『話せない苦しみ卒業プログラム』
【期間限定】無料メールレッスンにご登録ありがとうございました。

こんなお悩みありませんか?

    • 話したくても話せない
    • 「おとなしい」「無口」と言われる
    • 歳のわりに経験が足りないと思う
    • 人と関わることに不安や恐怖がある
    • 場面かんもく症かもしれない

でも、あきらめる必要はありません。
私も話せないことで30年以上悩んでいました。

最初に私の経験をお話させてください。

私は5歳時の引越しをきっかけに、新しい保育園で話せなくなりました。
家族や一部の親戚とは話せましたが、小学校の6年間学校でほとんど口をきけませんでした。
友達はゼロ。普通なら経験するはずの「休み時間や夏休みに友達と遊んだ楽しい思い出」もありません。

中学校・高校に進むにつれ、徐々に一部の人とは話せるように。
ですが、社会人になってからはそれまで以上に苦しみました。
職場の人とうちとけるような会話ができず、接客・電話対応なども苦痛でした。
また、友達もほとんどおらず、休日はひとりぼっちで過ごすことがほとんどでした。

そんな自分を変えようと、海外で暮らしたり転職もしましたが、
むしろ事態は悪化し、ついに”ひきこもり”になりました。

そしてあるとき心理学に出逢い、その後脳科学・スピリチュアルなども研究しはじめました。

大人になってしまったら治らないの!?

私は話せないことを克服するために、様々な勉強・心理療法を受けることに15年以上、トータルで500万円以上投資してきました。それでも変われない自分のことを「努力不足」「ダメ人間」だと責めてきました。

ですがある時偶然に、自身の悩みが「場面緘黙(かんもく)症」によるものだと気づきました。

そのとき、2つの思いがわいてきました。
「自分だけじゃなかった、自分がダメなわけじゃなかった」という安堵の思い、
そして「もっと早く知りたかった」という絶望感の2つです。

もし、小学校などもっと早い段階で気づいて適切な治療を受けることができれば、こんなにも長い間苦しまずにすんだかもしれません。

では、大人になってからは治療できるのか?
探してみたものの、対症療法的なものはあるものの根本的に治りそうなものは見つかりませんでした。

ですが、諦めるわけにはいきません。
いくら原因がわかったところで”苦しいという現実”はなくなるわけではありませんから。

「私だって人並みに幸せになりたい!」
「私のように長年苦しむ人を一人でも減らしたい!」

そんな思いで自分自身を実験台に研究を重ねる日々が始まりました。

そして・・・

ついに完成!
『話せない苦しみ卒業プログラム』

最新の心理メソッド
何年もかける必要なし
過去の原因探しは不要
直接会わずに参加できる
努力・ど根性は不要
元に戻る心配なし


『話せない苦しみ卒業プログラム』
を受けるとどうなるの?

私は今では人と会話すること・想いをわかちあうことを心から楽しんでいます。
新しい人との出逢いにワクワクし、元からの友人・知人との仲も深まっています。

そして私だけではなく、過去の私のように悩んでいた女性達にもプログラムを試してもらいました。
そうすると話せない悩みはすっかりなくなりました。
今では天職を見つけイキイキと働いていたり、「学生時代に経験できなかった青春を取り戻せ」と言わんばかりに仲間と一緒に楽しんだり、可愛い2人の子供と頼りになるだんなさんとで幸せな家庭を築いています。

あなたも
苦しみから卒業しませんか?

想像してみてください。
今までの苦しみから解放されたあなたにはどんな未来が待っているでしょうか?
あなたはどんな人間関係を築きたいですか?
本当は、どんな生活をしたいですか?

今まで「話せないから」「人間関係が不安だから」と諦めてきたことをこれからは諦めずにすむでしょう。


明日より『話せない苦しみ卒業プログラム』【期間限定】無料メールレッスンが
あなたのメールボックスに届きます。