ムダに子どもを怒って
自分を責めてしまうママへ


元・幼稚園教諭+母としての経験で
ママと子どもの心を育てる

『ラク育児カウンセリング』

育児の不安をなくし
       イライラにふりまわされなくなって
        子どもとの関係がどんどんよくなる!


* 子育てにイライラは当たり前 *

ニコニコしたお母さんでいたい。
穏やかに育児をしたい。

とおもいつつ・・イライラする・・
なんで私をいつも困らせるの?  と思ってしまうこともあるもの。

疲れていたり ストレスが溜まって
感情的になって子どもを怒鳴ってしまうこともあります。

イライラしてる子どもの感情がそのまま自分に写って 
自分もイラッとしてくる。

イラつく自分の感情に自分が振り回されてしまうって
実はよくあることです。

 

ムダに子どもを怒ってしまう くどくど同じことで怒ってしまう
その結果そんな自分が嫌になり 時に情けなく感じたりします。

 

私自身も 娘と息子がいますが
感情的に怒鳴りつけたり 泣いてる子どもを無視しちゃったり

寝顔にごめんねと反省しつつ
翌日 また同じことを繰り返して・・・という子育てをしてきました。

 

お母さんだから立派じゃなくては・・・ (実際はかなりいい加減だった)
ちゃんと子育てしなきゃ〜 とらわれて 苦しかったです。

いつも 自分だけがひどく 怒りっぽいように感じていました。
そんな自分が 怖かったこともあります。

でもね。

 子育て中に起こるイライラとした感情は
育児に関わる人が当たり前に感じる感情なんです。

 

子どもの泣き声には人をイライラさせる波長があるという
研究もあるそうです。

小学1年生ころ 泣き虫だった私。
担任のベテランの先生に
「いつも 泣くんじゃないの!」とイラッとした声で
よく怒られましたが・・・・ 

子どもの扱いに慣れている教育職のプロでさえ
泣き声に イライラすることもあるのです。

  

他にも70%以上の親が平均して週5回
子どもを怒鳴りつけてしまう(それくらい強い怒りを感じる)

 そして40%の親が 
この先子どもを傷つけてしまうのではと不安になっている 
という調査結果もあります。

 

子育てで感じるイライラという感情って 
あなただけが感じるもの ではないのです。

* もう 自分を責めないで *

だからね。

イライラして子どもに怒りをぶつけてしまって
子どもを傷つけてしまったかもしれない と 

自分を嫌いにならないでください。

 

イライラしても いい
子どもを 叩いてしまっても いい
子どもに 嫌悪感を感じたり 面倒だなって感じても いい。 

母親なのにこんな感情を持ってしまう私を許してあげてほしいのです。

自分を責めても ただ 辛くなるだけです。

持ってしまう感情に いい 悪い なんてないのです。
あなたが いい 悪い をつけているだけです。

 

私ってダメだな〜
なんでもっと優しくできないの。
という自分を責めるパターンになっていると

どんな時も どんなことも 自分を許せず 
どんどん 自己嫌悪につながっていきます。

 怒りの感情は たいてい 悪者扱い です。


感情には 嬉しい とか 悲しむとか あるけど
いちばん 嫌われるのは 怒り の感情。

怒ることでコミュニケーションが
壊れてしまうこともあるから。


でも 怒りも 本当は大切な感情の一つなんです。


 

2015年に 「インサイド・ヘッド」 という
ディズニーの映画が上映されました。

 ご覧になったことはあるでしょうか?

この映画でも 光を当てられているのが
イカリとか ビビリといった  ネガティブな感情たちです。 

ここでは 感情の役割とともに それらが必要なわけや
大切さが語られています。 

イカリは 身を守るため必要な感情。

(心理学的な要素も含まれながらも
楽しくお子さんと一緒に楽しめる映画です。
見たことがない という方にも オススメです。)


という風に

怒り の感情 そのものが悪いものではないし
怒りを感じないでいようとする必要はないのです。

 

問題になるのは
必要ないところで 怒ってしまうことなのです。

 でも もし 今 子どもを傷つけてしまったと感じていても
取り返しがつかない なんてことは ありません。 

これから先もずっと子どもとの関係は続きます。

いらつきを減らしながら
子どもに安心感をあたえることで 信頼関係をきちんと
結んでいくことができます。

ムダに怒ってしまっているのは もう 「過去」
これから先の心配は「未来」のこと。

あなたは「今」を生きています。

今を見つめて 苦しい部分を 変えていけたらいいですよね。
できないことなどありません。 

全部 あなたの こころ次第 なんです。

* 振り回される怒りの正体は? *

子育て中に イライラする場面はたくさんありますね。

 あなたの中で特に最近イライラした場面を思い出してください。

 

子どもが何度言っても いうことを聞かない

(何度も同じことをする)

宿題をやらない かたづけをしない

時間がないのにグズグズする。

  

その背景には

体の体調がよくない

寝不足だったり 疲れてる

ストレスが溜まっている

旦那さんの協力が得られない

時間がない     など がありますよね。

 

性格的に短気だとか 怒りっぽいというよりは

そんな条件で 環境的にストレスを感じやすくなると
こころに余裕がなくなります。

これが怒りを発生しやすくなるのですね。




今 余裕がなくてイライラしてるんだな〜と状況を受け入れてみたり
自分を見つめてることが大切。

 

 

それに お母さんってとっても頑張り屋さんです。

 自分だけのためになら しないし できないことも
子どものためにだったら なんとかしようとしますよね。

 

きっとあなたも毎日よく頑張っているんだと思います。

まずはそんな自分を褒めてあげてください。

 

頑張っているお母さんは 完璧主義だったり責任感がつよく 
子どもを怒りすぎている場合も多くあります。

そして そんな自分をダメな母親だ と許せなくなっています。

 

でも 自分をダメだと思っていても 実際にダメなのかというと
実は あまり一致していないことがほとんどです。

 

他の人から見たらあなたが自分で自分を責めているほど
あなたは 悪くないし ダメでもないのに
自分への評価は 厳しかったりします。

  

そんなネガティブ感情で心がいっぱいになってしまわないように
自分を褒めてあげましょう

 

そのためにオススメしているのは
自分を ほめてあげるための「ほめノート」を書くことです。

 

「うん!わたし 頑張っているよね」
「こんなこと頑張ってるね」「すごいね〜」
「素敵だね よくやってるよ」

 子どもに限らず人はみな 本当は  ほめてもらいたい生き物です。

 

でも 人の前で大げさに ほめてもらうのは気が引けたり
恥ずかしかったり・・

また 自分が納得いかないことで ほめられてもなんだか
あざとく感じてしまう人もいるでしょう。

 

だから自分で 自分をほめてあげるのが一番です。
抵抗がなくて しかも効果があります。

 この ほめノートは 毎日書きます。
今までは 「それって 当たり前でしょ」と思っていることでも ほめてみます。

 

たとえ子どもを怒ってしまっても

・「昨日より ひどく怒らなかったね〜頑張った頑張った」
「怒らないように努力してるのえらいね!」
・「ほめノート毎日書いてるね。よしよし!」  という風に

必ず1日に1個は ほめていきましょう。

 

実は 私も このノートは書いていますよ〜!

シールを貼ったり マスキングテープでデコったり
色つきサインペンで楽しくなるように書いています。

お子さんと一緒に 毎日書くなんていうのも楽しい と思います。

その場合も 自分を褒めることでもいいし
今日楽しかったことを書くでも OK。

お子さんと話をして何を書くか決めるといいかもしれませんね。

 そこで会話が生まれたり 子どもの気持ちを知ったり 
気づくきっかけにもなることもあると思います。

ただノートを書くという 作業 にならず
楽しんでやってみてくださいね。

*「自分の中のルール」をみつける *

 子どものために ・・・母親なんだから〜〜〜 ちゃんと 〜しなきゃ
真面目で一生懸命なお母さんほど そう思いがちです。

 

例えばですけど 
こんなことを無意識に 思っていることが多いです。


母親はこうあるべき
ルールはきちんと守るべき
もう ◯歳なんだから これくらいできるはず
人に迷惑をかけてはダメ
楽をしてはいけない。 (怠けてはいけない)
食事は残すべきではない
子どもは大人(親)の言うことを聞くべき
自分にお金や時間をかけるべきではない

なんていう もの。 

これはきっと あなたのなかに 作られたマイルール
あなたが思う 約束ごと なのです。

 これってね。
人によって違うんですよ。

私の場合は
子どもが 時間通りにしないとき とても腹が立ちました
私の中には 時間をきちんと守るべき というルールがあったんですね。

でもね。
旦那さんはちっとも 腹が立たないようでした。


子どもをそんな理由で怒っている時
「そんなに 怒ることでもないよ」 と 言われて
当時は それに 納得がいかず苦労しました。


私の中のルールと  旦那さんの中のルールが違うからです。


どんな人にも  いろんな
〜すべき  〜すべきじゃない 〜ねばならない
というような強い禁止のルールを無意識に持っています。


 それが たくさんあれば
あるほど 怒りに触れるポイントが多くなっていきます

それってね。  ちょっと苦しいですよね・・・。

では もうすこし具体的に

イライラを手放す子育てのポイントを 
3つ ご説明していきますね。



<ポイント1> イライラに振り回されないための
        「できなくてもいい」

まず 自分の声を聞くことで自分の中にある
「自分だけのルール」(マイルール)を見つけましょう

 出来事が起こると  
それが すぐ怒りにつながってくるように感じているかもしれませんが

 

実は 出来事のあとに 何かしらの感情を感じて
その結果 怒りになっていきます。

 

例えば

子どもがコップをこぼした → 怒り

 

ではなくて

 

子どもが水をこぼした → だから言ったのに なんで注意しないの

→ 私の言うことを聞かないからだ → 私はバカにされている →悔しい

→ 怒り

 

というような 期待や思い 本音などが怒りにつながっていくのです。

 怒りだけが 自然発生してるわけではないのですね。

 

本音というのは ネガティブな感情のことですが
怒りの下にある 本音を見つけていきます

それから その中にある自分のルールを探っていきます。

 

自分のルールは 
しつけやルールの基準として捉えられている場合もあって
それが厳しすぎることでさらに自分が苦しくなっていることもあります。

  

だけど 自分も子どもも
できること できないことはありますよね。

 できるにも 限界だって あります。

 

だから「できたらいい でも できなくてもいい」
くらい 気持ちに ゆるみがあれば

手放せるイライラが多くなり 怒りの頻度も減ります。

 


<ポイント2> 子どもとの信頼関係をつくる

ガミガミと 何度も怒ってしまう
子どもに対して 傷つけるような言葉も言ってしまった

だから 子どもは自分のこと嫌っているだろう。
今更 もう信頼関係など結べないのでは?

 そう思う必要はないんです。いつからだって 心配はいりません。

では 子どものとの信頼関係を結ぶって
実際にはどんなことを言うのでしょう?

 

その一つに 「子どもの心に安心感を育てる」ということがあると思います。

 

お母さんは いつも私を見ていてくれる
こども自身が「私はそのままでいいんだ」と思うこと

 具体的に言えば 子どもの話しを聞くことで作られていくのです。

子どもの話しを いい わるい をつけずにただ聞くこと。

 

 

意識して 「そうだね〜」「なるほど〜」と聞くようにしたら

子どもがいつもイライラしていたのに 
イライラしないで話しをするようになった
コミュニケーションがスムーズになった。
思春期の難しい息子が自分から話しをするようになった

など コミュニケーションがラクになったという事例もたくさんあります。

 でもね。やってみるとわかりますが
こどもの話しをただ聞くって案外難しいです。

 

つい 「いや〜そうじゃないんじゃない?」とか
「それ違う違う〜」ってアドバイスしたくなったり否定したくなったりします。

最初は意識して  ぐっと我慢です。

 

子どもが話しを聞いてもらえていると感じると
子ども自身も安心するようになります。

 

自分の話しを受け入れてもらう
=自分を受け入れてもらえている と感じるでしょう。

  子どものいらいらがお母さんに返ってきて
両方でイライラするなんていうことも圧倒的に減ってきます


<ポイント3> 子どもの心を育てるコミュニケーション

シンプルにお聞きしますね。

なぜ 子どもを怒ってしまうんでしょーね?

 

・子どもに言うことを聞いて欲しいから

・今すぐ何かをさせたいから

・怒ってさせれば 手っ取り早いから

・察してほしい

・怒りでコントロールしたい

 

いろいろ理由はあると思いますが
感情的になって爆発 怒ってしまうパターンが多いですよね。

 

わかっているけど 
怒ってもうまくいかないんですよね。

  

「怒りは未熟なコミュニケーション」
「嫌われる勇気」の著者の 岸見一郎さんもおっしゃっています。

 

そこで  怒ること以外のコミュニケーション方法のひとつ
お伝えしていこうと思います。

 

それは
自分がどうしたいのか?どう感じているのか?を
相手に伝えるという手法です。


子どもとのやりとりのかなで
イラッとした時 わきあがってくる感情を伝えます。

  

「〜してもらえたらうれしい」
「〜してもらえなくて悲しい」という単純な感情です。

 

 伝えることが目的で
子どもを思い通りに動かすためではないのです。

(伝えたら必ず子どもが言うことを聞くと
いうわけじゃないんですね。)

 

自分の本音を伝えるだけです。

 

この時に大切なのは
子どもと自分の間に境界線をきちんと引くということ。

私はこうおもっているよ。と伝える

それを聞いた 子どもがどう動くかは子どもの問題。と
とらえることです。

 

そうしないと 伝えた後の子どもの行動が期待通りでないと
これもまた 怒りにつながってしまいます。

 

私はわたし と思うのと同時に
子どもはこども なのだということを
意識しておくことで 怒りに結びつきにくくなります。

 

お母さんはね こう思っているんだよ〜と
伝えることで 子どもの心を育てるコミュニケーションが作られていきます。

 

そうなんだ〜おかあさんはこう思っているんだな〜と 
子どもなりに気持ちを察したり感じたりするようになります。

これを出来る時に会話のひとつとして 伝えてみましょう。

 

たくさんのやりとりを丁寧に積み上げていく中で
信頼関係やコミュニケーションを育てていきましょう

お 客 様 の 声

Nさん 50代女性

毎回のセッションが楽しみになりました

人はそれぞれの考え方があるのだから私と違って当たり前。

私にとっての「~べき」は人には違うことがあると思うようになりました。 

毎回のセッションは「目から鱗」で「それってそう言うことか」と気づかされたことがとても多かったです。

心の底の底まで自分自身に向き合うことができたし回を重ねるごとに

自分の中に落とし込むことができたと思います。

 

Mさん 40代 2児のママ

毎日がラクになりました

これまでの色んなことの積み重ねがあって、
色んなことを学んだり、考えたり、してきたのですが 

なかなか自分で継続できず ぐるぐるしてきました。

お試しセッションを受けたら もう一人で悩まなくてもいいんだ
思えたので継続でお願いする事にしました。

カウンセリングを継続で受ける事で落ち込んだりした時も 
セッションを受ける事で引き上げてもらえるので 
安心できて心が安定するようになっていきました。

安心感が自信に繋がって自分でもびっくり。

毎日がラクになりました。

Mさん 40代 1児のママ

悩んでいるのは子育てより
自分自身のことだったとわかりました

子育てがうまくいかないと悩んでいました。

イライラして子どもに当たってしまう自分がだんだん嫌になって
しまっていました。


子育ての悩みだと思っていたことも

実は自分自身のことが自分でよくわからなくなって
起きている悩みだったと
カウンセリングを受けるようになって初めて知りました

子育ても子どもが私に教えてくれてる事なんだと捉え方が変わり
自分の気持ち次第んだとわかりました。

自分の気持ちや解釈などが変わってきたら
子どもに対しても違ってきました。


子どもを変えようとするより自分自身の事を
しっかり変えていけたらいいんだと思います。

 

*子どもとママの心を育てるセッション*

ではこのカウンセリングについてご紹介しますね。

① 本で学んだだけの 「わかるけど出来ない」から
 「できる・ 続く」に変えることができます。

② 期間は 自由です。
  10回のセッションをどのタイミングで受けるかは
  あなたにお任せします。

  例えば 夏休み 春休みなはゆっくり受けたい
  ワーママだから 土日でがいい。など 
  自由に決めることができます。

③ 自分との向き合いを大切にしながら
  子育てについての不安を1つ1つ消していきます。
  ママの心と子どもとの関係を育てていきます。

カウンセリングセッションの内容(一例)

STEP

1

 カウンセリングは
ご自分の気持ちを素直に話していただく安心 安全な場所

 これを言ったら 嫌われる こんなこと言うと相手はどう思うかと
気になったら 気持ちや感情に蓋をして 誰にも話をしたことがない。

そんな方が一番してほしいこと。

それは 「とにかくたくさん自分の気持ち を話す」ことです。

 

子育てのお悩みから 旦那さんのこと 
いろいろなお話を自由にしていただきます。


話すことで自分がどう思っていたのか?どう感じていたのか?
そんなことに気がつくことが沢山あります。

 色々な内面に気がつくと言う感じです。

 

その機会を定期的に作ることで こころの中に安心感が生まれ
周りの人へ感謝を感じられるようになります。

 いままでと違った感情が湧くようになります。

評価されたり 比べられたり することもなく 
自分の気持ちを話してみるのは大きな効果があります。

STEP

 コミュニケーションカードで
コミュニケーションタイプを知り理解を深める

 周りの人が 自分と同じように考え感じるわけではありません。

それは 大人でも子どもでも同じことでコミュニケーションタイプによって
受け取り方や感じ方も違うことを理解しておくと怒りが起きなくなります。

 たとえば 子どもに「すごいね!」と褒めたのに
「ちっともすごくないし」といじけたり(という風に見える)
せっかく褒めてあげたのに反応が薄くて可愛くない子・・・

そう思うことがありますか?

それはコミュニケーションのタイプがありタイプによって
それぞれ反応が違うだけなのです。

相手を理解することからコミュケーションが始まります。 

コミュニケーションカードというトランプのようなカードを使い
お子さんや家族のタイプを知っていきましょう。

 

タイプを理解をすることで感情の行き違いを減らすことができますので
むやみに腹が立ったりすることが必然的に減ってきます。

これは 家族間だけでなく 
周りの人たちとの関係にも活用することができます。 

コミュケーションはもっと楽しくラクにできるようになります。

STEP

自分自身の才能を見つけるワーク
(周りの人の
才能をみつけるワーク)

ワークや コミュニケーションカードなどで見ていきます。

あなたの周りにいる人はすべて「あなたのかけら」
心理学用語では 心の影=投影と言います。

あなたのお父さんお母さん 旦那さんお子さん
身近な方ほど強く投影されているので 相手の才能は  
あなたの才能  なんです。

改めて 周りの人に対して 

いいところ(才能) こんなところは苦手だなと
言うところを拾い出して 見つめることで 自分自身がわかってきます。

特に 苦手な人には
自分の中の 本当は みたくない
隠しておきたい自分が 隠れています。

だから苦手な部分に対してはどうして苦手なんだろう?と
考えてみたりすると自分というものが見えてくるのですね。

 

単に苦手な人=単に 嫌な人  
で終わらせないで 見方を変える(リフレーム)をして みます。

またあなたの短所と思われる点を良いところとしてみるなら
どう見えるか?も自分と仲良くするのに有効です。



例えば 短気な父= 決断力が早い父
人のことが気になる私なら 気配り上手な私

という風に置き換えてみる訓練もしていきます。

マイナス思考からプラス思考へ変換するのが考えなくても 
ラクにできるようになります。

STEP

お母さん(家族)を許すセッション

あなたが持っているルールは
お母さん(またはお父さん)から 作られている場合があります。

子供の頃の記憶の中で悔しい思い 悲しい思いを したような場合です。

悲しかった(怖かった)などの 本当の感情を吐き出す のです。 
 
自己否定をし 誰にも相談することもできず 悶々とした気持ちに 
ずっとフタをしてきたのではないでしょうか


敏感な方ほど 自分の気持ちを押し殺して
自分の気持ちに 無理やり正当化させ思いこませようとしています。

感情に いい わるい はないので おもいっきり 
吐き出すことから始めましょう。


その次は 相手の行動の動機を探る 感謝できることを書き出す などの 
8つのワークを進めていきます。


相手を許すことから感謝を感じることができるようになります。

その過程で「許せない自分」を見つけたり 自分を認めたり 
受け入れたり 自分の思い込みなどが わかってきます。

STEP


こころのクセを
いろいろな視点から考える認知療法

なにか ネガティブな思考が起きた時 
「こころのつぶやき」はなんて言ってるのでしょうか?

自分の思考を もし その通りだったら?と肯定してみたり          
反対にそうじゃないとしたら?とデメリットを考えてみたりすることで
自分の気持ちと今その状態の自分を客観視することができます。

 

自分が心配していすぎたり 
よくわからない不安にかり立てられていることに気がつくことができます。

体験したことのない新鮮な感情で こころが少し軽くなっていきます。

STEP

自分に自信が湧いてくる 
自分が好きになるアファメーション作成

認知療法で 感じたことを基にして自分へのアファメーションをつくります。



アファメーションとは  
ここでは言葉の持つ力を借りて勇気付けるお手紙
自分に読んであげてることで 自己肯定に繋げることをいいます。


お手紙は自分あてにあなたが書いていきます。

それを毎日 声に出して読み 目にすることで
あなたの中の潜在意識の思い込みを緩めていくことができます


実際に作ってみて 
自分自身で涙が出てしまうような手紙になることもあります。

私 本当は 〜だったんだ。 と自分のココロのわだかまりや 
他者への思いを 綴っていただく 
この アファメーションのお手紙は効果絶大です。


自分がホッとして ココロが緩むようなお手紙を読むだけで
自己肯定感が上がり 幸せを感じられるようになります。

STEP

自分を愛する 自分と仲良くするワーク

主婦  母  妻  嫁  姉  妹  PTAの役員
〜ちゃんのママ ワーキングマザー あなたの肩書きは 
いっぱいあると思います。

社会で生きていくうちに いろんな役割をつけられています。

そんないろんな肩書きや役割を一旦全部忘れて 自分と向き合ってみます。

母でも 妻でもない 私。 大好きなことはなんですか?
これをやっていると時間を忘れちゃう物は何?
神様におねだりするとしたら どんな才能が欲しい?

など大好きなことを見つけるワーク


自分が好きなことを思い出してワクワクすること。

自分をもっと好きになって自分に優しくしてもいい。
と自然に思えるようになります。

STEP

セッションとセッションの間も
自己メンテナンスできるミニワーク

セッションなどを受けた直後は とても清々しい気分。

でも時間を経て日々日常の生活に戻ると
徐々にその清涼感が薄れていきます。
時には 気の抜けた炭酸みたいになってしまいます。


そこで 自分自身でメンテナンスできるクセをつけていきます。


自分で次回までの課題を作って日々意識することを決めておくのです。

セッションとセッションの間は 一番 その変化が起きる時です。
継続することでその変化に気付き自分で対処できる方法を
身につけることができます。

全セッション終了後も 自分でメンテナンスができるようになります。
人を頼らず自分で自己メンテナンスができれば 安心ですよね。

STEP

1

 カウンセリングは
ご自分の気持ちを素直に話していただく安心 安全な場所

 これを言ったら 嫌われる こんなこと言うと相手はどう思うかと
気になったら 気持ちや感情に蓋をして 誰にも話をしたことがない。

そんな方が一番してほしいこと。

それは 「とにかくたくさん自分の気持ち を話す」ことです。

 

子育てのお悩みから 旦那さんのこと 
いろいろなお話を自由にしていただきます。


話すことで自分がどう思っていたのか?どう感じていたのか?
そんなことに気がつくことが沢山あります。

 色々な内面に気がつくと言う感じです。

 

その機会を定期的に作ることで こころの中に安心感が生まれ
周りの人へ感謝を感じられるようになります。

 いままでと違った感情が湧くようになります。

評価されたり 比べられたり することもなく 
自分の気持ちを話してみるのは大きな効果があります。

* あなたのためのセッション価格 *

10回×90分   162,000円(税込み)です。

対面セッション 

または  
ZOOM(家にいても話ができる無料アプリ)で対応いたします。

 

穏やかにラクに子育てをして 
子どもとの関係ももっとよくしていきたいと思いませんか? 

自分を好きと思えるような毎日を過ごしたら
きっとあなたはもっと自由になれると思いませんか?

そうなったとしたらあなたは何をしたいですか?

私はその お手伝いを 精一杯させていただきたいと思っています。

分割払いにも対応いたしますのでご希望の方はご相談ください。

 

いままで講座や自己流の学びではうまくいかなかった方にも
しっかり対応できる個人セッションです。

継続していくことで これでいいんだな〜と確認できたり
不安だけど頑張ってみようとと 背中を押してもらいながら

自分で 自分と付き合うという向き合い方を やっていくうちに
どんどん 実感できるようになります。

安心と 希望を 一緒に体験していきませんか? 

* 特別な特典もご用意しています *

特典その1 <税抜き価格・一括払い特別価格>

税込162,000円のところ→150,000円! 

 

* さらに 一括払い特別なメリットとして!*

 一括払いの方には 特典として 税込で120,000円とさせていただきます。
なんと 39,600円もお得になります。 
 
(2018年9月末までの特別価格になります。ごめんなさい。
それ以降は 特典等の関係で値上がりになります!)

特典 その2

<全セッション終了後 無料アフターセッション>

10回のセッション終了後はどんなあなたがいますか?

そう目標を決めたとしても今の状態から 
自分がそう変われると自信がないかもしれませんよね。


変わると決めたら 変わることができるのですが 最初は不安ですよね。
そんなあなたの不安のために セッション終了後に 
ヘルプサポートさせていただきます。



セッション終了後 3ヶ月以内に 
1回 無料セッションを受けることができます。

通常なら お試しでも10,000円のセッションが 無料。

自分が変化しているのか 見直すために 
また モチベーションアップのために コーチングセッションをさせていただきます。


特典 その3 <無限 メールサポート>


通常 メールサポートには特別料金がかかりますが
これを  無料に!
  

例えば 月2回のセッションだと 期間が最短5ヶ月になりますが
その場合は
1か月 10,800円×5ヶ月 =54,000円→無料

月に1度ペースだったら 10回のセッションは10ヶ月。
もちろんその間ずーーと サポートします。

10,800円×10ヶ月=108,000円 これも無料です。


よくあるのがメール数の制限
ひと月3回までとかいうもの・・・。

これもありません。 


セッションとセッションの間は 最短でも2週間ほど空きます。

ゆっくりペースだと1ヶ月。

   

その間に これって こういうことなのかな?
いや?どうだろう?  不安や 疑問が出てくることもあると思います。    



これは自分で向き合うことや不安を抱える自信にもつながるので
実はとても大切なことなのです。

そうはいっても 不安で仕方ない!    


そんな時はメールサポートをご利用いただけます。    
セッションの後のフォローも出来ますから 安心していただけます。

 

特典 その4 <講座への無料参加>

コミュニケーションカードを使ったワーク講座無料

自己肯定感UPや コミュニケーションをよくするための 講座を開いています。

 

あなたのタイプを知るのは もちろん  

本セッションでは扱わない自分をより知るためのワークや 
なりたい自分へのワークなどを体験できます。


講座は 通常2回で(4h) 7,000円→無料

ただし 開催は 今のところ 東京と 山梨以外では開いていないので

そのほかの遠方の方には セッションとは別で 
2回のZoomワークを無料でご提供していきます


 

特典 その5 <コーチング講座への割引参加>

私が開く東京または山梨のコーチング講座(子どもの心のコーチング協会) 

通常なら 18,000円の講座ですが 5,000円引きの13,000円で受講できます。

 

* 辛い子育ても 
あなたが変わるチャンスに *


イライラする子育てが辛い・・。
そしてそんな自分が嫌い・・・。


お子さんの子育てで悩んでいる方もカウンセリングをしてみたら
実は自分自身について悩んでいたと言うことが多くあります。 

実際「子供の自己肯定感をあげたい」とおっしゃるママが
自分が自分のことを好きでない場合が多いのです。

だから まず あなたからです。

ママが自分のことが好きで自分と仲良くすることで
イライラは減っていきます

子どもの自己肯定感は 勝手にあがっていきます。 

もちろん今のままでも お子さんはその力もありますから
自信もつくし 自分を認めることはできるでしょう。

 でも  

でもなんだか  思い通りにならない!!とイライラするより
ママが自分はこれでいいと思えるようになったほうが
ずっと 早いのです。

なぜなら 人は鏡だからですね。

あなたが幸せになれば それは伝染するのです。
いいことだって伝染しますから!

 私は あなたが 思い通りの自分になれる力を
十分にもっていらっしゃると 信じています。

 だからあなたも自分を信じることから始めませんか?

やり方はあなたのためだけのカスタマイズのカウンセリングです。
一緒に 自分も子どもも信じる子育てを 取り戻しましょう。

Q&A  気になるご質問に お答えします

Q

セッションの期間は自由ということですが
一番効果が上がる受け方はあるのでしょうか?

A

よく  月2回程度が効果が早く出やすいと言われていますが
最近 1ヶ月1回くらいの方がママのペースに合っていることも
あるな〜と思います。

もちろん 月に2回ペースでセッションをうけて 
ドンドン進みたいという方には     
それが一番良いのではないかと思います。

人によってかなり違うということです。

物理的にお仕事などの関係で それが難しい場合や
じっくりと ゆっくり取り組む方がいいと感じる方もいます。

なるべく 受けてくださる方の受けやすい形を選んでいただきたいので
期間は気にせず10回のセッションが終わるまで
と言う設定にしています。

 焦らず 自分のペースを保つことに意味があるので
セッションの日時はクライアントさんと私で 調整していきます。

Q

いままで 本を読んだり講座を受けたりコーチングも学んでいます。
同じことをまた学ぶのなら意味がないように思うし
効果もあるのか疑問です。

A

はい。もちろん意味はありますし 効果もあります。
今まで学んだことが あなたに生かされていないだけです。

自分の中に自分ごととして落とし込みまでできると 
必ず変わります。

パーソナルセッションで腑に落ちる感覚を体験すると違うはずです。

自分で学ばれた努力家のあなたなら 
きっと効果も早いと思います。 ご安心くださいね。

Q

私は子育て中の主婦です。
他にはどんな人が申し込んでいるのか気になります。

A

子育て中のママ。 お仕事ママ。
子育てが一段落した主婦の方。
子育てがうまくいかないと感じるママ。
夫婦関係に悩む方。 他人の目がきになる優しすぎる敏感な人。
自分の意見が言えない他人に振り回されがちな方。  
旦那さんとの関係がギクシャクしている方。
母娘の関係や 義父母の関係で悩んでいる方。

年齢も 30代から50代 と幅広い方がいらっしゃいます。

どんな悩みも 根源はひとつです。大丈夫!!おまかせください! 

Q

対面セッションはどこで行うのですか? 

A

基本的に 新宿のホテルカフェ と山梨(韮崎市)にておこなっています。
それ以外の場所でも 行いますので(交通費負担あり)
ご相談ください。

 

Q

パソコンに弱いです。
セッションを受けるのに必要なことはありますか?

A

特に難しいことはありません

セッションにはワークがあることと 
質問等をお受けするので 普通にメールができれば 大丈夫です。

Q
Zoom での セッションとはどんなものですか?
A

 今は対面と同じように顔を合わせて話ができる
Zoomというアプリを使用しセッションをお受けしています。
遠方の方とも スムーズにセッションができます。

これによって 対面と同じ環境を作ることができます。

遠方の方以外でも 移動する時間や 交通費等もかからないので
Zoomをご希望される方もいらしゃいます。 


Zoom というのは 無料のアプリです。
PCがなくても スマホやタブレットからでも参加できます。


お客様にアカウントを作って頂くこともありませんので
簡単に参加できます。

例えば 子どもが寝ている夜がいい 
というようなご希望であれば Zoomで対応いたします。

Q

カウンセリングも初めてで学んだこともないです。
そんな私でも カウンセリングをうけたら変化が
わかるものなのでしょうか?

 

A

カウンセリングを受けていただくうえで 必要なのはたった1つだけです。
「ありたい自分になる」 と決めて受けていただくことです。

あなたが 「思い通りのあなたになれる」と 私も信じています。

あなた自身もご自分を信じていただくことで 
望んだ変化が期待できるはずです。

Q

セッション代金は分割で支払えますか?

A

はい。できます。 分割の場合は15万円になります。

*3回払い(5万円✖️3) *5回払い(3万円✖️5)など
いづれも 5ヶ月以内にお支払いください。

振り込み手数料は申し訳ありませんがご負担をお願いします。

ほかの分割も できますので 詳しくはご相談ください

 

Q

プログラムを途中でやめた場合はどうなりますか?

A

申し訳ありませんが 途中でセッションを やめた場合でも 
返金等はできません。

契約期間は10回のカウンセリングが終了するまで可能なので
何かの理由で 受けれない期間があっても再開はできます

詳しくはお問い合わせください。

Q

セッションの期間は自由ということですが
一番効果が上がる受け方はあるのでしょうか?

A

よく  月2回程度が効果が早く出やすいと言われていますが
最近 1ヶ月1回くらいの方がママのペースに合っていることも
あるな〜と思います。

もちろん 月に2回ペースでセッションをうけて 
ドンドン進みたいという方には     
それが一番良いのではないかと思います。

人によってかなり違うということです。

物理的にお仕事などの関係で それが難しい場合や
じっくりと ゆっくり取り組む方がいいと感じる方もいます。

なるべく 受けてくださる方の受けやすい形を選んでいただきたいので
期間は気にせず10回のセッションが終わるまで
と言う設定にしています。

 焦らず 自分のペースを保つことに意味があるので
セッションの日時はクライアントさんと私で 調整していきます。

* プロフィール *

ラク育児カウンセラー
こしいし のりこ



家族は夫と長女・長男。トイプードル犬1匹 東京都新宿区出身。
短期大学を卒業後 
都内の私立英才教育一貫校幼児教育部幼稚園教諭として就職。


結婚を機に退職し専業主婦となるが夫の両親との同居が始まったことで 
幼児教室講師として社会復帰をする。

その頃から義父母間のわずらわしさと素知らぬ顔の夫に フラストレーションがたまり 
その矛先が 子どもに向き苦しむ。

偶然目に止まったアートセラピーから心理学を学び始め考え方が180度変化。
離婚寸前だった夫婦関係も含め家族間の関係が激変。


2013年10月〜本格的にWP(ワークショップ)やカウンセリングを始める。

現在インストラクターを務めている子育てママ向けのコーチング講座は
全体で年間2,000人以上が受講する人気講座になっている。


他にもコミュニケーションカード講座などの自主講座を行う。

クライアントさんの本当の悩みを引き出し 幼児教育関係の悩み
子育てをはじめ夫婦関係などの解決につながる継続セッション

イライラに振り回されず自分も子どもも認められるようになった
子どもとの関係もよくなり 育児がラクになった 
自分らしく生きれるようになったなど

と好評を得ている。



好きな言葉は「笑う角には福来たる」


子どものこころのコーチング協会 インストラクター
日本コミュニケーションカード活用推進会 コミュニケーションカード活用アドバイザー
株)オーロラ認定 メンタル・アートセラピスト(絵画療法士)
メンタルケアーアドバイザー・パステルアートインストラクター他

* 追 伸 *

だいぶ長いお手紙なってしまいましたが
ここまでお読みいただきありがとうございました。


いまだけの無料の特別特典や このプログラムに対する私の思い
セッション詳細など きちんとお伝えしたかったのでこのような長文になりました。

またお手紙のお話に 
きっと共感していただけた部分もあるのではないかと思っています。 

私自身が
イラついてしまう育児で自分が嫌になって子どもを責めたり自分を責めたり・・・
とても苦しい子育てをしてきた経験があるからです。

それでも カウンセリングや学びを通して子どもと向き合うこと
自分と向き合うことで なんとか乗り越えてきました。

私にできるなら あなたにできないわけはありません。

きっと あなたの思うラクで楽しい育児も取り戻せる!
自分と仲良くすることでそれが実現できると信じています。

今回はこの考えや 思いを あなたにお伝えできたことだけでも  
この手紙を書いた意味があったなと思います。

また 今だけの無料特別特典については 
このお手紙を読んでいただいた方にしかお伝えしていない内容となります。

 その特別特典もいつまででご提供できるのか未定です。
ひと月に3人までの限定もあります。 
その点もご了承いただけたらと思います。

何かご質問があれば いつでもメールをいただければと思います。

あなたの幸せを心からお祈りしています。