なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

京都綜學院

令和2年 1月 開院

第三期生(令和4年) 募集中!!

今、世界は時代の激動期に突入しています。

これから世界と日本はどうなるのか。日本と日本人に役割はあるのか、あるなら何なのか。

そして自分は何をしたらいいのか。

変化の激しい激動期を生き抜いて大成するためには

原点を掴み、大局を捉え、本氣の志を立て、徹底して知恵を巡らせねばなりません。

多くの志士政治家を育て、事業家・経営者に熱く指導している

東洋・日本思想家の「林英臣」が原点・大局・本氣・徹底を基本に、

核心を突きながら講義します。

綜學とは

綜學の「」は
原点から広がった全体を表します。
種(原点)を明確にし、
根(大局)を深く張り、
幹(本氣)を太く養い、
枝葉(徹底)を豊かに茂らせ、
一人ひとりの人生
開花結実く学問が
綜學です。

専任講師 林 英臣プロフィール

林 英臣 (はやし ひでおみ)

◆林英臣政経塾 塾長 政治家天命講座 主宰

◆一般社団法人綜學社やまとことば語り部養成協会 代表理事

◆一般社団法人 政経倶楽部連合会 主席顧問

◆同法人併設 日本政経連合総研 理事長

◆国会綜學勉強会 講師 綜學社 代表

◆公益財団法人 松下政経塾 第一期生

◆一般社団法人 公益資本主義推進協議会 相談役

1957年静岡県浜松市生まれ。号は綜観。本家は京より下向した社家。

8歳から独自の「世界平和の祈り」を始め、17歳で東洋文化研究に素志を固める。以後、中国医学・武道・ヨガを修め、日本思想・東洋思想・仏教思想を研究。

文明法則史学の創始者、故・村山節氏からは文明800年周期論を、故・松下幸之助氏からは人間学に基づく経営思想を学ぶ。

現在、経営者・政治家・学生・青少年など幅広い層を対象に、年間約140回の講義・講演をこなしている。

その内容は、文明論・大和言葉・論語・韓非子・老子・孫子・武士道哲学・幕末志士論・報徳哲学・松下経営思想など多岐に渡り、

聴衆を飽きさせない平易で雄弁な語り口にファンが多い。平成17年の、スカパー衛星放送・中国思想講義(論語シリーズ)も好評を博した。林を囲む志塾が各地にあり、全国に同志を持っている。

また、「政治家天命講座」を主宰して、国是を担う志士政治家を育成している(令和3年現在第16期生が入塾)。

その中から8名の代議士(元職含む)と8名の市長(元職含む)が誕生。

卒塾生の多くが国是担当地方議員として育ち、日本改新を推進する若手政治家グループとして注目を集めている。

(平成の龍馬1000人構想)。

文明論や大和言葉、中国思想などをベースに、志の高い経営者や政治家を生んでいる林哲学は、「綜學」と呼ばれる全体学である。

著書は、ロングセラーの『縄文のコトダマ』をはじめ、『超文明論』『人間力を磨くヒントとコツ』『東洋的器量の研究』など20数冊を数える。『人を動かす「7つの術」』は、「本当の人間通になる1冊だ」と竹村健一氏が激賞。最新刊は『原大本徹 短編集1』。CD出版に「吉田松陰《立志実践》の教育」「側近学」日本経営合理化協会がある。

京都綜學院について

林先生の講義はいつも魂に響きます。日本を改新し世界を救う。
そのために自分はどうするか、を林先生から学んでいます。

綜學とは原点から広がる綜合的な学問。
宇宙の原点、日本の原点、自分の原点を学びます。
自分は一人ではなく、原点とも世の中ともつながっている。
そういう綜学的な観点で全体を観て自分と向き合い、
生き方を考えていく学び舎です。

現在京都綜學院には44名の仲間が居ます。
お互いの人生や志を語り合う道場でもあります。
生き方を熱く学ぶ道場として、京都綜學院は貴重な存在だと思います。

京都綜學院代表
小笹嘉洋

京都綜學院 3年目 講座内容

【第1回】
 1月9日(日)

狙い!→ 宇宙の根源、宇宙と人間の関係、人間の使命を知る

演題:人間は本来もっとすぐれたものである~松下幸之助と「新しい人間観」の提唱

   貧困・争い・不幸などは、与えられた天命を悟らず、個人の利害・才覚にとらわれた結果

ワーク1「原大本徹」の作成

【第2回】
 2月6日(日)

 

狙い!→ 世界文明の流れを掴み、現在位置を知り、将来へ向かう意欲を起こす!

演題:文明法則史学と約40年前に示された「今後の予想」とは
   多くの危機が地球を連打し、それは21世紀前半においてピークに達する!

ワーク1「原大本徹」の発表(前半)

【第3回】
 3月6日(日)

 

狙い!→ 何がどう曲がってしまって、今日の混迷する日本になったのかを確認する

演題:明治維新から1世紀半~日本に溜まった5つの歪みとは?

   これらを正せば、日本が再生し、日本人が使命を果たすことになる!

ワーク1「原大本徹」の発表(後半)

【第4回】
 4月3日(日)

狙い!→ 昔の日本人の徳の高さに感動し、日本人らしさとは何かを再認識する

演題:江戸時代が苦しかったというのは間違い?!~江戸日本学と日本人が失ったもの…

   物を盗られない国、世界で最も礼儀正しい国民、助け合いの精神に満ちた理想社会

【第5回】
 5月8日(日)

狙い!→ 繊細な公家精神と質朴な鎌倉武家精神の融合から中世の心を知る

演題:武芸者の心得と勝負事のコツ~占部兼好と『徒然草』前編

   残心の大切さ、一番大切な事を選ぶ、ホッとするときが危ない、美意識を持つ 他

ワーク2「人生プログラム」の作成

【第6回】
 6月5日(日)

狙い!→ 繊細な公家精神と質朴な鎌倉武家精神が融合した「中世の心」を知る

演題:武芸者の心得と勝負事のコツ~占部兼好と『徒然草』後編

   人は長所で身を滅ぼす、勝利の元は身の回りにある、十を捨てて十一を取れるかどうか 他

ワーク2「人生プログラム」の発表(前半)

【第7回】
 7月3日(日)

狙い!→ 既存の地位や権威を捨て、真の創業者や創造者となるための勇氣を養う!

演題:すべての人に仏性があり、誰でも覚者になれる~最澄に学ぶ人間大肯定の精神

   「照千一隅(千里を照らし一隅を守る)、此れ則ち国宝なり」(天台法華宗年分学生式)

ワーク2「人生プログラム」の発表(後半)

【第8回】
 8月7日(日)

狙い!→ 公益経済や公益資本主義の基本となる精神と実践法を学ぶ

演題:道徳と経済は一体~天地人・二宮尊徳と報徳の教え

   現地を調査しデータを集めよ、トップが改革の先頭に立て、領民の復興への願いを起こせ

【第9回】
 9月4日(日)

狙い!→ 魂(タマシヒ)の働きを知り、超常現象への偏見と迷信を正す!

演題:大和言葉の霊魂観「ミタマ」~なぜ人間は崇高にして偉大な存在なのか

   アラミタマ、ニギミタマ、クシミタマ、サキミタマ、マミタマ、そしてイクタマ

ワーク3「中期・短期(年間)計画」の作成

【第10回】
 10月2日(日)

狙い!→ 名人や達人の開眼と、到達する境地をイメージしてみる

演題:合氣は愛氣!合氣道開祖・植芝盛平が教える魂の救いと和合世界

   自分が動く通りに相手も動き、相手の倒れた姿が先に観えてしまう…

ワーク3「中期・短期(年間)計画」の発表(前半)

【第11回】
 11月6日(日)

狙い!→ 志士とは何か? 坂本龍馬・勝海舟・西郷隆盛らの、世に出ぬ間の努力を見習う

演題:出会い・学問鍛錬・自覚、そして仲間が自分を大きくする!~龍馬・海舟・西郷伝

   俺を斬るなら見事に斬れ!人を相手にせず天を相手にせよ!自分は世界の海援隊をやる!

ワーク3「中期・短期(年間)計画」の発表(後半)

【第12回】
 12月4日(日)

狙い!→ 西郷隆盛が心酔した男、橋本左内。その安政の大獄に散った無念を受け継ぐ!

演題:志の無い者は、魂の無い虫と同じ!~橋本左内15歳の書「啓発録」の衝撃

   幼い心を取り去り、元氣を振るい起こし、志を立てて、学問に励み、友人を選ぼう

ワーク3「中期・短期(年間)計画」の発表(後半)

【第3回】
 3月6日(日)

 

狙い!→ 何がどう曲がってしまって、今日の混迷する日本になったのかを確認する

演題:明治維新から1世紀半~日本に溜まった5つの歪みとは?

   これらを正せば、日本が再生し、日本人が使命を果たすことになる!

ワーク1「原大本徹」の発表(後半)

教本

綜學入門
2,200円

詳細情報

【受講料】・正規年間受講料 100,000円(税込) 学生50,000円(税込)
     ・聴講生(ビジター参加者)一講座 10,000円(税込)
 ※正規学生で欠席の場合は、資料と録画で後日受講可能です。

【会場】ちおん舎 京都中京区衣棚三条上る突抜町126

【授業時間】午前10時 ~ 午後 4時(昼食休憩 1時間)
・1年間精勤した方には綜學「初伝」修了証をお渡しします。「初伝」終了後は、中伝・奥伝と段階が進みます。

【申し込み方法】
 お名前・ご住所・お電話番号・会社名(学校名)を ご記入の上、
下記のいずれかへお送りください。

小笹嘉洋(おざさよしひろ) 
 Facebookメッセンジャー
 090-2775-7973
 sasajyuku@gmail.com

締切り 令和4年1月9日 第1回講義まで (相談可)

ACCESS

アクセス
京都町屋 ちおん舎
京都市営地下鉄「烏丸御池」 6番出口
阪急「烏丸」 22番出口

駐車場はございませんので、近辺のコインパークなどをご利用ください。

京都中京区衣棚三条上る突抜町126

お問合わせ 

京都綜學院 代表  小笹 嘉洋

小笹 嘉洋  メッセンジャー     
090-2775-7973    
 sasajyuku@gmail.com