もう科学的根拠のない疲労回復に
振り回されるのやめましょう。

睡眠よりも効果がある!?
Googleの社員10人に1人は取り入れている..

科学的に証明されたマインドフルネスと究極の戦略的休息でストレスをスッキリ! 

戦略的マインドフルネス休息 説明会

この説明会は、ストレスを減らしたい、疲れを素早く取りたい、回復力を高めたい人のための戦略的な「休み方」をご紹介します。

日々、ストレスを感じていませんか?

・毎日の電車通勤のプレッシャー

・職場でのプレッシャー

・毎月の売上、資金繰りのプレッシャー

・会社の業績を左右する大事な商談

・会社の業績を左右するような決断

・結果重視主義で胃がキリキリする

・いくら寝ても寝たりない!!

・・・

 

これらすべてのストレスを“減らす”「科学的な方法」が存在します。 

この説明会では以下のものが手に入ります

    • ストレスフリーになる“切り替えスイッチ”の見つけ方
    • 短時間の休息で最大の効果をもたらす戦略的休息法
    • 集中力が持続する疲れないカラダの作り方

    • 短時間でしっかりリラックスできる3つ戦略(食事、運動、睡眠戦略)

    • 記憶力、集中力の向上が“科学的に証明された”メソッド
    • Google流:毎日3分で誰でもできるマインドフルネス

    • 満員電車を南の島に変えてしまう脳のスイッチ(マインドフルネスイメージング)

必要なのは休む戦略

現代はこれまでにないくらいに刺激にあふれています。

 

その結果、我々の集中力は日々低下し、リラックスするのが難しくなっていますこの説明会は、集中力の低下、リラックスに悩むすべての人に、科学的に証明されている集中力向上とリラックスを高める方法をお伝えします。

マインドフルネスとは?

マインドフルネスとは、伝統的な瞑想から宗教色を排除した集中力を高めるメソッドです。今では“Google、アップル、メルカリ”など一流の企業も社員研修として導入されています。

なぜ、一流企業がこぞって導入したか?

マインドフルネスの効果

今現場で結果を出しているビジネスマンは取り入れている
集中力と記憶力に好影響、科学的に証明されたマインドフルネス・・・

なぜ、このマインドフルネスは一流企業に認められ、導入されたのでしょうか?

その理由は科学的に効果が証明されているからです。

日本でもCampus for Hの調査(日本人約1470人を対象にした、瞑想など健康行動と仕事のパフォーマスンスの関係)においてマインドフルネスは睡眠時間より健康と仕事の質に影響すると証明されています。

※1 「健康行動と仕事のパフォーマンス関係調査」結果(http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0128287)

また、別の研究では記憶力の向上、集中力の向上に効果がある可能性をみとめられました。※2

このマインドフルネスを使って戦略的に休む方法を提供します。

説明会スケジュール

第1部:
なぜ、戦略的な休息が必要なのか?

・刺激の多い現代にはびこる注意欠陥症   
・集中力 = 回復力・・・なぜ??
・戦略的に休息する事で何が手に入るのか?

第2部:
マインドフルネス実践とデータ

・科学的に証明された事例
・毎日の戦略的な実践方法

第3部:

戦略的休息を取るための次の施策のご案内

第3部:

戦略的休息を取るための次の施策のご案内

【一流のビジネスパーソンの新しい素養】

 

脳の疲労を素早く回復し、

集中力、記憶力を向上する

科学的で証明されたメソッド

戦略的マインドフルネス休息 説明会

※1参考資料※1 「健康行動と仕事のパフォーマンス関係調査」結果(http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0128287)
※2参考資料:psybulog「Mindfulness: 6 Steps to Better Memory, Verbal Reasoning and Improved Concentration(https://www.spring.org.uk/2014/01/mindfulness-6-steps-to-better-memory-verbal-reasoning-and-improved-concentration.php)