンジメントにぶつけることができるのだと思います。
その作ったアレンジメントから今の言葉にしない・できない気持ちを読み取ることはとても大事です。
それができる「花セラピー」は私たちにとって必要不可欠なものではないでしょうか。

profile

  • 母の影響で幼少の頃から花・木・小鳥の中で育つ。
  • 学生時代に出会ったフラワーアレンジメントがきっかけで生花店就職。
  • 勤務年数12年。ホテル店、ショップ、婚礼装飾に携わる。
  • 20代後半で初の女性店長に。
  • 毎月一度、テナントのトータル装飾を担当。
  • Xmasやお正月には毎年違ったオブジェを提案。
  • 雰囲気にあうデザインと季節にあった花選びが好評。
  • 大手製薬会社の商品イベントの装飾を担当。
  • 国家資格フラワー装飾技能士1級取得。
  • 結婚を機に退職。家事・育児に専念する。
  • 時間と生活に追われる中、何気に飾った薄紫のフリージアの香りに呼び覚まされ、積極的に生活に花を取り入れる。
  • 花が人にもたらす効果が心理的にも大きいことに気付き花セラピーを受講。インストラクター取得。
  • 親子花セラピーを受け共感。
  • 花の持つ力を広め「心地よい毎日は、花から始まる」をモットーに多くの笑顔を増やそうと活動中。

花セラピー体験

4500円(税込)1回(90分)

作品はお持ち帰りいただけます。

  • お花を選ぶ  好きなお花を自由にセレクト。お花にはリラックス効果があるので、花を選んでいるだけで安心感やワクワク感が自然に高まってきます。
  • 選んだお花でアレンジメントを楽しむ  人は花の生命力に触れると、自然と活動的になれ自由に個性あふれる作品を作りだすことができるのです。「自分らしさ」が作品に表れることを大切にしています。
  • 自分の作品から「自分自身」を知る  何気なく選んだお花と花を挿した位置には、それぞれ意味があります。出来上がった作品を見てフィードバックしていきます。ご自分にとって新鮮な気づきに出逢えるでしょう。 

申込み&お問合せ

よくある質問

Q
持ち物等はありますか?
A
材料や道具はこちらでご用意しております。持ち帰り袋のみご用意ください。メモや写真などを取る場合はご用意ください。
Q
心理学って難しそうですが…。
A
専門用語とか難しい言葉は出てきません。作製したアレンジメントを介して、お話を進めていきます。色のイメージやそれぞれの花が持つ意味など、分かりやすく説明させていただきます。
Q
「親子花セラピー」は親子で1つのアレンジメントを作るのですか?
A
いえ、一緒には作りません。子供は子供、親は親で各自1つのアレンジメントを作ります。
Q
図画工作などは苦手なのですが大丈夫でしょうか?
A
花セラピーは作品の上手・下手ではありません。直感で好きなように思ったままに花を生けるので、楽しく感じれるのが一番ですね。
Q
お花は好きでよく飾っていますが、花セラピーの意味を知ると普通にいけれますか?
A
お花に触れる機会の多い方は、抵抗なくすんなりと作られるようですが、まれに考えすぎてどう生けていいのか分からなくなる方もいらっしゃいます。それはそれが答えになるのです。そんなところもひも解いていければいいなぁと思います。
Q
持ち物等はありますか?
A
材料や道具はこちらでご用意しております。持ち帰り袋のみご用意ください。メモや写真などを取る場合はご用意ください。

花セラピーとは
花遊びで 自分探しができる セラピーです。

お客様の声

小学1年生
小さく丸くしたかった。
緑のスポンジに挿すのが楽しかった。
みどりの葉っぱを1本だけ大きくさしたのがポイントです。
またやってみたいです。

40代女性
オレンジ色のサンダーソニアがランプのような灯に思えて全体に散らしました。
このところ疲れていたので、ホッとしたい癒されたい気持ちが表れていたのに驚きました。
スイトピーの香りに癒されました。

小学4年生
赤のアンスリュームを傘みたいにしました。
花を選ぶのは迷うけど挿すのはすぐにできました。こんなにたくさんの花をさわったのは初めてです。

小学5年生
にぎやかなのが好きです。
色は黄色が好きなので黄色の花ばかり取っていました。作っているときテンションが上がり元気になるのが分かりました。
今だけの特典

1週間以内のお申込みで

500円割引いたします

伝えたい思い

花をみると笑顔になれます。
花にふれると楽しくなれます。
花があると人生がもっとしあわせになります。
「花セラピー」であなたの人生を彩りのある豊かなものにしてみませんか。

考えすぎて疲れる前に

申込み&お問合せ

会場へのアクセス

日時 毎月第3水曜日
受付 午前10時30分~
場所
ホテル竹園
受付 午前10時30分~
駐車場は収容台数に制限がございますので、できるだけ公共交通機関のご利用に協力お願い致します