「ブレインクリニック東京なら薬を使わずに精神疾患の治療が行える!」

精神疾患と診断された人の中には、薬を渡されてそれを飲むように言われた一方、そのほかの治療法を一切受けなかったという人がいるはずです。それで良くなる人もいれば、薬が手放せなくなり、依存症のような状態になる人も珍しくありません。
ブレインクリニック東京では薬に頼らず、TMS治療と呼ばれるやり方で精神疾患への治療が行えます。
TMS治療とはどういうものなのか、どのようにブレインクリニック東京では活用を行っているのか、まとめました。

ブレインクリニック東京で用いられるTMS治療とはいったい?

ブレインクリニック東京で用いられるTMS治療とは何かですが、8の字コイルというモノを使って、頭の外側から脳に刺激を与えるやり方です。刺激を与えるといっても激痛が走るような代物ではなく、脳に磁気を与えるような感じで、痛みなどはありません。近年薬だけでは症状が好転しないうつ病が出始めていますが、薬の効果が薄い、副作用で飲めない、依存症で困っている人などがTMS治療を受けることで改善がみられるようになった人がいます。

このTMS治療は、脳波を安定した状態にさせるために行われるので、発達障害や不安障害、慢性疼痛、片頭痛といったものにも効果を発揮します。TMS治療を受ける前には、脳の状態を目で見て分かるようにするQEEG検査を行うことでより正確な状態を把握した上で治療が行えます。

 

ブレインクリニック東京以外でTMS治療を受けるのは大変?

アメリカを始め、厚生労働省の認可を得ているTMS治療ですが、実はそう簡単に治療が受けられる代物とは言えません。実際にTMS治療が行えるのは大学病院ぐらいで、しかも、全国レベルであるとは限らないため、受けたくても受けられない、もしくはその機械があるのかないのか、事前に確認しなければなりません。ブレインクリニック東京では真っ先にTMS治療を取り入れており、最先端の治療が受けられます。

発達障害は脳にある神経シナプスの問題が考えられると研究などで可能性が指摘されており、このシナプスに刺激を与えることで、改善に導けることが考えられます。アメリカなどでは研究が進む中、日本はかなり遅れており、TMS治療はまだ一般的ではありません。しかし、臨床研究ではすでに成果が報告されており、その治療が受けられるブレインクリニック東京は日本でも時代を先取りした病院と言えるでしょう。

 

ブレインクリニック東京でのTMS治療はどのように行われる?

ブレインクリニック東京でのTMS治療は、患者さんの頭部にセッティングし、磁場を局所的に当てられるような形にしてあります。1回の治療時間は20分で、その間は寝ていたり本を読んだりして過ごします。これを複数の部位に行うため、時間がかかることもありますが、比較的自由に過ごせるため、苦痛に感じる事はないようになっています。効果が出るのはかなり先になることが多く、即効性はないものの、自らが意識していない部分から変化することが多く、知らないうちに、好転したことを周囲の人に指摘されることもあるようです。

薬を用いないことで、薬の副作用や服用することでの制約などとは関係なくなり、自由に日常生活を過ごしながら治療が行えるので、あとはすべてにおいて保険適用され、負担がない形で治療ができることを願うばかりです。

まとめ

TMS治療は日本でもようやく保険適用の対象になりましたが、うつ病の投薬治療では効果がなかった人を対象にしており、発達障害の人はまだ保険適用がなされません。
現状ではそれなりに高い費用を出さないと利用できませんが、改善する可能性は十分に出やすいとされています。
ブレインクリニック東京なら、様々なアプローチで治療につなげていけるので、他の病院での治療がうまくいっていないと感じる人ほど、足を運んで診てもらうことをオススメします。