ぐんまの教育旅行

わくわく 体験 新発見

首都圏からわずか1時間。
ぐんまは、ゆたかな自然と長い歴史によってつくられた文化の宝庫です。
子どもたちの「生きる力」を育む教育旅行にぴったりの素材が
ぐんまにはたくさんあります。
教育旅行を通して小さな挑戦をする子どもたちを、
ぐんまが全力でお迎えします。

教育旅行を推進する取り組み

見出し

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

見出し

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

ボタン

森のツーリズム体験会
「森のマインドフルネスヨガ」

上野村では村内の資源を活用し、持続可能な中山間地域経営のための「森のツーリズム」プログラムづくりに取り組んでおり、上野村の森の中で、国籍・性別・障害などに関係なく行えるダイバシティ型のプログラム構築を目指しています。
その体験会の第1段として「森のマインドフルネスヨガ」を実施いたしました。都内でも人気のヨガインストラクターのMaruさんを講師にお迎えし、森の中でのヨガの可能性についての講義および体験を行いました。
その後、ヨガの実施可能な村内の施設の見学等を行いました。
参加者の意見からさらにプログラムの磨き上げを行っていく予定です。
(令和2年2月25日実施)

森のツーリズム体験会
「上野村の森」で育った木を使い

6歳になったら机を作ろう

体験会の第2段として、「上野村の森で育った木を使い6歳になったら机をつくう」を実施しました。
小学校入学にあわせて、「上野村の森」で育った木を使って自分の机を作り、上野村の木を使って机をつくることで上野村との関係を作り、学年が上がるごとに、上野村での年齢に応じた木育体験への参加への関係を発展させることを目指した机づくりプログラムです。
机づくりの事前学習として、森林セラピストから環境や自然について学びまました。(令和2年3月4日実施)

「森のツーリズム」体験会 in 上野村
開催決定

「森のツーリズム体験会」を開催させていただきます。

今回は、地域の素材を活用し、新たにプログラムづくりに取り組んでいる上野村産業情報センター様にご協力をいただき、開催いたしますので、皆さまのご参加をお待ちしております。

参加ご希望の場合は、上記申込書に記入いただき、ご提出ください。

教育旅行勉強会@みなかみ

みなかみ町を中心に、地域での教育旅行の受入をコーディネートしている(一社)みなかみ町体験旅行 専務理事の福田一樹さんを講師にお迎えし、教育旅行団体向けの商材開発についてお話をいただきました。地域住民を主役に、地域にある“観光資源と見なされていなかったもの”の発掘、加工、商品化、磨き上げを繰り返すお話に、地域をフィールドに活動する参加者も大きな刺激を受けていました。
その後、「泊まれる学校 さる小」の見学、昼食づくり、赤谷湖でのカヌーを体験しました。(平成30年10月26日実施)

体験プログラム勉強会@赤城

教育旅行の視線での体験プログラムづくりの一端を経験するため、前橋市三夜沢町の「赤城山オートキャンプ場」を舞台に実施しました。
この日は、昼食のカレー作りをお題に、グループでのアイスブレイク、レシピを決めて役割分担をすることに始まり、竹筒を切って器をつくる作業、火をおこす作業なども体験しました。
参加者は、体験者の視点に加えて、安全対策、時間管理といった運営者の視点も体験しました。(平成31年2月4日実施)

お問い合わせ

ぐんまの教育旅行にご興味・ご関心をお持ちの方は、以下のフォームよりお問い合わせください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信