令和2年10月8日に、

日本政策金融公庫のコロナ融資で


1,000万円借り入れをしました。
当社の場合は仕入れがあるような商売ではないので、

これまで借り入れをしたことがなかったのですが、

売上減少(月5%以上)の条件に当てはまったのと、

無担保で金利が有利だったので借りてみました。^^



手続きとしては通常ではありえないくらい簡単で、

簡単な申請書類を書いて謄本などを付けて郵送

数日後に電話がかかってきて15分くらい話したら、

申込書が送られてきて記入して送り返したら、

1週間後に1,000万円振り込まれました。^^
正確には振込手数料を220円引かれて、

9,999,780円ですが。(笑



1,000万円を10年返済、

最初3年間は0.36%その後は1.26%

利子総額は40万円ちょっとです。

さらに利子補給の制度もあるので、

 これから申し込みます)



月に3千円くらいの利息で1,000万円を手元に置けて、

毎月85,000円ずつ返済していくイメージですね。



コロナ融資は融資の手続きとしては

通常ではありえないくらい簡単ですが、

どの制度が自社に使えるのか

また融資金額と融資条件(返済期間や据置期間)

はどう考えて申し込めばいいのか

電話ヒアリングではどんなことを聞かれるのか

なかなかわからないと思います。



最高8,000万円もしくは

6億円まで借り入れができる融資を

レポートにまとめたので、

ご興味のある方はお手にとりください。^^

レポートの内容

コロナ融資で1,000万円借りてみた
(PDFファイル全14ページ)

1.融資内容とスケジュール
2.貸付事業の選択
3.申し込み書類の発送
4.電話ヒアリング
5.契約書の返送
6.入金
7.支払利息(利子補給制度)

レポートを購入する

ゆるビジ☆レポート
<コロナ融資で1000万円借りてみた>

1,000円(税込)
  • お支払いはクレジットカード、銀行振込に対応しております。
  • クレジットカードの場合は決済完了後すぐにダウンロードが可能です。
  • 銀行振込の場合はご入金確認後ダウンロードが可能です。
  • 領収書をご希望の方はコチラをご覧ください。