トイレのつまりが起きたときの
業者の選び方

トイレがつまってしまい、自分でどうにもできないと困ってしまいます。そんなときはトイレのつまりを解消できる業者を活用しましょう。多数の業者から安心して依頼できる業者の選び方を紹介します。

業者に依頼するケース

・つまりが解消できないとき
市販のラバーカップで対処してもつまりが解消でければ、業者を利用しましょう。そのまま放置してもつまりが解消することはないため、早めに依頼するのがおすすめです。もしかしたら自力で解消できないほど、大きなものがつまっている可能性もあります。

・水漏れを起こしている
トイレのつまりを自力で解消できても、便器から水漏れをしているなら、業者に依頼してください。便器の割れや、配管の故障などが考えられます。水漏れしたまま放置すれば、トイレの床や下地を傷める原因となります。

・固形物をつまらせたとき
排せつ物やトイレットペーパーが詰まったときは、市販のラバーカップで改善できる場合があります。しかし固形物を誤って流したときは注意が必要です。奥にひっかかって取れなくなれば、ラバーカップでは解消できません。小さな子供が誤っておもちゃを入れてしまったときも、業者に依頼するのが無難です。

業者に依頼したときの費用

・軽度
ゆっくりでも水位が下がっているなら、つまりは重症ではありません。軽度のつまりであれば、費用は5,000円~10,000円が目安です。簡単な作業でつまりが解消しやすく、作業時間が短くて済みます。

・中度
水を流すと水が溢れそうになるときは、中度の可能性があります。価格は15,000円~25,000円くらいをみておきましょう。故障や破損で部品の交換が必要な場合もあります。中度になれば高圧洗浄が必要で、専門道具が必要なため費用が上がります。

・重度
道具を使ってもつまりが解消できない場合は、便器や部品を分解しなければなりません。分解は時間がかかるため、費用は最大で50,000円ほどかかります。作業時間や、交換する部品によっても費用は変わってきます。

トイレつまり業者の選び方

・見積もり内容がわかりやすい
優良業者であれば、トイレのつまりを解消する前に見積もりを出してくれます。見積もり金額がわかりやすく、納得できる内容であれば、依頼しても問題ないでしょう。見積もりを出さず概算だけしか教えてくれない業者は、高額な費用を請求される可能性があるため避けてください。

・いつでもすぐに来てくれる
トイレのつまりは、早朝や夜中など突然起こります。水漏れの心配もあるため、出来るだけ早く対応してくれる業者を選びましょう。24時間365日対応の業者であれば、すぐに駆け付けてくれます。

・問い合わせ内容が丁寧
トイレのつまり解消を依頼する際に、問い合わせに対応するスタッフが丁寧か確かめましょう。親身に相談に乗ってくれる場合や、丁寧な説明を心がけている業者なら、作業スタッフの質が良い可能性があります。受付は会社の顔で、対応の良さは作業スタッフにも影響しています。

こんな業者は注意が必要

・見積もり無料でもキャンセル料がかかる
トイレつまりの見積もりは、現場に行かなければ詳細な費用が出せません。現場に出向けば、ガソリン代や人件費がかかります。無料見積もりであっても、業者にとってはコストがかかっている点に注意しましょう。悪徳業者のケースでは、見積りは無料でもキャンセル料や出張料を取るところがあります。

・契約を急がせる
トイレのつまりは緊急時が多く、焦る気持ちがあります。だからといって契約を急がせるようすすめてくる業者は避けましょう。契約を迫る業者の中には、必要のない工事まで行い、不正請求するケースがあります。

・激安など安さだけをアピールしている
安さだけをアピールする業者は、利益確保のため無理な修理をするかもしれません。トイレのつまり解消は、自宅までスタッフが来なければならず、せっかく来てくれたからという気持ちが働くものです。不要な修理をされても断りにくいため、業者選びは慎重になりましょう。

水道局指定業者について

・法律に基づき修理ができる
水道局指定業者とは、水道法という法律に基づき修理ができる業者のことです。指定業者になっていれば、適切な基準の修理をしていると判断できます。業者選びで迷ったら、水道局のホームページで水道局指定業者を調べてみましょう。

・配管工事が必要なときは指定業者
水道局指定業者でなくても、トイレのつまりは解消できます。しかし配管に問題があり、交換が必要な場合は、水道局指定業者が作業しなければなりません。簡単なつまり解消だけで済まないときは、最初から指定業者に依頼するとスムーズです。

・指定業者=優良業者ではない
水道局指定業者に登録されているからといって、必ずしも優良業者とは限りません。それぞれが個人事業主や企業のため、対応が異なります。指定業者だからどこでもいいわけではありません。サービス内容や料金を比較しながら、最適な業者を選びましょう。
トイレのつまり解消をもっと知りたいなら、下記リンクが役立ちます。

まとめ

トイレのつまりは自力で改善することもありますが、
直らないときや時間がないときは、業者に依頼しましょう。
業者に依頼する前に、費用の目安や、悪徳業者の手口を知っておくと安心です。
さまざまな業者を比較しながら、安心できる業者で対応してもらいましょう。