スキヤキ
巨大人形隊

Sukiyaki 
Giant Puppets Group

巨大人形とは

モザンビークからやってきたアーティストから
伝授された巨大人形
2014年、廃材を使って工夫を凝らすところからスタート

24Kgもあった巨大人形も少しづつ軽量化

日本の丈夫な和紙やアルミを使い
世界の文化と富山県南砺市の文化が
音楽以外でも繋がり始める…

巨大人形
History

【2014年】
巨大人形
誕生

スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド2014のワークショップで、ペットボトル、新聞紙などの廃材を使って、型取り・色付け・組み立てを行い、巨大人形を制作。モザンビークのアーティスト3名とワークショップ受講生で制作した巨大人形は、高さ3mを超える大きさに!!みんなで作った人形がスキヤキ会場のあちこちに出没し、スキヤキの新たな顔として大きな注目を集めた。

【2015年】
巨大人形隊
結成

大好評だった前年の企画の第2弾として、2015年は、人形制作の過程をフルに体験できるプログラム(ワークショップ)を実施。メキシコのアーティストによるデザインで昨年(2014年)とは一味違った人形の制作に挑んだ。出来上がった2体と、コミカルに踊る髑髏ダンサー(こびと)2人が加わり、スキヤキ巨大人形隊はさらにスケールアップしてパレードやステージを盛り上げた!

【2016年】
オリジナル
サウンドシステム創作

人気者となった巨大人形隊は、スキヤキのみならず、市内で開催される様々なイベントに出演する機会が増加。『もっともっと色々なトコロでパフォーマンスしたい』…ということで、独自の耳だけでなく、眼でも楽しめるサウンドシステムを2016年、ついに創作。さらには、コミカルに踊るダンサー2人が加わり、総勢4人に!

【20XX年…】

スキヤキ巨大人形隊は、まだまだ発展途上中!!

”スキヤキ”うまれの人形たち

スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド2014にて登場

ブチェ・フェリーナ
(ビッグママ)

2014年8月22日生まれ
アフリカのモザンビークからきたオトメ♡
先日、首の大手術(改良)を受けて、
少し楽に(軽く)なったって。
ついでに、新しい洋服(2016年ver.)に着替えて、今はとてもHAPPY♥

福野夜高祭前夜祭出演時
(2015年4月)

となみ野フェス2016出演時
(2016年9月)

スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド2015にて登場

ジャガー

2015年8月14日生まれ
北米大陸の南、メキシコからやってきた。
昔、メキシコでえらい神様に『誰が一番勇敢か?』と尋ねられ、『我こそは!!』と
火の中に飛び込んだ…ら、なんと自身が神様になったって。
ぼくは、農業の神様なんだぞぉ!
土をこのロープで叩くんだぞぉ~!!

SUKIYAKI MEET THE WORLD 2015出演時
(2015年8月)

ラテンフェスティバル2016出演時
(2016年9月)

スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド2015にて登場

カッテリーナ

2015年8月21日生まれ
『実は私、花嫁姿なの♥』

どんなにキレイにしても、死んでしまったら同じホネ
どんなに貧しくても、いつかはホネになる

『だから、スキヤキを楽しむのよ!!』

スキヤキ・スティール・オーケストラ(SSO)結成20周年記念イベント出演時
(2016年3月)

巨大人形制作ワークショップ
(2015年8月)

さらに…

ホロホロ

水玉模様のステキな鳥なんだけど、アフリカの人は、この服の下(お肉)がとても”好き”らしい…。
でも日本に来たら空も飛べて幸せ♥
実は羽がどっかにいっちゃった💦
(2014年8月登場)

マイケル

ダンスを見せたくて、まずマイケルを目指してる♥
なかなか、上手く踊れないけどね💦
(2015年8月登場)

クマドリ

メキシコの髑髏と日本の歌舞伎の形がドッキング!
和風にも洋風にも宇宙人にもなれちゃうぞ♥
(2015年8月登場)

スッキー

菊娘になりたいの!
でもね、おでこに目を作ってもらったら、新しい自分の世界を発見!!
世の中が大好きになっちゃた!あ~うれしい♥
(2016年8月登場)

ヤルキー

花に寄り添う葉っぱになるんだ
みんなを応援するよ!
やる気満々チャージをしてあげる~♥
(2016年8月登場)

and more...

新たな仲間を制作中…(^▽^)

出演の様子

お問合せ
Mailにて受付中

『出演依頼』
『人形隊への参加申込』
『その他ご質問』など
お問合せは、こちらまで

kyodainingyou@gmail.com

スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールドとは

http://sukiyakifes.jp/

坂本九の世界的ヒットソング「上を向いて歩こう:別名スキヤキソング」。この曲名にあやかって世界に文化・情報を発信しようと、1991年散居村で有名な富山県南西部の小さな町、福野町(現:南砺市)でワールドミュージック・フェスティバル「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド」がスタート。メインテーマは「音楽を通しての異文化交流」。ワールドミュージックの紹介を通して世界各地のさまざまな文化との出会いと交流の場をつくり、相互理解を深めることはもちろん、地域に根ざした新たな音楽文化の創造を目指す「市民参加型フェスティバル」として全国から注目を集めています。