京都 冥想リトリート


ルーツからの想いと繋がり

奇跡の人生を歩み始める

龍全氏を講師としてお迎えしての宿泊型冥想リトリートです。

今回の舞台は京都、
空海ゆかりの地、東寺のそばで冥想を深める豊かな時間。

東寺、三十三間堂の参拝では、特別な体験があなたを待っています。

一生心に残る、そんな素敵な2日間を共に過ごしませんか?

日程:2019年2月23日(土), 24日(日)2日間
場所:東寺,三十三間堂(京都)


立体曼荼羅に魅せられる空海の未知への挑戦と情熱

東寺、講堂の門をくぐると、立体曼荼羅の圧倒的な存在感に心を動かされることになるでしょう。

到底言葉では伝えきれないと、密教の教えを絵に表現された曼荼羅。 

その曼荼羅は宇宙そのものを現し、実に細部まで作りこまれています。

空海はそれを立体化しました。

長年の探求と挑戦の末に形作られた立体曼荼羅。

あなたはそこに立つと、まるで宇宙の中に入ったような感覚を感じるかもしれません。

古から現代まで受け継がれてきた智慧と情熱を感じ、あなたの可能性が開いていくことになるでしょう。


三十三間堂 千体の千手観音様を前に特別な祈りを体験する

年間100万人の参拝が訪れる三十三間堂。

お堂に入ると、まず千体も並んだ千手観音立像の空気感に圧倒されるのではないでしょうか。

今回の京都冥想リトリートでは、講師龍全氏より特別な参拝方法を教えていただきます。 

ご先祖様や周りの人々、そしてすべてのものとの繋がりを感じ、感謝と安らぎに包まれるような感覚を覚えられるかもしれません。

ご自身、そしてご自身の人生に対しての信頼感がよりいっそう深まる体験となることでしょう。

日常から離れた空間で冥想し
個人を越え、満ちあふれる愛を体感する

宿泊型リトリートの醍醐味は、
日常から離れた空間で、冥想三昧の2日間を過ごしていただけることではないでしょうか

日常生活の隙間時間を使って
日々冥想を楽しんでいただいている方にも

なかなか日々の生活に冥想を取り入れることに
困難を感じていらっしゃる方にも、

あなたの為にたっぷりと冥想の時間が用意された環境で積極的に冥想ができる2日間です。

グループでする冥想は場の力も働き、その深さに驚かれるかもしれません。

さらに今回は宿泊しての冥想、一晩かけて深めていきますから、あなたにとって今必要な変化をよりいっそう感じることができることになるでしょう。

普段のご自宅での冥想もさらにしやすくなり、日常で活かして頂けるようになります。

これから冥想を始められる方にもステップバイステップで冥想の座り方や基本的な方法からご紹介しますので、どうぞご安心して参加くださいね。


この機会を是非ご活用いただき、
「源からいっそう愛にあふれたあなたとして生きる」ことを、

よりいっそう自由に、そして
よりいっそう豊かに実現することにお役立て下さい。

講師からのメッセージ

【なぜ今あなたに京都リトリートにいらしていただきたいのか】

あなたも京都にはいらしたことが あるでしょうし、神社仏閣へも 初詣を含めて、足を運ばれたことが おありなのではないでしょうか。

今回のステージとなる寺院にも
訪れたことがあるかも知れませんね。

もちろん、どこも一緒ではなく、
神社仏閣にも、それぞれ創られたときの意図、 思い、というのがありましてね。 

それに沿うことで最高最善の展開を体感される ことになります。

まず、最初に訪れる東寺は 正式には、「教王護国寺」と いいまして、

教えの”王”によって 国を”護る”と名付けられた寺 弘法大師空海が、都の拠点として 仏教全体のバージョンアップに 取り組んだ場です。 

相手は、自身の考え方、価値観に賛同した
真言宗の僧侶のみならず、さまざまな考え方をもった人々をどのようにまとめ上げていったのか、あなたの生き方、働き方の指針にしていただける部分もある ことでしょう。 

そして、東寺の立体曼荼羅への 独自のアプローチによって、これからいっそう大切になってくる 「五つの智慧」を感じ、直感力も 増していくことができます。 

三十三間堂(その名も”蓮華王”院) では、 なぜ、”千体”の観音菩薩なのか 

どのように活かすことができるのか、 その千体の前に二十八部衆が居並び、 
雷神と風神がいらっしゃる理由を 知ることになるでしょう。

ここでガイドする「活かし方の実践」 によって、セルフイメージも自然に、いっそう高まっていきますよ。 

体験された方が口々に 

「胸が熱くなりました」 
「涙がこぼれました」 
「勇気が湧くようです」と

その感覚をシェアしてくださったプロセスを
あなたにも体験していただきたいと思っています。 

そして、今回のリトリートを通じて、あなたは、それぞれの真言はもちろん、
生涯に通じる「祈り方」を体感する ことになります。 

ただ伝統的な建物を見て 仏像に手を合わせるだけではない 
今生の生き方、幸福につながる嬉しい驚きに満ちた体験です。 

どうぞ楽しみにいらしてください。



これまでのリトリート参加者様のご感想

ありのままの自分自身を信頼し、何事にも安心して対応できることに感謝と喜びを感じています

(女性 M.Hさん 鹿児島リトリートご参加)

思い出すことは色々ありますが、一番印象に残った体験は、冥想によって得られる脳の休憩・リフレッシュ効果は、本当に睡眠以上だということです。

 

睡眠時間を削ってまで冥想に取り組む意欲は、鹿児島リトリートに参加するまで、正直なところ持てなかったのです。

 

鹿児島リトリートでは、素晴らしい自然環境や龍全さん、リトリート運営してくださる方のご配慮や参加メンバーの皆さんのエネルギーと愛に満ち溢れた安心安全な場で、何ものにも煩わされることなく冥想に没頭出来ました。

それまでの日常生活の中では30分の冥想が長く感じられて、冥想しながら頭のどこかで「まだかな?」と気にしている自分がいましたが、時間を全く気にすることなく一人で2時間の冥想にも取り組むことができました。

最後のグループ冥想、確か30分の短時間の冥想でしたが、その深さは今までに体験したことのないものでした。

 
深呼吸しながら瞼を開いた時の一晩ぐっすり熟睡して目覚めた時の様な感覚。

 
心身共にスッキリと澄み渡った感覚に驚かされたことは、今でも体感として、鮮明に思い出すことができます。

 

私の身体がその事を覚えているのでしょう。

 

不思議なことに、今では睡眠時間が短くても、アラームをかけ忘れても、毎朝30分間の冥想が出来る時刻に自然に目覚めます。

 

そして、以前より深い冥想を楽しめるようになりましたし、冥想を終えると身体中の細胞のひとつひとつが、弾けるように生きるエネルギーと喜びに満たされていることを感じます。

 

日々、大いなる生命の繋がり中、新鮮な私として、在りのままで自分自身を信頼し、何事にも安心して対応できることに感謝と喜びを感じています。ありがとうございます。


寝るのが惜しいと感じるほどの豊かな冥想体験でした

(女性 M.Fさん 鹿児島リトリートご参加)

具体的に一泊二日で何をするのかわかってませんでしたが、「立志」というテーマが自分のこれからにこのタイミングにとても重要で必要と感じられたことと、このテーマでの開催の地として選ばれた鹿児島、指宿という未踏の地に念のような力強さを感じ、その頼もしさを感じたい、あやかりたい、委ねたいという思いから申し込みました。

グループで実践した冥想の深いこと、気持ちいいこと! こんなに深く、本当に床に突っ伏すほどの体験はしたことがなかったのでびっくりしました。

同じ志、意図で集う、冥想経験者の方々が集う場が生むエネルギーの深さたるや驚きでした。

この引っ張っていただく感覚は土地の力も頂いてか普段のグループ冥想会のさらに何倍か何乗かに感じました。

各自での夜通し冥想も参加者の皆さんを含んでの圧倒的な自然、そして宇宙の一部一員としての感覚で、大きな安心感と拡がりを一晩中感じながら、寝るのが惜しいと感じるほどの豊かな冥想体験でした。

これは私一人では、東京ではなかなかできないこと、醍醐味で、本当に来てよかったと思いました。

このリトリート前と後で私の冥想に取り組む姿勢や頻度や時間がまるで違い、またそれによる平安や気づきが少しずつ広げて行くことができている気がします。

この機会を創って頂き、導いてくださり、いつもありがとうございます。




三十三間堂を参拝された方のご感想

三十三間堂で果てしない愛の広がりを感じ、どんどん涙が溢れました

わたしは三十三間堂に3、4度 訪れた事があります。

今回は、入った瞬間に思わず後退りしてしまうほど仏様のエナジーに圧倒されました。

中央の千手観音坐像の前に来た時には、その中に入らせていただいた感覚を持って瞑想を。

果てしない愛の広がりを感じどんどん涙が溢れましたが、とても豊かな時間でした。

そして最後まで進み、振り返って 御供養させていただいた立像やご先祖様の想いと共に歩いてきたお堂の中の道を遡った時には、感謝の念や私を包み込んで下さる温かさ、そしてバトンを繋いで下さった命の最前列で生きる喜びやありがたさ、『さぁ ここからだ!』という新しさで心がいっぱいになり涙がまた溢れました。

この経験をした後わたしは、沢山のご先祖様や仏様が見守り愛して下さっているのがわかり、1人ではない という感覚が私をさらに強くしてくれました。

そして、自分の中に自信と、前を向いて歩き出す喜びが溢れるようになりました。

常に見守られ温かく背中を押してもらっている感覚もあるので、魂の目的を生きる事が本当に心から喜びで溢れるようにもなりました。

40代女性

三十三間堂はわたしの心の支えであり、人生の転機を後押ししてくれた大切な存在です

何かのご縁なのかわたしが大学生の頃、三十三間堂から徒歩10分のところに住んでいました。最初に訪れた時から仏像とご挨拶するのがとても心地よく、母と一緒に何度も足を運んでいました。

京都は他にも観光名所がたくさんあるのですが、「京都に行くなら絶対いくのが三十三間堂」になっていて、海外留学に行く前に親子3人で来て、無事に過ごせるように常に手を合わせたのを覚えています。

両親がさらに仲良くなり、その後、海外ではのびのびと無事に過ごせわたしの夢も帰国後に叶えられました。

三十三間堂は「わたしとして生きる」きっかけになった人生の転換期を支えてくれる存在だったといま思い返すと、本当にありがとうございますと感謝の気持ちでいっぱいです。 

40代女性

講師プロフィール

龍全(りゅうぜん)
マインドフルネスNLP®開発者
NLPリーダーズコーチング株式会社 代表取締役


高野山大学スピリチュアルケア学科出身
(「龍全」は真言宗の松長有慶 元管長による僧名)

日本一の成長率を記録(フランチャイズ事業)した企業で、マーケティング・新規事業開発・教育などを担当、全国のマネージャー・経営者へのトレーニング・コーチングを経て、2006年にNLPトレーナーとして独立。

開校数は国内トップクラスの通算約80期。
輩出した有資格者は900名以上。

その活動のなか、ボブフィックス氏の指導のもとで長期冥想に取組み、タイで冥想教師の資格を取得。

ELM冥想(永遠の愛の冥想プログラム)の普及に取り組んでいる。

私たちが運営をサポートさせて頂きます。

平山 仁一(ひらやま じんいち)

セルフリスペクトを高めるメンタルコーチ
Believe myself代表

仕事でもプライベートでも自信を失っていた時に、龍全氏のマインドフルネスNLP®に出会う。

学びを通して、自信を失っていた時よりも、より深いところで自分自身を肯定できるようになったことから、同じように悩む人をサポートしたいとメンタルコーチとなる。

「自信を失っている方が、私は私でいい!と自信を取り戻し、その方本来の可能性を引き出すセッション」で、クライアントの人生と夢の実現を応援している。


◆資格
米国NLP協会認定マスタープラクティショナー

西野 充穂(にしの みほ)

「魂の目覚め」ディライトアウェイクナー
JAPANフラワーアウェイクニング代表

2012年オーストラリア在住時に自分が心身ともに病んだ時、偶然フラワーエッセンスと出会い、同じように悩む人のために役立てたいとメンタルケアセラピストとなる。

2015年から龍全氏のマインドフルネスNLP®️を学び、ELM瞑想(永遠の愛のプログラム)にも取り組みながら自身も魂の目的にチャレンジしながら活動をしている。

「ビジネスリーダーが真のビションを思い出して魂の目的に目覚めるディライトアウェイクニングセッション」を中心に、ともに魂の目的に取り組みながら地球への愛、平和や調和や繁栄のために動き始めている。


◆資格 米国NLP協会認定マスタープラクティショナー オーストラリアブッシュフラワーエッセンスイントロダクトリーティーチャー

京都冥想リトリート スケジュール

※現時点、概略スケジュールです。

ご参加者様には後日
集合場所、期間中の流れ、解散時間予定をご案内いたします。

2/23(土)
12:45 東寺洛南会館ロビー前に集合。
レクチャー、冥想、初日は東寺に参拝。
夕食の後、レクチャー、冥想、就寝。

2/24(日)
午前中 各自冥想、レクチャー、昼食の後、三十三間堂に参拝。
参拝後、グループコーチングなどで17時頃までに解散予定。

宿泊場所 東寺洛南会館

宿泊場所は
東寺の宿坊、洛南会館さんとなりました。

東寺の敷地内にあり部屋の窓からは
五重塔が見渡せます。

実はこの東寺洛南会館、
ウエブサイトで調べていたら
お借りできる冥想に適したスペースはないと思っていたのですが、

直接電話してみたところ「対応致しますよ」と
言っていただけたんです。

ダメだと思わずに
行動してみるとこんな嬉しいことがありますよね。

ここでみなさんと過ごすことができること

冬の静かな夜に、美しく佇む五重塔の姿を眺める

東寺のそばで冥想を重ねる

この特別な2日間は
あなたにとって
忘れられないワンシーンとなるかもしれませんね。

朝は境内を散歩することができますし
ゆったりと東寺を満喫できるお宿となっております。
(一部有料エリアを除きます)

住所:
京都府京都市南区九条町1番地

アクセス:
京都駅から徒歩15分。
近鉄東寺駅から徒歩10分。

宿泊料金:
1泊2食付き 
12,000円(税抜き)+消費税+宿泊税200円=13,160円(税込)

※宿泊料金は
リトリート参加費用に含まれておりません。

ご宿泊予約はこちらで取りまとめますが
ご宿泊料金は現地にてお支払いください。

宿泊部屋:
2~4人の相部屋となります。

※4人部屋を2人でご利用ご希望の場合は、追加料金2,000円/お一人あたりで可能です。
また、ご友人やご家族と参加される方で一緒の部屋をご希望の場合はその旨ご連絡ください。

参加費 詳細

◆参加費
 38,800円+税=41,900円(税込)


◆リトリート参加費用に含まれるもの
 2日間のグループ冥想とレクチャー
 24日の昼食代、東寺、三十三間堂の拝観費


◆リトリート参加費用に含まれないもの
 宿泊費(1泊朝夕2食付き)、京都会場までの往復交通費、その他飲食代


◆お支払い方法
 リトリートをお申込みの方へ直接
 お振り込み口座をご案内させて頂きます。


 キャンセルポリシーへのご理解をお願い致します。
 7日前 10%
 前日   50%
 当日 100%

※お振込み後の場合、
 振り込み手数料を差し引いた額を返金致します。
 宿泊費のキャンセルポリシーに関しましては、
 宿泊先の規定によります。
   前日 50% 
     当日 100%



よくいただくご質問

Q
冥想は初めてなのですが参加できますか?
A

はい、ご参加頂けます。

はじめて冥想をする方もどうぞご安心ください。

ステップバイステップで冥想の座り方や基本的な方法からご紹介しますので、自宅に帰られてからも日々、冥想を楽しんで頂けます。

Q
リトリート参加費用に含まれないものはいつお支払いしたらいいでしょうか?
A
リトリート参加費用には、会場までの交通費および1泊2日(朝夕2食付き)の宿泊費用は含まれておりません。

その為、宿泊費用については現地でのお支払いになりますので、大変恐縮ではございますが、お釣りの無いよう現金をご準備下さい。

Q
食事制限(アレルギー)があるのですが、対応していただけますか?
A
リトリートが始まる前にリトリートのFACE BOOK専用グループを作り、そこで食事制限(アレルギー)の有無等も確認させて頂きます。

食事制限(アレルギー)のある方は、その際に対象の食材などをお知らせ下さい。

食事を提供してくれる宿泊先と交渉し出来るだけご希望に添えるよう対処いたしますが、全てにお応えはできかねる場合がございます。予めご了承ください。
Q
冥想は初めてなのですが参加できますか?
A

はい、ご参加頂けます。

はじめて冥想をする方もどうぞご安心ください。

ステップバイステップで冥想の座り方や基本的な方法からご紹介しますので、自宅に帰られてからも日々、冥想を楽しんで頂けます。

お問い合わせ窓口


京都冥想リトリートに関するご不明点など
お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

京都冥想リトリート事務局

専用アドレス:
kyoto20190223@gmail.com

☆早期お申込み特典☆

リトリート1か月前までにお申込みの方には、
早期参加特典として、講師龍全さんによる般若心経音声ガイド
をプレゼント致します。

お申込みは、以下の受付フォームよりお願い致します。

京都冥想リトリートに参加する(受付フォーム)