共生バンクについて
調べてみた!
まとめてみた!

成田国際空港に隣接する土地約14万坪を開発する「共生(ともいき)日本ゲートウェイ成田」で注目を浴びる共生バンク株式会社は、不動産開発事業とファンド事業を中心に、テーマパーク事業などを手掛けるグループ企業各社の経営管理を行う企業です。

共生バンクの関連企業には「みんなで大家さんシリーズ」の専門会社・都市綜研インベストファンドなどがあります。

共生バンク株式会社はどんな会社?

共生バンク株式会社は1997年7月に共生経済の実践を理念に掲げ設立されました。「共生」とは、人々が真の健康を求め、人と共に生き、環境と共に生きることです。

日本は資本主義に基づく欧米化で発展を遂げましたが、少子・高齢化により社会的構造が変しています。共生バンクは、物質欲追求型の資本主義的な経済思想や価値観では通用しなくなる時代が来ると考え、人や環境の《為に生きる》「共生主義・ともいき主義」に基づいた企業活動をしています。

共生バンクグループ代表の柳瀬公孝氏とは?

共生バンクグループ代表の栁瀨公孝氏は、1966年生まれで、兵庫県神戸市の出身です。経歴としては、自衛隊を経て、1992年に資産家向け財務コンサルティングを開業。1997年、都市綜合インベストバンクグループ(現・共生バンクグループ)を設立し、不動産開発、不動産証券化などの事業を展開。現在、共生バンクのグループ企業はバイオテクノロジー、テーマパーク、ホテルなどの分野で20社を超えています。

柳瀬公孝氏の「共生(ともいき)」思想とは?

柳瀬公孝氏は、物質欲追求型の資本主義的な経済の考え方や価値観では通用しなくなる時代が来ており、「共生」という理念や考えに基づく社会づくりを目指すべきだと提唱しています。また、こうした共生関係を築くためには、自分自身がオーナーであるという《オーナーシップ》の意識が不可欠で、オーナーシップを持つことにより、他者に寄りかかることなく、自主性や積極性、責任感が生まれ、地球のオーナーとしての《グローバルオーナーシップ》を発揮すれば、地球規模の諸問題を解決する糸口も見えてくるとしています。

共生バンクの事業内容は?

共生バンクグループは、不動産開発事業、ファンド事業、テーマパーク事業、ホテル事業、農業事業、テクノロジー事業、シニア事業、社会福祉事業、ジビエ事業など、幅広い事業を行っています。グループ会社で結束して事業間のシナジー効果の最大化を図り、持続可能な飛躍を目指しています。

共生バンクの事業ポートフォリオとしては、ファンド事業を「圧倒的な優位性があり、強化する事業」と位置づけています。

共生バンクの不動産開発事業は?

共生バンクの不動産開発事業は、自己勘定で取得した不動産を、開発を通じ価値を増加させたうえで運用または売却する投資事業です。

共生バンクは優良な用地仕入れルートを確保し、情報を入手した際には即座に適正価格を算出、最適な物件態様の開発企画ができるという、事業効率を高めるための体制を整えています。

大規模開発の「共生日本ゲートウェイ成田プロジェクト」をはじめ、マンションの自社開発や、ファンド事業用の組入物件の確保も共生バンクの事業となっています。

共生バンクが開発する「共生(ともいき)日本ゲートウェイ成田」とは?

「共生(ともいき)日本ゲートウェイ成田」は成田国際空港の隣接地に2024年完成予定の、敷地面積45万5000平方メートル(東京ドーム10個分)、総工費2000億円という、共生バンクが開発を手がけている複合型商業施設です。成田国際空港へ車で3分、成田インターチェンジの目の前に位置し、国内外から多くの来客を見込んでいます。

共生バンクが手がけている「共生(ともいき)日本ゲートウェイ成田」は「インバウンド消費」と「メイド・イン・ジャパンの海外進出」の2つのコンセプトを具現化する「街」として、47都道府県の特産品が集まるショッピングモール、国際常設展示場、アニメミュージアム、劇場、高度医療センター、原寸大の安土城、バスターミナル、ホテル、レストランなどを備えます。

共生日本ゲートウェイ成田の商業ゾーン「にっぽんもーる」とは

共生バンクが開発を進めている「共生(ともいき)日本ゲートウェイ成田」の商業ゾーン「にっぽんもーる」は日本伝統の木造建築が立ち並ぶ、日本の町並みを再現したゾーンです。全国47都道府県の特産品が揃う日本最大の特産品市場や、製造・加工過程が見える工房で「見て」「食べて」「楽しむ」グルメ横丁など、日本の伝統・文化などが楽しめるテーマパークとなります。世界の人々に本物の日本文化を五感で体感してもらい、古き日本文化&新しい日本技術を世界に広める役割を果たします。

共生日本ゲートウェイ成田のビジネスゾーン「にっぽんBizもーる」とは

ビジネスゾーン「にっぽんBizもーる」はジャパン・ブランドの世界進出支援と創造の実践のためのビジネスゾーンです。共生バンクはこのゾーンの開発を通じて、「エネルギー・環境産業」「健康・医療産業」「Made in Japan Design」を中心に、融資・出資、商談のコンサルティング、通訳支援、世界的メディアを活用したマーケティング支援など、メイド・イン・ジャパンの品質を世界に広めるためのビジネス支援を行い、日本企業の世界販路拡大をサポートします。

共生バンクのファンド事業は?

共生バンクは中心商品となるファンド「みんなで大家さん」シリーズを中心に、中長期的に賃貸事業を行える優良な不動産を取得し、投資不動産の資産価値を維持によって資産運用商品を提供をしています。

具体的に共生バンクが行っているのは保有物件の管理・運営、ファンド商品の組成、出資者へ運用益(キャピタルゲイン)の分配、運用レポートの提出、新規物件の仕入れ・調査、保有物件の売却による売却益(インカムゲイン)の分配、監督官庁への報告書提出などです。

共生バンクの事業は多種多様

共生バンクは中核となる不動産開発事業、ファンド事業のほか不動産価値の向上のため、ホテル運営受託・リノベーション・宿泊施設の新規開発などを行うホテル事業、農作物を生産する農業事業、所有不動産を活用したテーマパーク事業を行っています。

また共生バンクは社会的貢献・先進的開発として、障害児通所支援施設・保育園・学童教室を運営する社会福祉事業、シニア・高齢者様の生活支援サービス付マンションを運営管理するシニア事業、各種先進技術を開発および事業化するテクノロジー事業を展開しています。

共生バンクグループについて

共生バンクグループの主な企業には、みんなで大家さんを販売する「みんなで大家さん販売株式会社」、みんなで大家さんを管理運営する「都市綜研インベストファンド株式会社」、不動産事業を核にシニア事業・ホテル事業を行う「都市綜研インベストバンク株式会社」、ホテル運営を受託する「和数奇ホテルズ&リゾーツ株式会社」、農業技術の研究・開発を事業とする「AGREVO BIO株式会社」、農作物を生産・販売する「ともいきふぁーむ株式会社」、「伊勢忍者キングダム」を運営する「伊勢安土桃山城下街株式会社」、シニア向け分譲マンション運営管理の「INDEPENDENCE KINGDOM株式会社」、ジビエ料理の企画開発および販売の「株式会社椿説屋」などが挙げられます。

まとめ

共生バンク株式会社は不動産ファンド事業を中核に、共生経済の実践を理念に不動産開発事業、テーマパーク事業、ホテル事業、農業事業など幅広く事業を展開しています。

大規模開発事業である「共生日本ゲートウェイ成田」プロジェクトは、成田国際空港に隣接する45万5000平方メートルの敷地へ、総工費2000億円で複合型商業施設を建設するプロジェクトです。47都道府県の特産品が集まるショッピングモール、国際常設展示場、アニメミュージアム、劇場、高度医療センター、原寸大の安土城、バスターミナル、ホテル、レストランなどが設置される予定です。

共生バンク株式会社 企業情報

社名
共生バンク株式会社
設立
1997年7月(※都市綜合計画研究所株式会社)
コーポレートサイト
コーポレートサイト
所在地
東京都千代田区麹町5丁目3番地 第7秋山ビルディング5階
資本金
資本金:3億7950万円
主な事業
グループ企業各社の経営管理ならびにそれに付帯する業務
主な事業
グループ企業各社の経営管理ならびにそれに付帯する業務