“野球”に特化した
オンライントレーニング

Produced by Fast Ball Laboratory

野球をしている息子、
甥っ子がいる方へ

コロナで部活ができない今、
オンライントレーニングを
プレゼントしてみませんか?







通常12か月12,000円

12か月10,000円
これまで私たちはビデオ通話アプリなどを使用し、”球速アップ”に特化したトレーニングを提供してきました。

今、コロナの影響で多くの学生が練習ができない問題に直面しています。

そこで私たちがこれまで培ってきた経験をもとに、野球に特化したトレーニングをオンライン(動画やコラムを配信している会員制サイト)で提供することにしました。

野球力アップに関する情報が満載!!

Fast Ball Laboratoryが選ばれる理由
  • 必要なのはスマホ1台。
    好きな時間に動画やコラムがみれる!
  • 月に1回カウンセリングを実施。
    自分にあったメニュー組みをしてもらえる。
  • 150キロ投手が誕生するなど圧倒的な実績!!

会員制サイトで提供しているトレーニング動画(一例)

体験者の声

球速120キロ前半⇒130キロ

M君(匿名希望) 高校生
どんなに練習をやっても上手くなれず結局ベンチ外になりました。
そこで球速をなんとしてでも上げたいという気持ちでオンライントレーニングを8回受講し、その後直接指導を受けて120キロ前半だった球速が測る前にアップをせずとも130キロまで上がりました。
教えてもらったトレーニングをやってきたからこそ少しのアドバイスで一気に球速が伸びたので、効果があるのだと実感しました。
僕みたいに身体感覚の乏しい人はオンラインで指導を受けるのと合わせて1回でも直接トレーナーにあって教えてもらうのをおすすめしたいです。きっと変化を実感できると思います。
VOICE

球速150キロ越え

河本選手 大学生
体験してみて、まず自分の知らないことだらけだっだということと、体の構造や使い方を理解してそれを自分で体現できることの重要性がかなりわかりました! そのおかげもありトレーニング受けてから球速は145キロ→151キロに上がりました。
VOICE

球速137キロ→142キロ

萩原選手 大学生
僕はこのFBLを体験してから1年経ちましたが今でも新しく知らないことを教えてもらってます。一人ひとりその人に合ったメニューを出してもらえるので、受ける度に短所が改善し成長を実感できます。
フォームを崩し球速が落ち、悩んでいた僕ですが137キロ→142キロまで球速を更新することができました!
VOICE

球速150キロ越え

河本選手 大学生
体験してみて、まず自分の知らないことだらけだっだということと、体の構造や使い方を理解してそれを自分で体現できることの重要性がかなりわかりました! そのおかげもありトレーニング受けてから球速は145キロ→151キロに上がりました。
VOICE
キャンペーン中

オンラインパーソナルトレーニングを無料体験!!

オンライントレーニング(ビデオ通話)でのパーソナルトレーニングを通常3000円のところ、4月末までに入会登録された方は初回30分を無料で行うことができます。
※4月30日までにご購入手続きをされた方が対象です。

オンライントレーニング
特別12か月プレゼントプラン

中学、高校、大学で野球をしている息子や甥っ子がいる方向け
コロナで部活ができない今だけの限定プランです。(2020年5月末まで)

※ご購入後、トレーニング動画やコラムを配信している会員制サイトへのアカウント(IDとパスワード)を発行いたします。発行されたアカウントをプレゼントしていただく形になります。
  • 販売価格
  • 10,000円
  • (税込)
ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

私たちが指導いたします!

酒井 竜矢

小学校から高校まで野球一筋の10年間を送り、大学卒業後からトレーナーの道に進む。メジャーリーガー主催の野球キャンプに帯同やU-18の世界野球でも通訳などトレーナー業務以外での帯同も経験。

現在はピッチャーの球速をあげる事に専門性を置き、2018-2019年の2年間で約200人のピッチャーのトレーニング指導、投球フォーム指導を行う。NPB認可関西独立リーグ・堺シュライクスのトレーナーとしても活動をしている。

水口 凱

小学校から高校まで野球一筋の10年間を送り、高校卒業と同時にアスレティックトレーナーを目指す。
 現在は資格を取得し、月に200人以上のクライアントに対し動作分析と科学的根拠に基づいたエビデンスベースのコンディショニング、トレーニングを行なっている。

 小学生からプロの選手まで幅広くサポートしている。競技は野球だけではなく、アイスホッケー、サッカー、空手、ウインドサーフィンと様々な競技選手に対して指導を行なっている。

幣守 裕之

小学校から野球を始め、高校では朝一番に学校に行き練習するなど、努力をしてきたが一向に野球が上手くならなかった。その時出会ったトレーニング で身体の使い方を見直した末、運動能力が向上。

自身の経験をもとに苦しんでいるアスリートを助けたいと思い20歳でパーソナルトレーナーになる。
小学生〜大学生、社会人をはじめプロ野球選手の指導も経験。
自分自身の身体を思い通りにコントロールさせる ”ボディコントロールトレーナー”として活動している。

佐藤 翼

高校3年生時の膝の骨折により野球ができなくなるという大きな挫折を経験。
怪我により自らが辛い思いを経験した事からケガで挫折をしてしまったり、スポーツができなくなる人を減らしたい。そんな思いから理学療法士を目指し始め、現在は多くのスポーツ現場で、選手達のコンディショニングからトレーニングまで幅広い分野でサポートをしている。

主な活動場所は東海地方でトレーナー活動のメインは
中学ボーイズリーグ、高校野球でのトレーナーの他に昨年の12月にはバスケットボールウインターカップのトレーナーとしての帯同も経験。

幣守 裕之

小学校から野球を始め、高校では朝一番に学校に行き練習するなど、努力をしてきたが一向に野球が上手くならなかった。その時出会ったトレーニング で身体の使い方を見直した末、運動能力が向上。

自身の経験をもとに苦しんでいるアスリートを助けたいと思い20歳でパーソナルトレーナーになる。
小学生〜大学生、社会人をはじめプロ野球選手の指導も経験。
自分自身の身体を思い通りにコントロールさせる ”ボディコントロールトレーナー”として活動している。

お申込みはこちら