尺八演奏家 小西 久童

今から始める自分磨き。
尺八で人生を豊かにしましょう!

profile

小西 久童(尺八演奏家)

 横浜市生まれ。幼少より里神楽にて篠笛と能管を演奏する。高校生の時、廣澤静輝の《鶴之巣籠》を聴き尺八に転向する。琴古流を佐藤鈴章、のち北山士童に師事。尺八指南印可に伴い、童号を授与される。また古典本曲を三代目青木鈴慕に、都山流を野村峰山に師事する。國學院大學文学部神道学科卒業。東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。東京藝術大学大学院音楽研究科邦楽専攻修士課程修了。文化庁「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」研修修了。NHK邦楽技能者育成会修了。NHK邦楽オーディション合格。久童会主宰。千葉市在住。
演奏会のお知らせ

Shakuhachi lessons

 レッスンは月2回、各50分レッスン(月謝制)となります。入会金・年会費は無料です。ご入門は随時受け付けております。どうぞお気軽にご連絡下さい。
久童会 ℡ 080-3391-9003(小西)

一般コース(月謝:12,000円)
 童謡・唱歌・民謡・古典曲・ポピュラー音楽など、幅広く尺八を楽しんでみたいかたのコースです。尺八未経験のかたや「昔やってたけれど、またやってみたい」かた、あるいは日本文化に触れてみたいかたなどにおすすめです。尺八は実は簡単に鳴らすことができる楽器です。あらゆる年代や性別、あるいは国籍を超えてお楽しみ頂けます。尺八と言えば以前は男性的なイメージが強い楽器でしたが、近年では女性の尺八家も登場し活躍の場を広げています。どうぞ安心してご受講下さい。

東京芸大受験コース(月謝:15,000円)
 専門家を目指すかたは東京藝術大学を卒業しておくことが必要です。これからの尺八界において芸大卒の尺八家が果たすべき役割は演奏・指導の両面で非常に大きな意味を持つと考えます。そのため次代の尺八界を担う演奏家や地域における指導者の育成を図るべく、芸大付属高校ならびに芸大音楽学部の実技試験合格レベルまで責任を持ってご指導をさせて頂きます。まずは演奏に必要な基本的技能・技法の習得を目指します。次に受験課題曲の傾向と対策を検討するとともに、常に「より良い演奏とは何か」を考察し、さらなる演奏技術の向上を図ります。

※いずれのコースともテキスト代・楽譜代がかかる場合があります。