休校に苦しむ子育て家庭に給付金支給を求めるプロジェクト

休校に苦しむ子育て家庭に
給付金を支給してください!

突然の休校や仕事の休止短縮が子育て家庭の家計を脅かしています
生活の破綻を防ぐために、いますぐ給付金を支給してください

私たちは子育て支援やひとり親支援に関わるNPOの有志です。今たくさんの家族からの悲鳴を聞いています。

新型コロナウィルス対策として、急に全国の小中学校が一斉休校となり、子育て家庭はその対応に追われています。家で子どもを見るために休まざるを得ない保護者、勤務時間を減らさざるを得ないパートやアルバイトなどの非正規の保護者がたくさんいます。

また、観光業を始めインバウンド関連企業の業績悪化、不要不急の集まりの自粛によるイベントや飲み会の中止、給食業者等学校関連事業者、スーパーや飲食店の営業時間短縮など、非正規労働者の収入が脅かされています。

認定NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむがひとり親の会員を対象に行った調査によると、今回の一斉休校の措置で、約半数が収入減、5%は収入がなくなると回答しています。

3月、4月は子育て家庭にとって、一番お金が必要な時期です。進級や新入学に伴い、制服や体操着、上履き等の学校指定品の購入、副教材の購入など、たくさんのお金が必要です。また、休校により子どもたちの昼食や、家庭学習のためのドリルの購入など予定外の食費の出費が子育て家庭にのしかかっています。

日本の子どもの相対的貧困率は13.9%とおよそ7人に1人が貧困状況にあり、ギリギリの生活をしています。通常時にはなんとか生活ができていますが、このような非常時の急な出費に備える貯金がほとんどありません。
国民生活基礎調査でも、児童のいる世帯15%は貯蓄がありません。母子世帯に限れば約4割が貯蓄がなく、このような急な出費に耐えられません。

今後、国としても、様々な経済対策を検討されると思いますが、ぜひ、子育て世代への給付金の支給をお願いいたします。休校に伴う休業補償の範囲などが未だ不透明な中で、多くの保護者が4月、5月を乗り越えられるのか?という大きな不安を抱えています。

中学生以下の子どもを持つ家庭には、児童手当として毎月1万円〜1万5千円が支給されています。私たちは、中学生以下の子どもを持つ家庭に現在も支給されている児童手当に、臨時給付金として、子ども一人につき3万円を上乗せして支給していただくことを求めます。

既存の制度を使うことで、余計な事務コストもかからず、スピーディに支給をすることが可能です。子育て家庭に支給すれば、タンス預金に回ることなく、食費や学用品、教育費等様々な消費にまわります。間違いなく経済効果が上がります。

 新型コロナウィルスという国難に、国をあげて立ち向かう中で、一番大切な子どもたちが、子育て家庭が安心して生活できるように、児童手当の臨時支給または、それに代わる子育て家庭への現金給付に関して1日も早い決断を求めます。

 

2020年3月8日 



休校に苦しむ子育て家庭に給付金支給を求めるプロジェクト

幹事:
赤石千衣子   認定NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ 理事長 
小河光治  公益財団法人あすのば 代表理事 
渡辺由美子 NPO法人キッズドア 理事長 

アドバイザー:
末冨芳      日本大学文理学部教授 
                 内閣府子供の貧困対策に関する有識者会議構成

 


賛同人の方々

安藤 哲也:NPO法人ファザーリング・ジャパン
               NPO法人タイガーマスク基金 代表理事

大木洵人:シュアールグループ 代表

可知悠子:北里大学医学部公衆衛生学・講師

鴨崎貴泰:認定NPO法人日本ファンドレイジング協会

河合秀治:ココネット株式会社 取締役社長

川島高之:NPO法人コヂカラ・ニッポン 理事長

鳫 咲子:跡見学園女子大学教授

工藤  啓:認定NPO法人育て上げネット 理事長

小島慶子:エッセイスト タレント 東京大学大学院情報学環客員研究員

小林さやか:合同会社icka 代表 元ビリギャル

駒崎弘樹:認定NPO法人フローレンス 代表理事

白川寧寧: グローバル教育研究者

津田知子:「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワーク世話人

中山勇魚: 特定非営利活動法人 Chance For All 代表理事

西牧たかね:「なくそう子どもの貧困」全国ネットワーク世話人

花岡洋行:あしなが育英会事務局次長

林陽一郎:NPO法人皆繋(ミナツナギ)代表理事

平田麻莉:一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 代表理事

藤沢烈: 一般社団法人RCF代表理事

水野敬也:作家「夢をかなえるゾウ」著者

村木真紀:認定NPO法人 虹色ダイバーシティ 理事長

森山誉恵:認定NPO法人3keys 代表理事

安渕 聖司:アクサ生命保険株式会社 代表取締役社長兼CEO

50音順 
2020年3月18日現在

休校に苦しむ子育て家庭に給付金支給を求めるプロジェクト
事務局 特定非営利活動法人キッズドア内

広報担当・廻、渡辺 Tel 03-5244-9990  pr@kidsdoor.net